こんにちは、ヤギです。

 

 

「あの世に天国と地獄はある?」

 

今日はこの真実をお話したいと思います。

 

 

あなたが『この真実』を知ることで・・・
心の中にある後悔や罪悪感が消え去り、
人生がとても楽に、安心して生きられます。

 

 

逆に、この真実を知らないでいると、

 

あなたの中にある後悔や罪悪感の気持ちが
時間とともに強まり「苦しみの人生」になる危険性があります。

 

 

なので、死後の世界に天国と地獄があるのか、
あの世の仕組みを根拠を大切にお話したいと思います。

 

 

まず、結論から言いましょう。

 

 

あの世には地獄はなく『天国』しか存在しません。

 

 

・・・これ、少し考えれば当然なんです。

 

あの世に「地獄」があると信じている人は、
神が私たちを罰すると考えてるワケですよね?

 

 

では、そんな方に質問なのですが・・・

 

『罰する』

 

この発想って、どこから来てると思います?

 

 

罰するとは・・・

 

『恨みや憎しみ』

 

の感情から来ています。

 

 

さらに、恨みや憎しみの感情は・・・

 

『欠乏感』

 

という感情から発生します。

 

 

欠乏感とは『自分には足りないものがある』という意識です。

 

 

例えば、あなたに大好きな恋人がいます。

 

ところが、その恋人は「愛してる」とか言いつつ
隠れて浮気や不倫をやりまくっていました。

 

さらに、恋人は「あいつは遊びだから~」と、
あなたのことを周囲に言いふらしていました。

 

 

このとき、あなたの心の中から・・・

 

恋人に「恨みや憎しみ」の感情がわいたり、
恋人に「痛い目にあわせてやりたい!」と罰したくなるのなら、

 

 

あなたは『欠乏感の持ち主』です。

 

 

あなたは、もともと「愛情の欠乏感」があり、
それを恋人からの愛情で埋めていたのです。

 

ところが・・・

 

恋人に裏切られたことで愛情が満たせなくなり、
今まで埋め合わせていた分だけ「欠乏」を感じてしまう。

 

 

このギャップが大きいほど

 

「失った!腹立つ!罰したい!」

 

という、恨みや憎しみに転化されます。

 

 

■ 金が足りない
■ 承認が足りない
■ 地位や名誉が足りない

 

これらも、ぜーんぶ同じメカニズムです。

 

 

つまり、

 

あの世に私たちを罰する「地獄」が存在するという考え方は、
神を『欠乏感のある存在だ』と言っているのと同じってことです。

 

 

なぜ、宇宙の全てを創造でき、全てを持つ神が、
失う、奪われる、足りないの欠乏感を持つの?

 

持つはずがありません^^、、

 

 

もし、人を罰する神がいると言うのなら、
それは神ではなくプレデターやエイリアンの間違いです(笑)

 

puredeta

 

映画「エイリアンVSプレデター」では、
古代人が自分より高度文明のプレデターを
神さまと勘違いしてあがめるシーンがあります。

 

 

プレデターは人間に「いけにえ」を要求します。

 

要求とは「足りない」という欠乏感ですね。

 

で、人間が要求に応じなければ憎しみで罰する、
つまり「地獄」を与えるわけです。

 

 

こんな欠乏感たっぷりの心の狭~い存在が、
神なワケないじゃないですか(汗)

 

 

以上から、

 

本当の神が創る「あの世」には地獄などなく、
天国しか存在しません。

死後の世界に地獄がないなら何がある?あの世の本当の話をしよう

tengoku

 

臨死体験をした「エベン・アレクサンダー」は、
あの世で「三部構成のメッセージ」を受け取ったそうです。

 

あの世は存在する
関連記事死後の世界はある!あの世を脳科学的に証明しよう
2017.11.24
こんにちは、ヤギです。 今日は・・・ 『死後の世界はある』 という事実を「脳のメカニズム」から 科学的に証明していこうと思います。 人は「死後の世界」を心の底から信じたとき、 恐れや不安に支配されない人格になれます。 なぜなら・・・ 私たちがあらゆる場面で感じる恐れや不安は すべて「...…

 

 

あの世で受け取った「三部構成のメッセージ」とは・・・

「恐れるようなことは何もありません」
「あなたは永遠に、深く愛されています」
「あなたのすることには、ひとつも間違いはありません」

エベンが死後の世界で感じたことは、
例えようのない『安堵感』でした。

 

安堵感が、嵐のごとく押し寄せてきたとも書いています。

 

 

また、三つのメッセージを聞いたとき、
人生という良く分からないゲームのルールを
初めて教えてもらった感覚になったと記しています。

 

 

ほとんどの人は、死ぬ直前になると、
過去を思い出し、後悔や罪悪感を苛まれます。

 

人間が作った物差しでいう「悪い行い」なんて、
長く生きていたら誰だって身に覚えがありますもの。

 

 

でも、神さまは「あなたには、ひとつも間違いがない」と言っているんです。

 

 

だから、後悔や罪悪感は持たなくて大丈夫^^。

 

そんなことで頭をいっぱいにする暇があるなら
あの世で「無限の愛」で迎えてくれる神に感謝しましょう。

 

 

すると、これ不思議なんですが・・・

 

神と自分のエネルギーが「同調」するのか、
今この瞬間を「愛」をもって生きたくなります。

 

本当にそんな気持ちの良い状態になれるので、おすすめですよ^^。

まとめ
・あの世の仕組みに地獄はなく『天国』しか存在しない。
・全てを創り、全てを持つ神に欠乏感はなく『想像を絶する愛』しか存在しない。
・あなたは何ひとつ間違っておらず、恐れることは何もなく、永遠に愛されている。

 

 

コメント一覧
  1. ひろ より:

    ヤギさん、こんにちは!素晴らしいblogを読ませて頂き感謝します。

    あの世に地獄がないとおっしゃられてますが、自殺した人も天国にいくのですか?

    もし、あの世に天国しかないなら、今、この現世で苦しい人は地獄がないから自殺して天国に行こうと思って自殺してしまう人が増えるのではないかとおもいます。ヤギさんは因みに自殺すると人はどうなるのでしょうか?答えてくださると幸いです。

    • ヤギ より:

      ひろさん、はじめまして^^。

      はい、あの世に地獄はありませんので、みんな同じところに行くというのが前提です^^。

      ただ、亡くなった人が罪悪感などを持たれている場合は、ご自身で「地獄」を創造&投影し、見ることはあると思います。臨死体験者の証言を見ると、自分が思ったことが時間や距離の概念なく「一瞬で実現する」と話されているからですね。

      例えば、過去のあの時に行きたいと思えば一瞬でその場に行き、未来を見たいと思えば一瞬で未来に行くという感じです。つまり、その人が「私は地獄に行くだろうな」と思い込んでいれば、あの世に行ったときにご自身で地獄を創造して見ることはあると考えられます。

      ※これは、人間の意識が万物に影響を与えるという「量子力学」の一つの説に似たものがあります。

      実際、元CIAで多くの人々を殺生してきたダニオン・ブリンクリー氏は、臨死体験中に「地獄」というものを見ています。また「神へ帰る」という本には「地獄」は本人が見たければ見ると説明されています。

      以上、私の結論はこうです。それは「自殺すると地獄に行く」とか「悪いことをすれば地獄に行く」という「恐れベースの教育」こそが、人々を苦しめ混乱させる根源だということです。

      実際、私たち人間が「俗にいう悪い行為」に至るのは「恐れ」が根っこにあります。つまり「恐れ」を利用して人を縛る教育法自体が、この世の不幸を生み出しているような気がしてならないのです。

      私たちは何も恐れる必要はない。私たちは一人ひとりが神であり神の力(意識)を持っている。

      これが「全人類の共通教育」になれば、世界は今よりも平和になると思いますよ^^。

      以上、ひろさんの参考になりましたら幸いです。

  2. ひろ より:

    ヤギさん、返信をありがとうございます。だいぶ参考になりました。最後にこれは関係ないかもしれませんが、私は以前、ある大物ミュージシャンが作った曲を自分が作ったと見栄を張ってバカな事をした事がありました。しかもその曲はそのミュージシャンの亡くなった方の為に作った曲だったのです。見栄をはったバカな私は数日後、夢の中で巨大なしかも怪獣位の大きさの亡くなったミュージシャンが現れて、物凄い表情で私を踏みつぶそうとしました。私を踏みつぶす、そのあと少しのとこで何故か暴れるのは辞めて空高く飛んで行きました。そして私は目が覚めました。私はきっとその亡くなったミュージシャンの怒りを買ったと思い、彼の画像とか見て謝りました。そして何年後かに彼の眠るお墓に謝る為にお参りにもいきました。帰りはなんとスムースに帰れました、そしてその数日後には彼がまた私の夢に出てきて、今度は涙を流してました。彼は僕をゆるしてくれたのでしょうか?ヤキさんはどう思いますかね??

    • ヤギ より:

      ひろさん、コメントありがとうございます。

      基本的に、夢は「脳内情報の整理」のために起こる現象なので、そのときに強く考えていることが夢に出てくるケースが多いです。

      ひろさんはミュージシャンに罪悪感があって、その思考が脳内情報として強くあったため「ミュージシャンに踏み潰される夢」を見た可能性が高いと思います。

      その後、ミュージシャンのお墓参り&謝罪をしたことが脳内情報に強くあったため「涙を流している夢」を見たと考えられます。ミュージシャンが涙を流すという意図は分かりませんが、例えば、ひろさんの心のどこかに「これで許してくれて喜んでくれるだろう」という思いがあれば、ミュージシャンの涙はその投影だったりしますね^^。

      繰り返しますが、夢とは基本的に「脳内情報の整理」だと捉えて、あまり悩みすぎないことが吉だと思います。少しでも参考になりましたら幸いです^^。

      • 匿名 より:

        どんな罪を犯したとしても死んだら天国という事なんでしょうか?

        僕は苦しみと幸せがあるこの世界が天国ということではないのかやここは地獄でもあり天国でもある。なので死んでしまったらまた来世へ行くのではないかと思います。

        裏があれば表があり表があれば裏があるこの世のことを地獄というのかも知れませんね。( 笑 )

        • ヤギヒロキ より:

          匿名さん

          はい、死んだら皆さん天国に行かれます。

          ただ、おそらく、天国を感じるのは「現世の感覚を記憶しているひと時」であり、愛しかないあの世にいればいるほど、無に近い感覚になっていくと思います。

          愛しかないということは「無」とほぼ同じです。

          匿名さんがおっしゃるとおり、裏があるから表がある。裏がなければ表は認識できません。つまり、この世における「悪や苦しみ」とは「善や喜び」を味わうために存在しているのでしょうね。

          以上から、天国と地獄は、匿名さんが今生きている「現世」にしかないというのが、私の見解です。

          少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  3. やっさん より:

    ヤギさんこんばんわ。夜遅くに申し訳ございません。
    このblogを見る前は悪いことをした人には地獄へ、いい行いを沢山した人には天国へ行くと思っていました。
    自殺をした人はけっして天国にも地獄にもいけず、この世をさまよう事になるとも思っていました。

    しかしこのblogを見てから全て脳?頭?が作る事なんだなと思いました。実際死後は天国しかなく、地獄は自分が作ってしまうという事がわかりました。

    私は今年中学一年生です。

    ヤギさんのblogをみて、これからの人生の参考になりました。

    まだ私にはよく分からない事が沢山ありましたが神様がくださった素晴らしい人生を大切にしていきたいと思います。

    ヤギさんのおかげでとても勉強になりました。ありがとうございました!

    返信してくださらないで結構です。

    • ヤギ より:

      やっさん、コメントありがとうございます^^。

      もちろん、この見解は私の考えですので正しいかどうかは分かりません。ただ、私はこのように確信しているのでお伝えしています。

      宇宙の創造主は万物を生み出せる「欠乏感のない存在」です。その反面、地獄とは「罰したい」という「心の欠乏感」によって生まれる世界です。ということは、創造主から生まることは決してない世界と言えます。

      つまり、地獄とは人間自身が創造する世界である以外にないという結論です。

      以上、やっさんの参考に少しでもなりましたら幸いです^^。

  4. ひろ より:

    ヤギさん、答をありがとうございました。大分、参考になりましたね、そのミュージシャンは僕を許して下さったんだなあと確信しました。僕の中では綺麗に整理が出来ました。ありがとうございます。それともう一つなんですが本題に戻りましてこのサイトを見て恐怖になりました。私たちは普段からゴキブリや蚊を殺してます。命を奪っております。下記のサイトを覗いたらほとんどの人間が地獄に落ちると説明されてます。
    これらはもしかしたらという恐怖が襲ってきてしまいました。ヤギさんの見解はいかがでしょうか?
    検索ワードで検索してみたら 恐怖、全ての日本人は死んだらほぼ、みんな地獄行きになるというサイトを見ました。最低でも1兆年以上は地獄で過ごすことになるという恐ろしいサイトでした。これを見たら不安でなりません。

    • ヤギ より:

      ひろさん、コメントありがとうございます。

      まず、今ひろさんが抱いている「恐怖」は、ひろさんご自身が創造されていることを理解してください。

      前回のひろさんのコメントに対する返信で「元CIAのダニオン氏の話」をしたと思いますが実際に臨死体験をした人の話を信じた方が吉です。おすすめは、エベン医師、アニータムアジャーニ、木内鶴彦さんの体験談ですね^^。

      現状の宗教は、仏教もキリスト教も全てそうなのですが、創始者の意図に反した教えが大量に混在しています。その根拠に、釈迦やキリストは「偶像崇拝」を禁じていました。つまり、現状の仏教やキリスト教がやっていることを「やるな」と禁じていたのです。

      今回のような「救いようのない地獄の世界」も、創始者ではなく後に続いた人々による「思惑」が混ざっていると考えてください。今時の言い方をすれば「マーケティング」です。人に恐怖を与えるのは「人を意のままに操る最も簡単な手法」です。

      仏教やキリスト教を信じている人からは反発を買うかも知れませんが、人を恐怖で操作する宗教は「悪魔教」と同じです。

      ひろさんは、その支配に囚われてはいけません。ひろさんの恐怖を創しているのは「ひろさんの意識」です。つまり意識が全ての創造者であり、意識が神だと、当サイトでは口が酸っぱくなるほど書いていますよね。もう一度読んでほしいです^^。

      人を恐怖で誘導しようとしているものは基本的に信用しなくてオッケーです。恐怖こそが、この世に争いを生み出している「根源」なので、イチイチ付き合ったらいけません。操作しようとする連中の思うツボです(笑)

      以上、参考になりましたら幸いです^^。

  5. かずなり より:

    こないだYouTubeでヤギさんの動画を見ていたんですが消したのですか? ぜひ動画で見たいです よろしくお願いします

    • ヤギ より:

      かずなりさん、コメントありがとうございます。

      私の動画チャンネルの検索窓から「天国 地獄」と検索してもらうとヒットすると思います。

      動画は削除していませんのでご安心ください^^。

  6. あの世研究者 より:

    いいえ。違います。
    あの世に地獄はあります。
    自殺や殺人をした人は死後必ず地獄に
    落ちます。

  7. 留衣 より:

    ヤギさんあの世研究者さんは地獄があるといっていますが本当地獄はないんですか?嘘をついたりしていたら地獄に行くのですか?私は地獄にいきたくありません
    どうか本当のことを教えて下さい

    • ヤギヒロキ より:

      留衣さん、こんにちは^^。

      断言します。地獄はありません。

      もし、あの世に行って地獄を見たとしたら、あの世に地獄があるのではなく「あなたの意識が地獄を創造した」と思ってください。

      つまり、すぐに意識を切り替えて天国を意識すれば、天国に行けます(笑)

      その根拠については、この記事のコメントにある「ひろさん」の質問に対する私の回答をご覧ください。そこでお伝えしている「神へ帰る」(ニール・ドナルド・ウォルシュ著)という本も読むと、さらに確信が深まりますよ^^。

      以上、留衣さんの参考になりましたら幸いです。

  8. 匿名 より:

    あなたはどこの宗教に入っておられるのですか?
    私のキリスト教では、神は嫉妬深いという記述が聖書にあります。
    そのことについてはどうお考えですか?

    • ヤギヒロキ より:

      匿名さん

      私はどこの宗教にも属していませんよ^^。

      キリスト教ではそのように教えられているのですね。信じる人もいれば信じない人もいる。ただそれだけの話なので個人的な意見はありません^^。

  9. 匿名 より:

    もし死んだ後みんなが天国に行けるのであれば、そしてそれが真実だとみんなが気付いてしまったら平和どころか地球は滅びてしまうんじゃないでしょうか?
    だれも地獄を信じてない訳だから自分らで地獄を作る事もないし
    自分の家族、子供達がガンとかだったりイジメだったりそんな被害を受けたと知ったと同時に躊躇なく病気で苦しむ家族も殺せるし、いじめっ子よりもむしろ自分の子供を殺して天国に早く行かしてあげようと思うかもだし、むしろ悪人ばかりが現世に残り悪事の限りを尽くしてしまう世の中になると思うんですが?
    死に対しての恐怖は誰だって取り除きたいけど死に対する重みは絶対に取り除いちゃダメだと思います。

    • ヤギヒロキ より:

      匿名さん、コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおりですね。死に対する重みは取り除いてはいけないとは思います^^。

      私は、それぞれが自らで体験したい課題を持って現世に生まれてきていると考えています。なので、現状が嫌だからと言って命を絶ったところで、また天国で似た課題を持って生まれ変わる可能性が高いと考えています。

      また、天国は決して「最高に素晴らしい世界」とは言っておらず「退屈な世界」だともお伝えしています。なぜなら善悪という二元論の存在しない全て愛という「統合された世界」のため「無(空)」に近い世界だからです。簡単に言えば、悲しみも体験できないため喜びも体験できない。だから現世に戻ってくるのだと考えています^^。

      ※死んだ直後は全て愛というあの世に素晴らしさを感じるようですが、それは二元論の世界で散々生きていたので「愛」が明確なものとして実感できるからでしょう。

      現世の価値観で言う「不幸な境遇」についても、あの世の価値観では「不幸」という意味がついていません。自分の魂が自らの意思で「体験したいこと」として選んだと考えた方が、全て自分が選んだことという自立の思考で生きていけます。

      この思考が腑に落ちたとき「うまくいってもうまくいかなくても全てうまくいっている。なぜなら自分が全てを選択して創造しているのだから」というマインドを持つことができます。

      難しいことですが、これが現世を極楽にするための唯一の思考だと思います。悟りに近いかも知れませんね^^、、

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです。

      • 匿名 より:

        返答ありがとうございます。
        つまり死んで楽な道選んでもまた同じような境遇で生まれ変わるって事ですね。
        だとしたら現世ではイジメに負けないために自分を守るために誰かをイジメた方が得って事になりませんか?
        だって神様は絶対に誰かにバツを与える事はしないんだとしたら
        天国はただの通過点、小休止的な場所でいくら神様に愛されてようとも
        それは自分だけじゃなく極悪人も同じように愛されてる訳だから・・・

        • ヤギヒロキ より:

          匿名さん、コメントありがとうございます。

          いじめた方が得だ、幸せだと思っても、罰せられることはないと思います。

          ただ、人をいじめることで幸せになるのかどうかは分かりません。私は幸せにはなれないと思います。

          いじめる人の根底にある心理は「弱さ」です。自分は弱いと思っているから、自分よりも弱い対象を見つけて、自分の存在価値を確認しているのです。

          この心理状態の人は、他の環境や立場になると、自分の弱さに苦しみます。なので、どっちが得で損、どっちが幸せで不幸というのは一概に言えません。

          現世における唯一の幸せとは、周囲の状況に揺らがず囚われず「常にフロー状態でいること」である。私はこのような結論に至っています。

          少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  10. ひろ より:

    ヤギさん、お久しぶりです。ヤギさんのお言葉でどれだけ僕の心が救われたか、感謝いたします。

    地獄はやはり僕の中では存在しない、むしろ考えないようにしてます。地獄を考えたら不安な気持ちになりますし、ノイローゼにもなるし、落ち着かなくなり、病気になってしまいます。

    僕はヤギさんの言葉を信じます。やはり、生きていく上で楽しく生きるなら、良いことばかり考えて生きたほうがぜったいに良いにきまってますよね!

    それと話はズレますが北朝鮮のドン、金正恩はたくさんの人を殺してます!処刑された人だけでも1000人は越えてると聞きます!彼のような悪人でも死後は天国に行くのでしょうか??

    • ヤギヒロキ より:

      ひろさん、こんにちは^^。

      地獄がないことは記事でも書いていますし、他の方のコメントに対しても繰り返しお伝えしています。

      ヒトラーも天国に行ったという話もしていますので、こちらの動画をご覧ください^^。

      https://www.youtube.com/watch?v=ehlzTqR3Pwg

      以上、ひろさんの参考に少しでもなりましたら幸いです^^。

  11. きなこ より:

    僕は地獄に落ちたくないから今まで死にたい時自殺をしませんでした。

    だからと言って今、しようとは思っていません。

    自殺した人が地獄に行くのが僕は本当に今まで理解が出来ませんでした。

    辛くて苦しくて悲しくてそんな人が痛くて苦しい思いをして亡くなるのにその後も辛い思いをするのが理解出来ませんでした。

    未来が分かればしようとしてる人も自殺する人としない人に分かれると思います。

    死んだ後天国に行ってまた生まれ変わるのでしょうか。

    僕たち人間は何がゴールなのかそれが僕はとても気になります。

    • ヤギヒロキ より:

      きなこさん、コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおり、自殺された方が地獄に行くことはありません。基本的に、人に「恐れ」を与えて誘導するような情報は「相手の思惑」が含まれていることがあり、真実ではないことがほとんどです。

      人に恐れを与えて自分の思い通りに誘導する手法は、昔からある常套手段です。宗教団体が良くやりますね^^、、

      生まれてきた意味については、以下の記事で書いていますので参考にしてください。

      自分が生きている意味が分からない人へ

  12. いろは より:

    あの世は想念によって創造された世界です。
    清らかな心を持った人が集まり、天国が作られ
    邪悪で利己的な心を持った人が集まり、地獄が作られます。一度地獄に入ってしまうと簡単には抜け出せません。高級霊がたまに助けに来てくれます。地獄は振動数の荒いエネルギーの世界です。

  13. chula より:

    はじめまして
    この記事を読んで、私は涙が出ました。号泣しました。声を出してワンワン泣いていました。
    生まれてから今までの自己否定と劣等感に対する、神様への申し訳ないという気持ちと猛烈な感謝が込み上げました。
    言葉で表すことが難しいです。
    私は数年前にキリスト教に出会って、一度はイエスキリストを信じました。
    それは聖書に神の言葉として、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしは、あなたを愛している。」という記述があったからで、その言葉に救われたからです。
    当時から自分は愛に飢えている人間だという自覚があり、なんとか人生を変えたいと思い辿り着いたのがキリスト教でしたが、次第に「罪」や「地獄」、「悪魔」といった教えに疑問を感じるようになりました。
    葛藤は、人間の基準から神様の基準に移ろうとしていることだから、良いことだと言われ、何年もクリスチャンとして苦しんでいました。
    ですが最近、私にとって物凄く大切な人との別れを経験するなど色々な出来事があり、本当に地獄に落ちたような気持ちでした。
    死ぬのが怖くて自殺できない自分が情けなく、意識朦朧のような状態で色々な情報を読み漁っていたところ、ヤギさんのブログに辿り着きました。
    生まれてきてよかったのだと、少しずつ自己肯定できるようになっています。本当にありがとうございます。
    これからも何度も読み返して、魂を磨いていきたいです。

    • ヤギヒロキ より:

      chulaさん、はじめまして。

      Chulaさんのお役に立てて光栄です^^。

      私は「自己肯定感」こそが、この世で生きるうえで最も大切なエネルギーだと感じています。また、自己肯定感を満たすことが、今世というゲームの目的ではないかとすら考えることがあります(笑)

      本当の自己肯定感は、優劣や比較などの条件は一切ありません。どんな自分でも条件をつけず肯定できる人が、本当の幸せを手にする人であり、人生のマスターだと思います。

      この世の全ての争いは、自分は足りないという「欠乏感」から生まれており、欠乏感は「自己肯定感の欠如」から生まれます。

      なので、世界平和の答えは、みんなが自己肯定感を持つことなんですね。

      過去の貴重な体験を教えていただき、ありがとうございました^^。

  14. 留衣 より:

    お返事が遅くなりすいません
    要するに私が考えない限り地獄と言ったところに行かないんですね

    • ヤギヒロキ より:

      留衣さん

      はい、留衣さんの地獄に対する不安や恐怖が、地獄を創造しているとお考えください。

      以上です^^。

  15. りんご より:

    ヤギさん、初めまして。
    私はこの記事を読んで、とても安心しました。
    ですが、「悪い行いをすれば地獄に行くのではないか」という疑問が浮かび調べてみたところ、あるサイトに「人間は必ず地獄に行く」と書いてありました。そのサイトの内容としては虫を殺す、お酒を飲むといったことで地獄に行くとのことでした。(もちろん、殺人や万引きなども載っていました。)それを読んで私はすごく怖くなりました。私は虫を殺したり、友達と喧嘩をした時に酷い言葉を言ったりなどしたことがあり、「私は地獄に行かなければならないのか」と思うと、死ぬのが怖くて怖くてたまりません。
    人間も生き物なので、死は必ずやって来るとは分かっています。ですが、その死んだ後に地獄に行かなければならないとなるともうどうしていいか分かりません。

    悪い行いをした人でも天国に行くことはできるのでしょうか?
    「地獄」とは、自分の想像の世界なのでしょうか?

    • ヤギヒロキ より:

      りんごさん、はじめまして。

      あの世で地獄を見たという人は、自分の意識で創造しただけです。

      基本的に「地獄はある!地獄に落ちる!」と、恐れを煽る話は信じなくて大丈夫です。

      基本的に、人を「恐れ」によって操作しようとする存在や物事には「支配の意図」がある、下心があります^^、、

      例えば「この宗教を信じなさい!そうすれば、あなたは天国に行けますよ!」というのが典型的な例ですね。なので、釣られてはいけません(笑)

      地獄によって裁く行為は、憎悪であり、憎悪とは「欠乏感」です。神に欠乏感はなく「無条件の愛」です。むしろ、欠乏感に蔓延した「この世」が地獄かも知れませんね^^。

      それでも不安なら、以下の本をお読みください。

      ・プルーフオブヘブン
      ・神との対話2&神へ帰る
      ・喜びから人生を生きる!臨死体験が教えてくれたこと

      以上、参考になりましたら幸いです^^。

      • りんご より:

        ありがとうこざいます!
        とても安心しました…汗
        色々なサイトで調べてみたところ、やはり「人間は必ず地獄に落ちる」と書いてあるサイトもあれば、「死んでからは無だから天国も地獄もない」と書いてあるサイトがあって、どれを信じていいのか分かりませんでした。
        ですが、ヤギさんからの返信を頂いて「地獄とは想像の世界なんだ」と知ることが出来ました。私自身、小さい頃に虫を殺してしまったことや友達に酷い言葉を言ってしまったことを今になってすごく後悔していますが、その裏で「次からは気をつけよう」「虫も同じ生き物なんだ、大切にしなきゃ」「私がされたら嫌だな」「もっと優しい言葉遣いにしよう」という心を持つことが出来ました。
        ヤギさんがおっしゃるように、今のこの嘘にまみれ、争いが絶えない世界が地獄なのかもしれないですね汗

        先ほど、このblogのコメント欄の方を見ていたところ、ある方の返信に
        「人を恐怖で誘導しようとしているものは基本的に信用しなくてオッケーです。恐怖こそが、この世に争いを生み出している「根源」なので、イチイチ付き合ったらいけません。操作しようとする連中の思うツボです(笑)」とヤギさんがコメントしているのを見て、納得しました。
        私は作り話や噂を簡単に信じてしまう人間なので、たまに、どれが本当でどれが嘘かがわからなくなってしまう時があります。
        ネットで怖い話を見て、夜眠れなくなったこともありました。ですが、よく考えてみたら、嘘か本当か分からないものを完全に信じても意味は無いなと思い、それからはあまり怖くなくなりました。
        ネットや動画のタイトルで怖いタイトルなどがあるとどうしても見たくなってしまい、それを信じてしまうのが人間なのですね笑

        私が読んだ「人間は必ず地獄に落ちる」というサイトも、サイトの作者様の想像なのかもしれませんね。

        このblogを読んで、すごく心が軽くなった気がします。
        これからは善い行いをして行こうと思います。

        ヤギさんに相談して、とても楽になりました。誰かに相談してこんなに楽になれたのは初めてです。
        今私は悩み事が多く、誰にも相談出来ず、辛かったです。その悩みのうちの一つが「死んだら地獄に行って生きていた間の罪を償わなれけばならない」というものでした。ヤギさん、本当にありがとうございました。
        また辛くなった時や、生き方に困った時、希望を見失った時はヤギさんのblogに来ようと思います。
        また何か質問や相談をする時があると思いますが、その時はよろしくお願いします。

        今回は本当にありがとうございました。

  16. りんご より:

    何度もすみません。
    前回のコメントをしてから、自分で言うのもなんですが順調に楽しく暮らしております笑

    今回コメントさせて頂いたのは、もう一つ疑問が思い浮かんだからです。
    ヤギさんはこのブログで、エベン・アレクサンダーが臨死体験をした時にあの世で受け取った「三部構成のメッセージ」について書いていますよね?
    そのメッセージの3つ目に
    「あなたのすることには、ひとつも間違いはありません」とありますが、このメッセージを読んだ読者の方が何か悪い行いをした時に、「私は間違ってなんかいないんだ、私は正しいんだ」というふうに自己暗示のようなものをかけてしまったら、善し悪し(?)が分からなくなってしまうのではないでしょうか。
    全て、「自分は正しい」と考えるようになってしまうのではないでしょうか。
    これについてとても気になりましたので、コメントをさせて頂きました。
    夜遅くにすみませんでした汗

  17. より:

    神様をそのように言ってくれてうれしいです!きっとその気持ち、神様にも伝わってますよ。私も、もう嘘はつきません
    私も、神様は、とても素敵な存在だと信じてます!だから、私、自分の悪いところに気づいて良かったです❗これから気を付けます!

    • ヤギヒロキ より:

      暖さん、コメントありがとうございます。

      人を傷つける嘘を控えることは良いことですね^^。

      でも「嘘=悪」という強いこだわりは持たなくても良いかと思います。神様は、嘘をついた人を裁くこともありませんから(笑)

      ただ、人を傷つけるために嘘をつく行為は、自分にもダメージが必ず返ってきます(汗)なので、嘘をつかないことは、自分が幸せに生きるための知恵だと理解してください^^。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです!

  18. りんご より:

    お久しぶりです、ヤギヒロキさん。
    りんごです。
    前回は本当にありがとうございました。

    今回は現状報告(?)みたいな形になりますが、読んでいただけたら嬉しいです。

    私はあれからすごく安心して暮らしています。
    私は小さい時から心配性で、「その歳でそんなことを心配するのか」と思うくらいでした。(現在中学生です。)

    でも、小学生になり、世界のことについてもっと詳しく知るようになってから、悩みや不安がどんどん大きくなってきました。
    自分ではどうすることも出来ないくらいに。

    それを祖父に相談して、「これはこういうことがない限り大丈夫」とか、「これはこうだから、起こるとしても何十億年後だよ」というふうに声をかけてもらうようになりました。
    それで、不安の大半はなくなったのですが、また新たにいくつかの不安が出てきました。
    実は私の曽祖母が去年の11月に亡くなったんです。
    曽祖母が亡くなったことにより、私は天国や地獄について知りたいと思いました。
    元々天国や地獄について興味を持っていた私は、ネットで色々調べるようになりました。
    でも、調べているうちに、地獄への恐怖心が湧いてきました。
    「地獄に行きたくない、でも、悪い行いをしたことがあるから地獄に行かなきゃいけない。」
    そう思うと、過去の自分に「何でこんなことしたの?」と問いかけたくなりました。
    そこで、ヤギヒロキさんのブログに辿り着いたという訳です。
    私自身、その時が精神的にも体力的にも1番辛い時期だったので、ヤギヒロキさんのブログを読んで何かに救われたような気がしました。

    それから、私はまず「なりたい自分、理想の自分」を見つけることにしました。
    特に夢もなく、ただただ学校に行くだけ。
    そんな人生がつまらなく思えたんです。
    「自分がこうだったら、この人生は楽しいだろうな」「自分がこうだったら、こうなるのかな」そんな風に考えていると、いくつも理想が浮かび上がってきました。
    私は今、その理想に向かって頑張っています。

    あと、これは完全に私の妄想のようなものなのですが、時間が空いている時は「神様と会話」するようにしています。
    普通からしたら、イタいですよね…苦笑
    でも、私は神様を信じています。
    「今日も幸せに暮らせたよ、ありがとう神様。」と、寝る前に心の中で神様と会話をしています。
    他にも、車に乗っている時や、1人の時などは会話しています。
    会話って言っても、自分で神様の言葉を想像してやり取りしてるだけなんですけどね…。
    でも、そうしてるだけで、自分に味方がいてくれるような気になるんです。
    「私は1人じゃない」って。そう思えるんです。
    もちろん、悪いことをしたなって思えば「これはだめだったと思うの…」って神様に相談して、結果を決めるようにしています。

    私の周りには、天国や地獄、神様を信じていない人が沢山います。
    そんな中でこんな考えをしていたら、イタいと思わない方がおかしいですよね…。
    でも、これが私の考えなんです。
    みんなに何を言われても、みんなは私じゃなくて、私は自分1人しかいないから、考えは変えられないんです。

    そんな風に考えていたら、「神様が味方についていてくれる、神様は裏切らない」って思っていたら、いつの間にか不安は全部消え、何か吹っ切れた気分になりました。

    もちろん、今でも北朝鮮のミサイルのことや将来のことなどで不安もあるけど、前より深く考えないようになりました。

    物事を深く考えすぎてしまうのも、私の欠点だったのかもしれません。

    こんな感じになります。

    私の思ったことをそのまま書いただけなので、文章がおかしかったりするかもしれません。

    長文失礼しました。

  19. y より:

    人がみな天国に行くならゴミのような人間も行くんでしょうね。
    なら、天国は犯罪者もたくさんいるわけだ。そこは本当に天国と言えるのでしょうか?

    • ヤギヒロキ より:

      Yさん

      あの世へ行けば犯罪者も「自我(エゴ)」がいかに幻想で実態のないものに囚われていたかを悟るため、悪人のまま存在することは不可能だと思います。

      ただ、エゴが強い人は「自分の意識」によって地獄を創造し、見ることはあり得ます。それは他のコメントの返信で詳細に説明しているので、ご興味があればご覧ください。

      以上、参考になりましたら幸いです^^。

  20. より:

    人を殺して
    神は偉大だ などと言い
    自分の行いを肯定するものもいますがね。

    • ヤギヒロキ より:

      俺さん、コメントありがとうございます。

      おっしゃるとおり、そのような世界を生きている人もいますよね。

      ただ、その世界は、無力な人間を超越した「神」という存在がいる。無力な人間が、偉大なる神を崇拝し、神の言うことは絶対だと信仰する。「神←←← →→→人」という「分離感の世界」だと思います。宗教を悪用すると、そんな思想が生まれることがありますよね。。

      人を傷つけるのは「欠乏感」から来ているので、みんなが自己肯定感に満たされる世界ができれば、そのような世界は存在できなくなると思います。

      これはキレイ事の理想郷かも知れませんが、そちらに意識を向け、少しでも近づけていきたいものです^^。

  21. うさピ より:

    ヤギさん、教えてください。
    虐待をし尽くした人が、今、天国で幸せに暮らしているそうです。
    虐待をし尽くされていた人は、今も気持ちが苦しんでいます。
    虐待をしていた人は、自己中心な人なので、虐待した相手に関心がないので後悔も反省も懺悔の気持ちも浮かばず、そういうことでか気持ちに濁りがないのでスムーズに天国の良い位置に行けたということでしょうか?
    反対に、気持ちが苦しいままで死ぬ人は、本来は優しくて思いやりがあって純粋な人であっても、死後も苦しみ続けるのでしょうか?

    • ヤギヒロキ より:

      うさピさん、コメントありがとうございます。

      例えば「相手の痛みを気にしない虐待をする冷酷な人」がいるとしたら、その人の「心の状態」は整っていると思いますか?

      心が整っていない人は、あらゆる葛藤や苦しみを持っています。人に虐待をするということは「ネガティブな感情」に苛まれている表れであり、それは苦しみ以外の何でもありません。

      その人の心の中は、いつも怒りや憎しみに満ちており、些細なことでイライラして・・・そんな人は、この世においても幸せなはずがありませんよね?

      死後の世界では「その人の心の状態」が、この世以上に瞬時かつ明確に反映されると、私は考えています。

      つまり、心がネガティブな人は、そのような意識状態と同じエネルギーの世界を見ます。その後、自分自身が「もうこんな世界を見るのは嫌だ!」と心から思えた時、本来の純粋な魂に戻り、いわゆる「天国」に導かれ、愛に満ちた世界へ行くことができます。

      うさピさんの言う「根は優しい心を持つ人」は、たとえ辛い体験により、現世でネガティブな心理状態になっていても、天国にすぐ順応できると予想できます。

      反対に、性根からネガティブな人は「悪の世界」を好んでいる傾向すらあるため、愛に満ちた世界に嫌悪感を持ちます。つまり、ネガティブな世界を見続けることが予想されます。

      死後の世界は未知なことだらけですが、これが「臨死体験者の話」から導きだした、私の持論になります。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  22. より:

    先月21歳の弟が自殺しました。
    弟は今年の9月に大学を中退して工場に就職してまだ2ヶ月ほどしか経ってませんが今までアルバイトすらしたことがなかったため仕事が辛く働きたくない働きたくないと言っておりましたが自殺者は地獄行きということを懸念して自殺はためらってましたが先月ついに自殺をしてしまいました。弟は地獄の存在を信じており自分が辛いからといって人生を投げ出すことに罪悪感を持っていました。
    弟は地獄に落ちていないでしょうか?心配で堪りません。また地獄を信じている者や罪悪感を抱いている者は地獄を創造、投影して見てしまうとヤギさんはおっしゃられていましたがその地獄というのは永続的で終わることがないものなのでしょうか?一定期間が過ぎるとその地獄も終わるのでしょうか?教えて下さい。

    • ヤギヒロキ より:

      あさん、コメントありがとうございます。

      多くの臨死体験者の証言などを、私なりに解釈した見解ですが・・・

      最初は「意識の投影」によって、あの世が様子が創造されることはあり得ると思います。ただ、それは「恐れ」による投影であり、弟さんが心から望まれているものではないはずです。

      弟さんは生前から「安心の場」を求めておられたはずです。なので、安住の場である「天国」に必ず帰っておられると、私は思います。

      他の方のコメントでも書いていますが、心の底から「悪」を好む人がいます。そのような人は「愛」とか「癒し」の場を嫌悪します。居心地が悪いのです。現世でもそういう人っていますよね。

      弟さんは誠実で責任感がある方だったのでしょう。だからこそ深く苦しまれたのです。なので、きっと本当に望まれている世界、つまり天国に行かれたと、私は思います。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  23. 朔那 より:

    すいません遅い時間に僕は中1です
    僕はあるドラマを見て1年間死を怖がりました
    瑠衣さんと言う人と一緒で僕は嘘つきです
    それに万引きもしてきました
    僕はやはり地獄に行く運命だと思います
    それは怖いです
    ほんとに僕は悪い人です
    もし天国を妄想してもきっと地獄に行くと思います
    ほんとに天国を妄想すればいいのですね?

    • ヤギヒロキ より:

      朔那さん、コメントありがとうございます。

      自分のことを悪人だと思えるってことは、自分の意識次第で、自由にこれからの生き方を選べるってことです。つまり、これからはいつでも「良い人」になれます。

      良い人で暮らしていれば、きっと天国に行けますよ^^。

      あなたが亡くなるときの「意識の状態」と同質のエネルギー(波動)のあの世を見ると考えれば良いと思います。

      死後の世界については「100%の解答」は出せませんが、少なくとも「誰かの審判」によって天国や地獄が決定することはないです。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです!

  24. さくや より:

    ありがとうございます
    お母さんも「あなたは人生今からなんだからこの人の言ってるみたいに今からいい人になりなさい」って言われました
    貴方のお陰でこれからも頑張りたいと思います
    僕は人生これから!ですから
    本当に悔いのない人生を歩んで行こうと思います
    感謝してもし切れないくらい泣かせて貰いました
    ありがとうございました

    • ヤギヒロキ より:

      そのとおりです。早いうちに気づかれたので素晴らしいですよ。

      これからの人生の送り方次第で、死後はもちろん、現世においても天国のような「安心と喜びの世界」を築くことができます。

      期待しています^^。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています