こんにちは、ヤギです。

 

 

実は、あの世の存在を信じる人の方が、
人生のハッピー度が高くなるのをご存知ですか?

 

 

なぜなら『死後の世界を信じる人』ほど・・・

 

自分は何のために生まれてきたのかという、
人生の目的や使命に気づく確率がぐんとアップするからです。

 

その結果、一日いちにち『今この瞬間の人生』を
大切に生きることができます。

 

 

逆に『死後の世界はないという人』ほど・・・

 

人生の目的を考えず「金、物、名誉」を追求する
唯物主義にハマりやすくなります。

 

なぜなら『死んだらおしまい』と思ってるから
この世の快楽を一番に優先&執着するからです。

 

 

で、快楽が得られなかったら、

 

「生きている意味がないー!」

 

と、自らの人生に絶望して諦めるという
ネガティブな思考にハマりやすくなります。

 

 

『死後の世界はない』と断言する方に質問です。

 

 

あなたは、あの世を信じることを『理性的じゃない』と思っていません?

 

あの世を信じる人は論理的な思考ができない
お花畑の人だとバカにしていません?

 

※これ、以前の私のことなのですが(苦笑)

 

 

そこで今から・・・

 

実は、死後の世界を信じる人の方が
理性的で論理的であることを証明していきます。

 

死後の世界を信じたいけど、イマイチ確信できない人も必見です♪

死後の世界はあるのかを探求することが科学的なワケ

死後の世界はあるのかを追求する大切さ

写真:死後の世界を信じていたアインシュタイン

まず、死後の世界・否定派の意見として、

 

あの世を信じるのは「科学的でない」というのが
圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

 

では「科学の定義」って何でしょうか?

 

辞書にはこのように書かれています。

科学とは、観測された結果を客観的&合理的に説明するために作りあげた『解釈のひとつ』である。

ということは・・・

 

科学とは「ゆるぎない絶対的な1つの答え」を決めるものじゃなく、
客観的で、合理的であれば、解釈の段階でも「科学」なんです。

 

 

例えば、

 

「温暖化は二酸化炭素が原因」という解釈が、
「二酸化炭素は関係ない」という解釈に変わりつつあるようにです。

 

※エコバッグって何だったのでしょう(汗)

 

 

また、研究の現場を見てもそうで、
まだ検証中で「解釈の段階」であっても、
その理論を支持している科学者は普通にいます。

 

 

これは、当ブログにおける「死後の世界の証明」も同じです。

 

エベンアレキサンダー医師の死後の世界

 

当ブログでは、大量の「臨死体験の事例」から
エベンアレクサンダー氏の体験談だけを取り上げています。

 

 

その理由は・・・

Point
■ 大脳皮質による脳の錯覚ではない
■ 脳内伝達物質による幻覚ではない
■ 蘇生の瞬間に走馬灯を見る「脳の再起動」ではない

これらを『脳外科医の権威』が、自分の脳のデータを客観的に検証し、
合理的な解釈で『あの世はある』と結論づけた科学的なものだからです。

 

 

さらに・・・

 

あの世を信じる方が「理性的」な理由として、
死後の世界がないのは”永久に証明できないから”です。

 

 

否定派が「死後の世界がない」と証明するには
肯定派が出してくる「全ての証拠」を検証して
シラミつぶしで全てを否定する必要があります。

 

 

ところが、あの世肯定派からは「新しい証拠」が次々と出てくる・・・

 

 

つまり、あの世否定派はどう頑張っても、
「現在のところはない」としか言えなくて、
「絶対にない」とは永久に断言できないんです。

 

 

さらにダメ押しで言うとね・・・

 

 

どうせ、みんな死ぬんだから
あの世を信じた方が得ってこと。

 

 

死後の世界はないと言ってた人が死んだとき、
あの世があったらどんな心境になるでしょう?

 

おそらく・・・

 

「私は間違っていた」とショックを受けたり、
唯物主義で生きてしまった人は、後悔や猛省をするかも知れません。

 

 

ところが、死後の世界がなかったとしても、
否定派は「そら見たことかー!」と喜べません。

 

なぜなら、そこは「無」で意識がないから。

 

 

その反面、あの世を信じる人は、

死後の世界があったときに喜びや感動にひたれ、
なかったとしても「無」なので残念に思わない。

 

 

そういう意味でも、あの世を信じる方が理性的なんです(笑)

死後の世界はあると信じる方が理性的なワケ:まとめ

死後の世界はないと考える人へ

Point
①死後の世界を信じると『自分には帰るところがある』という認識になる。

 

②すると『なぜ自分は現世に来たのだろう?』という疑問がわく。

 

③結果、自分が生まれてきた意味や目的を考えて毎日を生きる。

 

④自分の内面に意識がフォーカスするため『自分の使命や情熱』に出会いやすくなる。

ぶっちゃけ、自分の使命や情熱に生きれば、

お金などの「物質的な豊かさ」も自然についてきます。

 

 

なぜなら、お金とは『人様を感動させたとき』に頂ける副産物だからですね。

 

 

で、人様を感動させる「近道」とは、
あなたの力が100%発揮される分野で生きること。

 

つまり、自分の使命や情熱に従って生きることです^^。

 

 

・・・いかがでしょう?

 

死後の世界を信じる方が理性的で論理的だと
実感した人も多いのではないでしょうか?

 

 

当ブログは、あの世、スピ、自己啓発を
科学の定義をもとに根拠を大切にしていきます。

 

 

うさん臭いと言われがちな『精神世界』を
ごく普通の人に広めることが、私の情熱としてあるからです。

 

また、もともと疑い私だからできる
ちょっとした使命だとも思っています^^、、

 

 

近い将来・・・

 

人工知能(AI)の進歩によって
人間の存在価値が問われる時代が必ず来ます。

 

そのとき、人類は精神世界を追求せざるを得なくなるでしょう。

 

 

そんなときのための準備として、
当ブログが少しでもお役に立てれば嬉しいです^^。

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています