こんにちは、ヤギです。

 

 

世間体や他人の目にいつもビクビク、
批判されるのが恐くてたまらない・・・

 

 

そんな打たれ弱い自分がイヤ!
強い心になる方法を知りたい!

 

そんな悩みがある人って多いです。

 

 

私も、もともと他人の目を気にする性格で、
これを手放すために脳や心の勉強をしたのが
一つのきかっけでもあります^^、、

 

 

このメンタルのままだと、周囲に振り回されて
自分らしく生きることができなくなります。

 

 

あなたが「人生という舞台」で主人公なのに、

 

「いやいや、私が主人公なんてムリ~!」

 

と、恐縮して他人に主人公を譲るようなものです。

 

 

例えば、舞台の会場入り口には、
ちゃんと「ヤギヒロキ公演」って書いてある。

 

でも、開演してみたら
ヤギは舞台の隅っこで「岩」を演じている(笑)

 

 

他の役者たちがイキイキと演じている中、
ヤギはじーっと固まったまま幕を閉じる。

 

そんな人生を送るのと同じです(汗)

 

 

そんな人生、絶対にイヤだなぁ・・・
でも、世間体や他人の目が気になるし・・・

 

 

大丈夫、安心してください^^。

 

今から、あなたが「主人公の座」を取り戻し、
人生を自分らしく自由に生きる方法を公開します。

サイコパスの特徴にメンタルを強くする方法が隠されている?!

メンタルを強くする方法

 

実はです。

 

 

他人の目を気にする打たれ弱い人ってね
人生を真剣に生きている人なんです。

 

ただ、ちょっとネガティブな言い方をすると
世間の刺激を真に受けすぎる人なんです。

 

 

あなたは「サイコパス」って知ってます?

 

 

サイコパスとは心理学用語で、
「反社会的人格」と診断される症状です。

 

ちなみに、サイコパスの人には共通点があります。

■ サイコパスに共通する特徴
・口が達者で一見すると魅力的
・非常によく嘘をつき罪悪感がない
・同情を引いて他人を巧みに利用する
・言葉と行動が噛み合わないことが多く無責任
・逆ギレしやすく、感情的、衝動的な行動が目立つ
・愛情や良心が希薄で、他者に冷めたく共感性が低い

これを見て「政治に関わってる人が多いなぁ」と
私は思っちゃいました(汗)

 

 

人前でも臆せず堂々としてるから魅力的だけど、
彼らは「世間や他人を軽く見ているだけ」だったんですね。

 

 

でもね、そんなサイコパスの特徴から、

 

世間や他人に真を受けすぎちゃう私たちが
打たれ強い人格になる「答え」が見えてきます。

 

 

それは・・・

 

 

「この世を仮想現実化」することです。

 

 

実は、この世はバーチャルリアリティ(VR)で
私たちが見ているのは「脳というVR装置」によるもの。

 

この「紛れもない真実」を腑に落とすことです。

 

 

あなたは、他人や周囲に無関心で冷酷な
サイコパスになる必要はありません^^、、

 

 

ただ、この世が「仮想現実」だと気づけば、

 

外の刺激に動じない「打たれ強いメンタル」に
意識的に切り変えることができます。

Point
・時には、世間や他人を「リアル化」してつながりを楽しむ。
・時には、世間や他人を「バーチャル化」して自分らしく生きる。

この「スイッチング」を意識的にできる人が、

人生の主人公になれる「本物の自由人」です。

この世がバーチャルリアリティである根拠を「脳科学」で証明しよう

この世はバーチャルリアリティ

 

ヤギさん・・・

 

この世が、脳という「VR装置」が見せている
仮想現実だなんてピンと来ないよ。

 

 

オッケーです^^。

 

 

私たちは「目と脳」で、この世を見ています。

 

ちなみに、私たちがこの世を「見る」まで
目と脳がどんなことを行っていると思います?

Point
■ 私たちが「見る」までのステップ
①物質に反射した「光」を、目の「網膜」が受けとる。
②受け取った「光」を網膜の細胞が「電気信号」に変換。
③その電気信号を「脳の視覚野」が解釈して「絵」を作る。

つまり・・・

 

私たちが見ている「この世の正体」
もとをただせば「光」にすぎないんです。

 

 

脳というVR装置が「光」を勝手に解釈して
私たちに「仮想世界」を見せているだけです。

 

この世は幻想

 

例えて言うなら、この世は・・・

 

ユニバーサルスタジオジャパンなどで良くある
VR装置をつけて楽しむ「アトラクション」と同じ仕組みです。

 

※クオリティに天と地の差がありますが(笑)

 

 

ちなみに、USJのVR装置は数分で取り外すので、
「あ、幻想だったんだ」と目を覚ませます。

 

でも、脳のVR装置は永遠に外せないから
一生つけっぱなしで暮らさないといけない(汗)

 

 

そりゃ、オギャーと生まれてから死ぬまで
VR装置を通してしか現世を見てなかったらね、
今見ているものが「リアル」と思っちゃうのは当然です。

 

つまり、サイコパスのような精神疾患をのぞき、
真に受けて、動揺するのは普通なんです。

 

 

なるほど、ヤギさん・・・

 

じゃあ、もし「脳のVR装置」を外せたら、
この世はどんな風に見えるのかしら?

 

 

おそらく、こんな感じです。



syoutai

 

単に「エネルギーが織りなす干渉」があるだけ(笑)

 

 

正確に言うと、

エネルギーには色も音も味もないので
絵のように見えるワケでもありません。

 

明るい、暗いの概念がない世界だから
光も闇もない「捉えようのない世界」でしょう。

 

 

で、驚かれるかもですが・・・

 

視覚だけでなく、聴覚、触覚、嗅覚、味覚も、
すべてが「脳というVR装置の創作」です。

 

 

脳がエネルギーを「電気信号」に変換して
五感を創作しているだけ。

 

色、音、臭い、味、固い、柔らかい、痛いも、
すべて脳による「バーチャルリアリティ」です。

 

ここまでは、今のUSJにはできない(笑)

 

 

この世の正体は「エネルギーの干渉」でできた
エネルギーしか存在しない世界だった。

 

 

そして、人や物も「素粒子の集まり」であり、
突き詰めると「エネルギー」でしかありません。

 

 

ただ、エネルギーの干渉パターンがそれぞれ違うので
脳が「違う電気信号」で捉え、違うVRを創作するだけ。

 

 

この真実がストーンと腑に落ちたとき・・・

 

他人の言動に影響されにくい
打たれ強いメンタルに自動的になれます^^。

打たれ強い心になる!世間体や他人の目を気にしない方法とは?

打たれ強い心になる方法

 

重要なので繰り返します。

この世を仮想現実だと確信できた人から
周囲に振り回されない「人生の主人公」になれます。

 

 

この根拠をより実感してもらうために
分かりやすい例え話をしましょう。

 

 

例えば、あなたが道を歩いていたときに、
人が肩に当たってきたらイラッとしますよね?

 

しかも、軽薄そ~な人が不注意で当たってきて
謝りもせずニヤニヤしながら去っていったら?

 

 

さらに「イラーッ!」ってなりますよね(笑)

 

 

ところが、あなたの肩にぶつかったのが
ダンボール箱などの「単なる物体」ならどうでしょう?

 

「おっと、危ない危ない」って感じで、
そこにはイヤ~な感情は起こらないはずです。

 

 

私たちは相手が「人間」だと影響を受けて、
「物体」なら何とも思わないんですね。

 

でも、人も物体も突き詰めれば正体は同じで、
「エネルギーの塊」でしかない。

 

 

つまりですよ。

 

この世はエネルギーしかないと腑に落とすと、
軽薄そーな人が肩に当たってきたとしても・・・

 

 

「エネルギーが当たった」

 

 

たったこれだけのことって捉えられるので
感情を振り回されることはなくなります。

・あなたのことを良く思っていない人(思考)
・あなたに「怒りの感情」を表す人(感情)
・あなたに「暴言」を吐く人(言葉)

人の思考、感情、言葉も「単なるエネルギー」で
あなたにエネルギーが当たっているだけです。

人生を自分のために生きる&自分らしく生きるたった1つの方法

人生を自分のために生きる方法

 

今から、人生を自分のために生きるために
周囲に影響されない「超簡単なテクニック」を公開します。

 

 

世間や他人から嫌な思考、感情、言動を受けたら・・・

 

 

「今、嫌なエネルギーを受けている」
「私は、このエネルギーが好きじゃない」

 

 

と、小さな声、または心の中で唱えてください。

 

 

そして「良いエネルギーに移動しよう」と唱えて
嫌なエネルギー場から離れる、これだけです^^。

 

 

あなたに降りかかる「全ての現象」を
人や出来事ではなく「エネルギー」として捉えるんです。

 

 

決して、他のものとして捉えないことです。

 

 

映画マトリックスで、こんなセリフがあります。

現実とは何だ?現実をどう定義する?もし、お前が感じたり、匂ったり、味わったり、見たり、五感で知覚するものについて言っているなら現実とは、脳による電気信号の解釈に過ぎないじゃないか?

映画マトリックスは真実だった

 

この言葉をきかっけに、

主人公「ネオ」はこの世がVRだと確信し
自分の力を自由に引き出すことに成功します。

 

 

私たちは、脳が作った仮想現実によって・・・

・私は○○である
・私には△△できない
・私は××してはいけない

と、自分に「制限(観念)」をかけています。

 

 

これが、あなたを世間体や他人の奴隷にし、
人生の主役にさせてくれない原因です。

 

私が、この世を仮想現実化できた人から
願望を叶えると考えるのは、そのためなんです。

 

 

だって、この世がバーチャルリアリティだと腑に落ちたら
世間、他人、過去の「制限」から抜け出しやすくなるから。

 

 

「所詮はVRじゃん♪」

 

 

このように捉えられた人から、
自己肯定感というエネルギーを減らさず、
次々と夢を叶える「引き寄せマスター」になるでしょう^^。

 

 

PS:これはUSJのバーチャルリアリティ(笑)

 

 

こんな感じで、現世を楽しめたら素敵ですね♪

 

 

コメント一覧
  1. mie より:

    嫌な人が視野に入って楽しくない時間にすり替えられていると
    わかっていても、むしゃくしゃして切り替えられないでうんざり
    することがよくあります。
    それが、段ボールだと避けますねぇ。そして、
    今、嫌なエネルギーを受けている。私は好きじゃないから。
    だから良いエネルギーに移動しよう!
    腑に落ちました。明日から、早速にこれでやってみます。

    • ヤギヒロキ より:

      mieさん、コメントありがとうございます^^。

      抽象度を上げれば、人間もダンボールも「素粒子」でできたエネルギーです。なので、エネルギーとして捉えることができれば、感情を刺激されることは減ります。

      ぜひ、ご活用ください^^。

  2. やまみと より:

    やぎさん、やっと全部記事読み終わりました^_^

    人生を良くするための私の結論は、人生なんて所詮仮想現実で、色々細かいことを気にせず、自分の好きな理想を思い描いて、潜在意識がなんとかしてくれる!くらいに思って生きて行けばいい!と感じましたが如何でしょうか?ヤギさん、幸せになる生き方を簡潔にまとめて頂けないでしょうか?私自身真面目で考えすぎな人間なので簡潔に教えていただければ幸いです。

  3. あゆりママ より:

    更新楽しみにしてます。

    • ヤギヒロキ より:

      あゆりママさん、コメントありがとうございます。

      はい!少々お待ちくださいね^^、、

  4. Kie Uchida より:

    もしこの世はVRだと考えたら、じゃあ今の自分の現実は何?と考えた時マトリックスの狭い空間に機械で繋がれているネオを創造します。「私の現実って機械に繋がれているロボットだった」みたいな。
    VRの中に毎日暮らしている私にとって「私の現実」ってなんですか?

    • ヤギヒロキ より:

      Kie Uchidaさん、コメントありがとうございます。

      VRの中で暮らしている私たちの現実とは「五感×過去記憶」による化学反応で投影された映像スクリーン(意味)を、意識(心)が見ているって感じです^^。

      このメカニズムを感覚レベルで腑に落とし「自分が望む現実世界」を自由に見ようというのが、私が目指すゴールであり提案です。

      少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  5. みかん より:

    ヤギさんこの世が仮想現実の場合すべてが偽物だと思うとすごく泣いてしまします。

    • ヤギヒロキ より:

      みかんさん、コメントありがとうございます。

      この世が仮想現実だとしても、肉体をまとった私たち人間にとっては「現実=リアル」であり、そこから逃れることはできません。なので、リアルだと捉えても同じことだと思います^^。

      ただ、仮想現実という概念は、正しく悩み、正しく行動し、正しく生きるための心に整えてくれる効果も期待できます。そういう目的で、私はお伝えしています。

      もし「現実=仮想現実」という概念が、みかんさんの人生にとって不愉快でしかないと思われるなら無視して頂いてOKです。繰り返しますが、肉体をまとった私たちにとっては、この世がリアルであることに変わりありませんので^^。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています