トラウマは克服&解消できる!忘れたい嫌な記憶を消す唯一の方法

こんにちは、ヤギです。

 

「トラウマを克服したい」

「原因になっている嫌な記憶を消したい」

 

・・・うん、すごく分かります。

 

忘れたい嫌な記憶って、消えないどころか、
当時のリアリティを頻繁に思い出させます。

そのため、さらに脳に記憶がこびりつき、
トラウマ克服から遠ざかる悪循環に入っちゃう。

だから、みんな苦しむんです。

 

ちなみに、

トラウマに似た症状に「PTSD」がありますが、
数ヶ月ほどで回復する人が多いのをご存知ですか?

 

その大きな理由は、PTSDの場合は、
嫌な記憶が「最近に作られたもの」だからです。

早期に対策をするからですね。

 

トラウマの克服が大変なのはね、
古い記憶が原因になっているケースが多いから。

だから、なかなかガンコで解消できないんです。

 

でも大丈夫、安心してください^^。

 

実は、トラウマの原因になっている嫌な記憶を

『どーでも良い記憶』

に変えてしまう方法があります。

 

この方法を実践すれば・・・

思い出すだけでギューッと苦しくなる体験ですら
笑い話にできるぐらい「どーでも良い記憶」に変わります。

 

トラウマは長引くほど克服が大変になり、
最悪の場合は一生解消しないこともあります。

だから、今すぐこの方法を実践してください。

 

嫌な記憶を忘れたいと思うほどトラウマは悪化する!?

トラウマの悪化を防ぐ方法

実はね・・・

トラウマの克服を難しくさせているのは
嫌な記憶を消すという「執着」なんですよ。

 

忘れたい~忘れたい~って思うほど、
嫌な記憶はますます脳に刷り込まれます。

 

なぜなら「忘れたいと思う=嫌な記憶があるという確認」だから。

 

あなたが「忘れたい!消したい!」と思った時
あなたは過去の嫌な記憶を「脳内でリピート体験」します。

で、トラウマになるような記憶にはね、
とんでもない『臨場感(リアリティ)』があります。

 

人間の脳は「臨場感が高い情報=真実」として、
人生における「最重要事項」だと勘違いしちゃいます。

 

で、私たち人間はね・・・

自分にとっての真実や重要事項を「ものさし」に
自分の信念、思想、価値観、性格を作ります。

 

これって、めちゃくちゃ恐いことです。

 

だって「忌み嫌っている記憶」を材料に
あなたという「人格」が作られるから(汗)

これでは、あなたがなりたい人格と
真逆の人格になっちゃう危険性があります。

 

はっきり言います。

トラウマになっている嫌な記憶を消すには、
脳を手術でいじるなどの荒療治をしないかぎり無理です。

 

だからこそ、今すぐ発想を逆転してください。

 

記憶を消すのではなく「記憶の加工」をするのです。

 

忘れたい記憶を消す方法はダメ!嫌な記憶を加工するとは?

嫌な記憶を消すのは危険

 

「えっ?記憶を加工するってどういうこと?」

 

それは「焦点(フォーカス)」を変え
記憶の印象を逆転させることです。

 

以下の「絵」を見てみてください^^。

 

潜在意識の使い方

 

これは「だまし絵」ってやつで
視点を変えることで「2種類の絵」に見えます。

 

「老婆」または「娘」のどっちかに見えるはず。

 

まずは、2種類の絵が両方見えるまで
視点をずらしてチャレンジしてください^^。

で、2種類の絵が見えたら、
実感してほしいことがあります。

 

それは「両方の絵を同時には見れない」という事実です。

 

あなたが体験してきた「全ての出来事」も
だまし絵と同じです。

 

どんなに悲惨な出来事にも「光と闇の両面」がある。

 

実際、私たちが人としてグ~ンと成長する時って
厳しい出来事を乗り越えた後のことが多くないですか?

あなたも、過去を振り返ってみたときに、
確かにそうだな~って思われるはずです^^。

これは、厳しい出来事の「光の面」です。

 

厳しい出来事がトラウマに育った原因は、
だまし絵でいう「醜い老婆」にフォーカスを続けた結果です。

出来事の「闇の面」に焦点を固定しすぎたんです。

 

これを「若い娘」にフォーカスを切り替える、
つまり、出来事の「光の面」に焦点を固定する。

これが、トラウマを克服する「本当の治療法」です。

 

だまし絵で実感してもらいましたが、
脳は、2つの視点を同時に保つことはできません。

■ 若い娘(光)を見ると、老婆(闇)は消える。

■ 老婆(闇)を見ると、若い娘(光)は消える。

※補足:これを「認知科学」で説明すると、
脳は「複数のゲシュタルト」を同時に維持できないと言います。

 

つまり、そーいうことです。

実は、どっちにフォーカスするかは、
あなたの『意識』で自由に選択可能です^^。

 

トラウマの治療法はこれだ!嫌な記憶をどーでも良い記憶にする3ステップ

嫌な記憶を忘れる方法

トラウマの原因になっている「嫌な記憶」を
どーでも良い記憶に変えてしまう方法は1つ。

 

・・・もう、お分かりですね?

 

それは、嫌な出来事の「光の面」に気づき
光の面に「フォーカスを固定」することです。

 

今から、あなたのフォーカスを一瞬で変えちゃう
超簡単なワークを公開しましょう^^。

 

ステップ1:トラウマになっている「嫌な記憶」を紙に書きだす

トラウマの原因を探る方法

 

まず、あなたが忘れたい嫌な記憶を紙に書き、
トラウマの原因をご自身で客観視してください。

 

正直、とっても苦しいワークだと思います。

 

でもね、人間が最も恐怖を感じる時って、
原因が分からない、見えない「暗闇の時」です。

※原因を見て見ぬふりしているときも恐怖が膨らみます。

 

原因を明らかにすることで「光」がさしはじめ、
苦しみから解放される入り口に立てます^^。

 

ただし、心が苦しいときは、
このワークは無理にやらないでOKです。

体調の良いときや、今なら大丈夫かなぁと思えたとき等、
ご自身のペースを一番大切にしてください^^。

 

ステップ2:「嫌な出来事」の体験があったから学べたことを書きだす

嫌な記憶の書き換えワーク

あなたは、嫌な出来事を体験したことで・・・

多くを学び、人として強くなり、成長して、
他人の気持ちが分かる優しい心を育てました。

 

これは間違いないと、私が保証します^^。

 

ただ、今までのあなたは、
そんな「光の面」にフォーカスをしなかった。

 

だからね・・・

今から、光の面だけを見て生きるための
『光の地図』を作っていきましょう。

 

■ 過去の嫌な出来事から「光の地図」を作る質問

・ 私は○○のおかげで○○が学べた。

・私は○○のおかげで○○になった。(強くなった、優しくなった、~の才能やスキルを得た etc)

 

どんなに小さな学びや得たことでもOK!
数をいっぱい書き出すことを意識してください。

 

少なくとも、このワークをしている間は
嫌な記憶を「嫌な記憶」として認識できません。

これは「だまし絵」と同じ原理です。

 

このワークをしている間は、
前向きな感情にしかなれないんです^^。

 

ステップ3:ステップ2で作った「光の地図」を眺める

ネガティブ思考を変えたい人の習慣付け

 

大切なので繰り返します。

トラウマの原因は『闇の地図』ばかりを
ず~っと眺めてきた結果でしたよね。

 

じゃあ、トラウマの解消には逆をやればOK!
つまり『光の地図』ばかりを眺める癖に変えるだけです。

 

私たちは「1日に約6万回の思考」をします。

で、その思考の大半は「ネガティブ思考」と言われています。

 

なので、コンディションが優れないときなどは、
過去の嫌な記憶を思い出すこともあるでしょう。

人間にとってマイナス思考は「平常運転」だから仕方ない。

 

でも、そのままネガティブ思考に浸っちゃうと
トラウマが悪化する危険性があります。

 

そんなときは『光の地図』を開いてボーっと眺めましょう。

 

これを習慣にすればするほど、

トラウマの原因だった嫌な記憶が
どんどん「どーでも良い記憶」になっていきます。

 

「そういえば過去に囚われる時間が減ったかも」

そんな実感を持ったらチャンス!トラウマ解消の兆しです^^。

 

ポイントは「執着」をしないこと!

嫌な記憶を思い出しても全然OK、
それが普通だって思って気楽に構えてください。

 

ただ、それにプラスして『光の地図』を
ちょっと眺めようかな~って思うだけで良い。

 

無理せず気楽に取り組むことが
トラウマを最短で克服する秘訣です。

 

トラウマを消したい人は知ってほしい!スティーブジョブスの「潜在意識の使い方」とは?

スティーブジョブズの名言である点と点の話

 

iphoneで同じみ、アップルコンピューター創始者、
スティーブ・ジョブズの名言にこんなものがあります。

未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。

私は良く思います。

 

「あの辛い出来事があったから、今があるんだな~」って^^。

 

あなたが体験するどんな出来事も、
未来のあなたが幸せになるための最善の出来事である。

 

そのように「あなたの意識」にインプットしてください。

すると、あなたに起こる全ての出来事は
幸せに暮らしている「未来のあなた」にリンクしていきます。

 

これは、決して綺麗ごとではなく
脳の仕組みである「RASの働き」で説明できます。

詳しい記事はこちら:引き寄せの法則を科学的に証明しよう

 

潜在意識の使い方

 

あなたに質問です。

 

あなたは、出来事の『闇の面』ばかりにフォーカスして、
現在から『 闇の未来』につなげますか?

 

それとも、出来事の『光の面』ばかりにフォーカスして
現在から『光の未来』につなげますか?

 

ご自身の人生を大切にされている
あなたならもう分かりだと思います^^。

“トラウマは克服&解消できる!忘れたい嫌な記憶を消す唯一の方法” への24件のフィードバック

  1. エイリアス より:

    彼女が僕のせいで自殺しました。

    光の地図はどうしても書けません。

    どうしたらいいのでしょか?

    • ヤギ より:

      エイリアスさん、コメントありがとうございます。

      エイリアスさんにとって、とても大切なテーマだと思いますので、たった数行のコメントから私の勝手な憶測でお話をするのは差し控えますね^^。

      ただ、エイリアスさんと似た体験をされ、悩まれていた男性がおり、その男性を「死後の世界」から生還された「アニータ・ムアジャーニさん」が著書で詳細に書いています。その男性は、アニータさんのアドバイスを聞き、過去の体験の捉え方が180度変わり、安堵感に満たされます。

      「もしここが天国だったら? あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる」という本にその内容が書かれています。

      もし、ご興味がありましたら手に取ってみてください。正直、お医者さんの診察を受けるよりも、エイリアスさんの心に届くのではないでしょうか。

      エイリアスさんのお役に少しでも立てたなら幸いです^^。

      • エイリアス より:

        ありがとうございます

        • エイリアス より:

          本を読むのは辛くて無理です

          あらましだけでも教えてくれませんか

          • ヤギ より:

            エイリアスさん、こんばんは。

            当サイトの記事やあらましが読めるのでしたら、本を読むのも大丈夫かと思います。終始、愛にあふれた優しい言葉で書かれた本ですので^^。

            もちろん、今すぐ読む必要はありません。少し気持ちが楽で「ちょっと読んでみようかな」と思われた時こそが、エイリアスさんにとっての最良のタイミングなのだと思います。

            そのときまで本は読まず、手元に置いておけば良いのではないでしょうか?少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  2. エイリアス より:

    活字のような小さい字を読むことは辛いです。

    サイトの記事なら何とか読めます。

    今すぐ救われたいです。

    • エイリアス より:

      そもそも本を読むことが嫌いです。

      また障害者年金に頼って生活しているので、本を買うことさえ経済的に厳しいです。

      もしあらましを読んで、納得できたら買って読むつもりです。

      よろしくお願いします。

      • ヤギ より:

        エイリアスさん、こんにちは。

        あらましを書くとなると時間と労力がかかるのでエッセンスだけお話します。

        「亡くなった方は、あなたが罪悪感で苦しむことをこれぽっちも望んでいない。あなたのの幸せだけを願っている。」ということです。

        以上、参考になりましたら幸いです^^。

  3. peach より:

    浮気されたり都合のいい女として扱われたり辛い過去があります。
    もう4年も付き合ったり別れたりの繰り返しですが今は真剣に私のことを愛してくれていますが過去のことがトラウマで思い出す度に自分を追い込み相手に八つ当たりをし喧嘩をしてしまいます。
    そうなると冷静に物事を考えられなくなり前に言われた死ねという言葉で私は死ななければいけないと思ってしまいます。
    結婚の話も2人でしていたのですが彼が過去を許せない私に呆れてまた別れ話を持ち出してきました。
    許してないわけではないんです。
    トラウマのせいで彼を失うことが怖いんです。
    光の地図を書こうと思いましたが学んだこととして彼が真剣に私と向き合うようになってくれたこととまた振られたという事実で矛盾が生じ上手く書けません。
    どうすればよいのでしょうか?

    • ヤギ より:

      peachさん、コメントありがとうございます^^。

      peachさんは、コメントの中に「答え」をすでに書かれていますよ。それは「彼を失うことが恐い」ということ、つまり失いたくないほど「彼を愛している」という目的を果たすためにトラウマを作り、今も手離さずに大切にされているということです^^。

      彼を愛しているから「彼の過去を許せないトラウマ」がある。彼を愛しているから「彼の過去を許せないトラウマ」を消したい。peachさんの全ての根本動機は「彼を愛している」からです^^。

      つまり、全てはpeachさんがその目的を果たすためにご自身で作り持っていることを腑に落とすことが必要です。

      次に、そのトラウマを持ち続けることが「彼を愛している」という目的の達成に役立ちますか?他の方法で彼と接した方が「彼を愛している」という目的を達成できると考えられませんか?

      さらに、ここがストンと腑に落ちたとき、トラウマは一瞬で消えると思います^^。

      少しでも参考になりましたら幸いです。

  4. ひで より:

    こんばんわ
    過去は生ごみと言った人がいて そうなのかもと思った時期もありました。当時 生ごみだからうまく処理しないと・・・とも思いました。
    過去の事象に学びがあるとしても記憶自体が曖昧で都合よく解釈してしまい とらわれすぎると負の連鎖が起きたりするような気がします。
    ヤギさんの他の記事にあるように 「未来の臨場感」こそが全ての肝ではないかというのが私の見解になります。未来の臨場感を作り上げるデーターベースとして 心地よいものに触れ堪能するとか 感動できる映画を観るとか・・こころが揺さぶられる曲を歌うとか・・・親友と未来についてとことん話し合うとか・・その程度しか思いつかないのですが ご助言お願いします。

    • ヤギ より:

      ひでさん、コメントありがとうございます。

      未来の臨場感を上げる方法は、望ましい未来をイメージする際に「過去のポジティブな感情」を再利用し、未来イメージの情景に貼り付けることをおすすめしています。

      詳しくは以下の記事を参考にしてください。

      http://ikiruimi.jp/hikiyose/visionborad/

      少しでもお役に立てましたら幸いです^^。

  5. うるは より:

    養父にされた性的な悪戯を忘れることが出来ず、似た状況になると思い出してしまいます。自分で考えてみても光が分かりません。克服したいです。

    • ヤギ より:

      うるはさん、はじめまして。

      全ての人は「トラウマ」を抱えています。影響度の強弱は違えどトラウマはあるものなんですね^^。

      で、トラウマとは簡単にいうと「過去の嫌な体験を二度としないため」にご自身を守るために持っているものです。つまり、トラウマは決して悪いものではなく、うるはさんを守るために潜在意識さんが懸命に働いてくれている「愛」だとご理解ください^^。

      ただ、あまりにも懸命に守ってくれているために、うるはさんの生き方を制限することもあるかも知れません。これを解決するためには、うるはさんが「守ってくれなくてももう大丈夫だよ」と心から思うこと。この瞬間に潜在意識は守るのをやめ、トラウマは消えていきます。

      私たちは過去に囚われて生きがちです。しかし、過去はすでに過ぎ去ったものであり、今この瞬間もどんどん遠ざかっている事実をご理解ください。今のうるはさんに近づいている時間とは、過去ではなく「未来」なんです^^。

      どんどん遠ざかっていく「過去」に囚われて生きるか?どんどん近づき迫ってくる無限の可能性のある「未来」に生きるか?うるはさんの「意識の選択」にかかっています^^。

      少しでも参考になりましたら幸いです。

  6. うさぎ より:

    こんにちは、はじめまして
    子どもの頃父親を事故死で亡くしましたが、受け止めることが出来ず、何も無かったこととして自分の中で蓋をして墓場まで持って行くつもりでいました。トラウマという言葉も自分には関係ないと思っていました。
    それが何十年も経った今、鮮明に思い起こす出来事があり、大変苦しい思いをしていました。
    ヤギさんのサイトを拝見して、これがトラウマというものなのかと目が覚める思いでした。
    かなり昔のことで自分でも難しい問題ですが、光の記憶に変えて行けるように少しずつトレーニングしたいと思います。
    私のように救われた方が多いことを祈ります。
    ありがとうございました。

    • ヤギ より:

      うさぎさん、コメントありがとうございます。

      少しでもお気持ちが楽になったようでしたら、私もたいへん嬉しいです^^。

      ご自身の思いや感情に蓋をすればするほど、蓋を持ち上げようとする「反発」が起こり、それが鮮明な思い出を引き起こすことがあります。うさぎさんだけではなく、全ての人に当てはまる心のメカニズムなので安心してくださいね^^。

      どんな出来事にも「光の側面」は必ず存在します。その瞬間は「闇」しか見えなくても、時間を経て振り返ってみると必ず「光」があります。

      うさぎさんは、時間が経っているので「光の側面」を見つけやすい環境にいらっしゃると推測します。なので、無理して行う必要は全然ありませんが、お気持ちに余裕があるときにでも、少しずつ、少しずつ、ワークを行ってみてください^^。

      そうすることで、蓋から出しても大丈夫だという「安心」が得られるため、その時点で、過去の出来事に囚われる感覚がどんどん弱まっていくはずです。

      少しでもお役立ていただけたなら幸いです^^。

  7. みゃん より:

    ヤギ様 みゃんと申します。ある試験に落ちたことがトラウマのようになってしまったのか、年に1度の試験なので次年度また受けることにして勉強しなおそうと思ったものの、落ちた時の過去問を見た時や それを受ける過程で体験したイヤな思いでばかりがよみがえってしまい、涙が止まらなくなってしまっておりました。学校の先生には 自分で涙が出ないようにコントロールしろと言われたこともあり、でも出て来てしまうのをどうコントロールしていいのかもわかりません。あまりここには詳しく書けませんが、この 過去を思い出すと どうにも動けなくなってしまう状態から脱却したく、『トラウマ 克服』と検索したところ、ヤギ様のこのページに巡りあいました。救われる思いがしました。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいになり、お礼を申し上げたく、書き込ませていただきました。本当にありがとうございました。まだまだ抜け出せずにどうしていいのかわからない状態のままではありますが、イヤな記憶がどうでもよく思えるくらいになれるように なりたいと思います。ありがとうございました。

    • ヤギ より:

      みゃんさん、はじめまして。

      この記事がお役に立てて良かったです^^。

      トラウマは一瞬で消えるものではなく「あれ?最近あまり気にならなくなったなぁ」という感覚になっていき、消えていくケースが多いです。

      ※認識が180度変わるほどの衝撃的な体験をしたときは、短期間で解消されるケースもありますが。

      心の中のトラウマを見て見ぬふり(抑圧)せず、あることを認め、トラウマが持っている「光の側面」に焦点を合わせる作業をコツコツ続けてみてください^^。

      もちろん、しんどいときは無理しなくて大丈夫。気分に余裕があるときにワークに取り組んでみてください。すると、イヤな記憶がどうでも良くなる時がきっとやってきます。

      みゃんさんの参考になりましたら幸いです^^。

      • みゃん より:

        ヤギ様!! 本当にありがとうございます! 光の側面をもっと気にかけてみます。

  8. ヤマ より:

    近日中に転職をする予定なのですが、以前の職場で仕事がうまくできなかったり、今の職場で仕事と人間関係がうまくいかず辞めざるを得ないことなどがあって、これらの失敗体験がトラウマになりそうです。勿論、これらの失敗体験の中からなぜ失敗したかを自分なりに分析して、それを踏まえて同じ轍を踏まないようにしようとは考えているのですが、次の職場でうまくやっていけるかどうか、今一つ確信が持てなく、不安です。

    • ヤギ より:

      ヤマさん、はじめまして^^。

      次の職場でもうまくやっていけるかどうか不安だということですが、現状、ヤマさんの意識が「不安の世界」を見ているため、転職されてもそのような世界を体験される確率が高いと考えられます。

      失敗体験を「失敗」と捉えることは「失敗体験=忌み嫌うべきもの=やってはいけないこと」という捉え方なので、失敗した自分にならないようにと「強い執着」が働きやすくなります。この執着が強いほど、失敗したときに強い自己否定を感じ、ますます過去の失敗体験に囚われる悪循環に入ります。

      だからこそ、失敗にも良い意味があるという「思考回路の変更」が必要になります。その方法が今回の記事にある「光の側面」にフォーカスを当てるという手法です^^。

      このワークによって「失敗には得るものがある」という思考回路を育ててください。そうすることで「失敗してもどうってことない」という軽い気持ちに少しずつなってきます。そうなると、失敗に執着しない「自然体のヤマさん」でいられるため、逆に物事がスムーズに行き始めるという好循環に入りますよ^^。

      以上、ヤマさんの参考に少しでもなりましたら幸いです。

      • ヤマ より:

        ヤギ様、ありがとうございます。そうなれる様に考え方を変えて、仕事に臨んでいきたいと思います。

  9. やまやま より:

    受験期彼女にふられました。
    理由は彼女の態度に不満を持っていて、冗談で罵倒したつもりがその後傷ついたと言われ振られました。
    彼女のことが本当に好きで毎日思い出して後悔します。
    またこれから自分を愛してくれる人がいるか不安です。
    光の地図がかけません。
    どうしたらいいですか?もう半年経ちます

    • ヤギ より:

      やまやまさん、こんにちは。

      やまやまさんの思考の癖(言動)が、元恋人とのトラブルを創造したと考えてください。これは、やまやまさんの「人生の課題」です。人生の課題を、その出来事によって気づく機会を得たと捉えてください。

      で、ご自身の思考の癖(言動)を改めれば、過去のような出来事は二度と起こらなくなり、より素敵な恋人と出会うチャンスが増えます。なぜなら、過去のあなたよりも素晴らしいあなたに成長したのですから当たり前です^^。

      光の地図は、その経験から時間が経過した方が描きやすいのは事実です。なので、当面は上記のことを意識して暮らしてみてください。

      それでも元恋人に執着があって忘れられないのなら、以下の記事を参考に考えてみてください。

      彼女と復縁したい!引き寄せの法則を知らないと可能性ゼロな理由

      以上、やまやまさんの参考になりましたら幸いです^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。