こんにちは、ヤギです。

 

 

なぜ、人は自己否定をするのか?

 

 

私はこの根本的な理由と解決策を
いつもいつも考えています。

 

だって、自己肯定感を高めることが
引き寄せを発動させるエネルギーであり、
苦しみから抜け出す「答え」でもあるからです。

 

 

実は、私がたどり着いた「究極の答え」があります。

 

 

でも、これは「ニヒリズム的な考え方」なので
受け入れられない人もいるかも知れません(汗)

 

※ニヒリズム:物事に意義や目的はないという考え方。

 

 

ただ、これを知った上で人生を楽しむとね・・・

 

 

身に起こる出来事に一喜一憂しなくなって
自己否定の感情に囚われなくなります。

 

その結果、

 

自分を無条件に愛せるようになって
夢や願望を引き寄せやすい人になっちゃう^^。

 

 

だから、知っておいて損はないと思うので
もう公開しようと思います(笑)

量子力学が輪廻転生の仕組みを解明!本当の私とは「意識」だった!?

 

以前、米軍パイロットの前世記憶がある
ジェームス君のお話をしました。

 

関連記事死後に生まれ変わる輪廻転生はあるのか?前世の記憶がある子供の実話
2017.11.24
こんにちは、ヤギです。 私たちは生まれ変わるのか? 今回は「輪廻転生が本当か?ウソか?」を 根拠をもって証明していこうと思います。 なぜ、私は輪廻転生のウソ&ホントを証明しようと思ったのか? それは、もし私たちが死後に何度も生まれ変わるのであれば、 何かをやり残したり、何かをやり遂げる...…

 

実は、ジェームズ君の情報はもちろん、

 

前世記憶を持つ2500人以上の
子供やその家族にインタビューをしてきた
世界でたった一人の医学博士がいるんです。

 

 

それは、米ヴァージニア大学医学精神科の
ジム・タッカー博士です。

 

前世記憶を持つ人々を
15年以上調べたタッカー博士は
輪廻転生のメカニズムをこう結論づけました。

意識は「量子レベルのエネルギー」であり、肉体の死後も生き続け「次の宿主の意識」に貼りついて活動する。

これはどういうことかというと、

 

私たちの本体は「意識」で、
意識は死なないってことです。

 

 

私たちが「この世」を生きている理由は・・・

 

 

仮の姿である肉体を自分だと思い込み、
世界はこの世しかないと真に受け生きることで
本体の「意識」に体験データを集めていた。

 

意識は、脳や肉体が生み出しているのではなく、
まったく独立した永遠不滅の存在であり、
意識の方があなたの正体だった^^。

 

 

意識が量子情報(エネルギー)であるという説は
タッカー博士以外に多くの学者が提唱してます。

 

 

当サイトでも紹介した「量子脳理論」の提唱者、
ロジャーペンローズ(宇宙・理論物理学者)や
スチュワートハメロフ(医学博士)もそう。

 

死後の世界は量子物理学で証明できる!あの世を量子論で説明しよう
2017.11.24
こんにちは、ヤギです。 今日は、前回に続き「死後の世界」について 科学的な根拠から解説していこうと思います。 あなたが「死後の世界はある」と確信したとき、 恐れや不安に支配されにくい人間になれます。 前回も言いましたが、 すべての恐れや不安は『死への恐怖』が根っこにあるからですね。 ...…

 

他にも、意識と量子力学の深い関係を
提唱している研究者は数多くいます。

・マックスプランク
量子物理学の基盤を築いたドイツの科学者。「全ての物質は意識の産物に過ぎない。認識できる万物の存在は、すべて意識に基づいている」と述べる。

 

・ユージン・ウィグナー
ノーベル物理学賞を受賞したアメリカの物理学者。「意識の問題を考慮に入れることなしには完全に一貫性のある量子力学の法則を構築することは不可能だった」と述べる。

 

・パスクアル・ヨルダン
量子力学の数学的基礎を与えたドイツの物理学者。「観察者による観察は、観察対象のありようを左右するだけでなく、結果そのものを生み出している」と述べる。

その他にも多くの学者たちが

量子力学を深めるために「意識」を
神秘的なものと捉え研究を続けています。

量子力学だけじゃない!この世は幻想だったことを「脳科学」も証明していた

 

でも、ヤギさん・・・

 

「意識=量子情報=私たちの本体」って、
まだまだオカルトレベルの話じゃないの?

 

 

では、もう少し現実的な話を落としますね^^。

 

 

今までの話を「脳の情報処理」を研究する、

 

「認知科学」

 

この視点から説明していきます。

 

 

実は、私たちは「この世」を直接見れません。

 

 

脳内スクリーンである「内部表現」に映る
独自の解釈を加えた世界を見ていることが、
認知科学で明らかになっています。

 

 

私たちは外から受けた「五感刺激」
「過去記憶」という物差しで評価し、
独自の世界を投影してるんです。

 

※五感:視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚

 

 

それを「意識が第三者的」に見ている。

 

 

例えばです。

 

あなたは「幼少の頃」に
お母さんがお父さんに暴力を振るわれる
とても衝撃的な光景を繰り返し見たとします。

 

 

これが「過去記憶」という物差しの
大きな要素として加わります。

 

で、その物差しは大人になっても持ち続けて、
男性を見るという「五感刺激」を得たときに
その物差しによって評価します。

 

 

その結果、内部表現に「男性が恐い」という
世界が投影され、それをあなたの意識が見ます。

 

 

ちなみに、認知科学では「意識の正体」を
解明することはできていません。

 

 

ただ、内部表現のメカニズムを描くと、
上の図のように「意識が見ている」という、

 

「意識=第三者的な立場」

 

そんな表現がしっくり来るというか、
そうなっちゃうようです^^、、

 

 

さらにですよ・・・

 

意識を量子力学や認知科学で説明すると、
仏教の「私に実態はない」に行きます。

 

 

今から、お話することを理解いただければ、

 

肉体側の私は「幻想」にすぎず、

本当の私はないというのが腑に落ちますよ^^。

内部表現はトータルリコールの世界!脳による「もしもボックス」の作り方

 

もう一度、私たちの脳内スクリーンである
内部表現の仕組みをご覧ください^^。

 

 

大切だから繰り返し説明するけど、
今あなたが見ている「現実」は内部表現です。

 

あなたは、現実を直接見ることができず
内部表現というスクリーンを見ています。

 

 

で、内部表現に投影される世界とは・・・

 

「五感×過去記憶」

 

という、2つの要素で作られたフィルムが、
内部表現のスクリーンに映写される感じです。

 

 

例えば、幼少期に・・・

 

母親が父親に暴力を受ける光景を見たAさん
大人になっても男を恐れるケースはこうです。

■Aさんの内部表現に投影されるフィルム

 

・五感:男性を見る(視覚)
・過去の記憶:男は暴力を振るう恐い存在。

五感の刺激を、過去の記憶が評価し、
内部表現に「恐ろしい世界」を投影します。

 

さらに、その男が父親に似ている(視覚)とか
怒鳴り声をあげる(聴覚)などが加われば、
さらに臨場感のある恐い世界を見ます。

 

 

その結果、

 

男はやっぱり恐いという評価が強化され
その世界が固定化され、外れにくくなります。

 

 

逆にですよ・・・

 

いわゆる「カカア天下」の家で育って
父親を「情けない」と思っていたBさんが、
大人になって男を見たときのケースはこうです。

■Bさんの内部表現に投影されるフィルム

 

・五感:男性を見る(視覚)
・過去の記憶:男は弱くて情けない存在。

さらに、その男性が父親に似ている(視覚)とか
情けない声も似ている(聴覚)などが加われば、
男を尊敬できない臨場感がより上がります。

 

 

で、ここから分かることはね・・・

 

 

AさんとBさんの育った環境が入れ替わったら
AさんとBさんの内部表現の投影も
入れ替わるってことです。

 

 

だって「私はこういうものだ」という自我って、
単なる「五感×過去記憶」の現象であり、
化学反応にすぎないからですね。

 

 

これはですよ・・・

 

もし、過去記憶を手術で入れ替えたら、
あなたは何者にでもなることを意味します(笑)

 

 

これを表した映画が「トータルリコール」です。

 

 

記憶を変えると、あなたもこうなります(笑)

 

私たちが「これが自分だー!」という自我って、
今までの出来事という「きっかけ」によって
作られたものにすぎないので^^、、

 

 

仏教ではこれを「因縁(いんねん)」と言います。

 

 

自我は「無数の出来事の総称」にすぎず、
本来の自分は生まれたての赤ちゃんのように
もともと「意識」しかありませんよという教え。

 

 

つまり、お釈迦様は大昔から
本当の自分は「意識」だと言ってるんです^^。

 

 

ということはですよ。

またまた「内部表現の図」を見てください。

 

 

本当のあなたは「第三者の立場」として
内部表現のスクリーンを見ているんであって
映画を楽しむ観客のような存在にすぎない(笑)

 

 

ただ、あなたが映画の観客と違うところは、
五感と過去記憶を変更する権限がある点です。

 

 

そう、あなたは「映画監督」でもあるんです♪

 

 

意識(本当の自分)という量子情報に
人生で体験したデータを蓄積するだけでなく、
蓄積したいデータを選ぶことも可能なんですよ。

 

 

いかがでしょう?

 

内部表現の存在を知ったあなたは、
映画監督のように望みのものを投影でき、
現実を変えられることを分かっちゃいました。

 

 

そこで、今から・・・

 

 

意識と内部表現を正しく活用して
夢や願望を引き寄せるエネルギーである、

 

自己肯定感を高める究極の方法

 

を、遂に公開します^^。

引き寄せる力がMAXになる3ステップ!自己肯定感を高める究極の方法

ステップ1:内部表現の図を頭にインストールする

大切なのでもう一度見てくださいね(汗)

 

 

この内部表現の図がストーンと腑に落ちるほど、
自我は「出来事の総称」による現象にすぎず、
本当の自分ではないことが確信できます。

 

 

そうすることで、自分の思考や行動って
五感と過去記憶による化学反応だと
客観的に捉えることができます。

 

その結果、自己否定の感情に
無自覚に振り回されなくなれます^^。

 

 

自己肯定感を最短で上げるには、
自己否定で引き算しないのが絶対条件です

 

ステップ2:自分を第三者的に俯瞰する感覚をつかむ

 

自分の後頭部から45度に向かって
意識を肉体からできるだけ離してください。

 

 

目標は、意識を自分から10メートル以上離し、
自分を頭上から俯瞰するイメージを描くこと。

 

最初は難しいかも知れないけどね、
なんか不思議な感覚が少しずつ掴めるはずです。

 

 

これが、本来のあなたである「意識」で生きる状態です^^。

 

 

歩行中やボーっと立ってるときなんかに
この俯瞰のトレーニングを習慣にしてください。

 

 

すると、いざ内部表現の投影、
つまり自我に囚われそうになっても、
冷静さや客観性を取り戻すことができます。

 

今、自分が見ている世界(解釈)が、
五感と記憶による単なる現象だと捉えられ
自己否定の感情に振り回されにくくなります♪

 

 

また、認知科学においては、
俯瞰力は「IQ」を高めると言われています。





因縁

肉体

 

 

本当の自分である「意識」で生きることは、
「因縁から上の抽象度」でいることでもあります。

 

つまり、広い視野で物事を見れる状態なので
知能指数がアップするワケですね^^。

 

 

さらに、スピリチュアル的に言えば・・・

 

自分を俯瞰することで「脳幹」という
人間の潜在能力が格納された部位が覚醒し
本来の能力や直観力が高まると言われてます。

 

 

実際、自分を俯瞰するイメージを持ったまま
オーリングテストを行えば実感できます^^。

 

 

意識を「肉体の中」に入れたままの状態では
パワーが弱くオーリングが開きやすくなります。

 

 

意識を「肉体の外」から俯瞰した状態だと
パワーが強くオーリングが開きにくくなります。

つまり、生命力が上がってるのが分かりますよ♪

 

ステップ3:どんな出来事を体験しても「データが増えた」と捉える

 

前世記憶の研究をする
ジム・タッカー博士はこう言います。

意識は、今世のデータを持ったまま次の肉体へ張り付く。あなたの意識は、脳や肉体が死んでも生き続ける。

つまりです。

 

極論を言えば、意識は人生における体験を
第三者的に見てデータ収集してるだけ(笑)

 

 

だから、あなたが「嫌な体験」をしてもね、
意識という「本当のあなたの立場」から、

 

「よし!データが増えた!」
「お疲れさん!頑張ったね!」

 

と、思うだけでOK^^。

すると、自己否定の感情に振り回されず、
逆に、自己肯定感がわいてくる状態になります。

 

 

その結果、意識という量子情報が、

 

「自己肯定>自己否定」

 

の割合になっていきます。

 

 

つまり、自己肯定感の高いあなたは、
同質のエネルギーと共鳴しやすくなります。

 

「波動共鳴の法則」によって
引き寄せの法則が発動しやすくなります^^。

 

関連記事幸運を引き寄せる波動の法則ってホント?波動を上げる方法とは?
2017.11.24
こんにちは、ヤギです。 スピリチュアルの世界では 『波動』 という言葉が良く出てきます。 そのため「波動」がスピリチュアルの専売特許に思われるのか、 世間から「波動=オカルト」と勘違いされるケースがあります。 なので・・・ □ 波動って何なの? □ 波動を上げるってどういうこと? □...…

 

 

また「心理学の視点」から説明するとね・・・

「結果」を褒められた人は「失敗」を恐れて簡単なものを選ぶ。
「努力」を褒められた人は「チャレンジ」を求めて難しいものを選ぶ。

これは、小学生400人以上を対象にした
実験で分かったデータです^^。

 

詳細記事:人はなぜ失敗を恐れるのか?

 

 

ここから、分かることは・・・

Point
・結果を優先する人
間違いを犯した自分を認められない「自己否定ベースの人生」を生きる。

 

・努力を優先する人
間違いを犯してもOK。チャレンジした自分を認める「自己肯定ベースの人生」を生きる。

つまり・・・

 

「よし!データが増えたぞ!」
「お疲れさん!頑張ったね!」

 

という、意識(本当の自分)で生きることは、

 

結果優先型ではなく「努力優先型」であり、
自己否定より「自己肯定ベース」なんですよ。

 

 

逆に、自我(肉体や脳)で生きることは、

 

努力優先型よりも「結果優先型」なので
自己肯定より「自己否定ベース」になっちゃう

 

 

ここで、あなたに質問です。

 

どっちの人生が、自分のことを好きになれて
引き寄せが発動しやすいと思いますか?

 

 

もう、言うまでもありませんよね(笑)

人類の自己肯定感が低い原因は、自分がこの世の創造主だった事実を忘れたから

Point
・あなたの正体は「意識」という量子情報である。
・あなたが見ている現実は「内部表現」のスクリーンである。

つまり、肉体(自我)と現実は「幻想」であり、
バーチャルリアリティだった^^。

 

 

私たちは世界を真に受けすぎていた。

 

 

五感と記憶のコントロールさえすれば
その気になれば何にでも変身できるのに。

 

この世は「トータルリコールの世界」であり
ドラえもんの「もしもボックスの世界」だった。

 

 

だから、自分の人生を他人や社会のせいに
しないでほしいんです。

 

だって、それって「自分は操り人形」で、
人生の権限がないと言ってるのと同じだから(涙)

 

 

あなたには、どんな人生をも創造できる
”意識という神の力””を持っています。

 

 

実際、世界的権威の学者の中にも、
意識と神は「同じ構成物質」でできてると言っています。

 

※それが「量子脳理論」ですね^^。

 

 

もちろん、これらはまだ仮説の段階のため、
これが真実だと断言するつもりはありません。

 

 

でもね、この世の全てが「幻想」であり、
意識が信じたことが「真実」になるのなら、

 

ウソかホントかは、さほど関係なくて
信じたもん勝ちなのがこの世界だと言えます^^。

 

 

自分に「全ての主導権」があり、
自分が「全てを創造している」と信じた方が、
人生を自由にデザインできると思いませんか?

全てはバーチャルリアリティーで、全ては自分が創造していた。

これを全人類が知ったとき・・・

人々は「絶対的な自己肯定感」を持ち、
自己否定の感情を持つ必要がなくなります。

 

 

これは、世界から争いをなくす「答え」でもあります。

 

 

他人を愛せず、冷酷に、残酷になれるのは、
自分を愛していないことが根本原因です。

 

だって、自分のことすら愛せない人に
他人を愛し受容する余裕などないからです。

 

 

だからこそ、私は繰り返しお伝えします。

あなた(意識)が神で、あなた(意識)が全てを創造している。

この、たった1つのフレーズが・・・

 

 

自己肯定感を高める方法であり、

引き寄せを最大化する方法であり、

世界平和を現実にする答えだった。

 

 

これが、私が行き着いた答えです^^。

コメント一覧
  1. ひで より:

    ヤギ様
    いつも楽しく読ましていただいてます。今回の記事は今までの記事を集約されたものと解釈しております。毎回 腑に落ちることばかりで とてもありがたいです。
    起きる事象に振り回されず淡々と生きてみる。
    自身を俯瞰して見る。
    なるほど! と思うことばかりです。
    私見ですが 肯定感を心地よい感情ととらえた場合 人として最初に感じる喜びは 人に抱かれることではないでしょうか?抱かれること すなわち愛そのもの。
    もし 肯定というカテゴリーがあるならば 愛こそが最上位に位置しているような気がします。
    また 自分はできると思うより 自分のことが大好きと思った方が 優しい気持ちにもなれ なんとなく力がわいてきます。
    自分が神なら 目の前の人も神 周りの人や関わりある人すべてが神ととらえた方が 傲慢になったりしないと思います。
    愛をもって接すれば 相手も神だからわかってくれるだろう・・てな感じです。
    恐れの根底にある欠乏感は 自分に対しての愛し方が足りないか間違った愛し方をしているのではないでしょうか?
    最近 鏡に向かって話しかけ 瞳の中に映る自分がどんな顔をしているかを楽しんだりしています。
    単調な毎日でしたが ヤギ様の動画・ブログに出会ってから少し変わった自分を誇らしく思います。
    すべてヤギ様のおかげです。弟子にしてください(笑)

    追伸 独りの時はセルフハグしてます。ちょこっと落ち着きます。

    • ヤギ より:

      ひでさん、コメントありがとうございます。

      大前提に「愛」が存在するという考え方に私も賛成です^^。ただ、ほとんどの人は愛を「無条件のもの」ではなく「条件つきのもの」として捉えています。これが欠乏感を生み出す根本原因になっているのも間違いありません。

      ただ、私たちは「肉体、距離、時間」という「分離感のある世界」にいるからこそ「無条件の愛」というものに喜びを感じることができると考えています^^。

      あの世は、分離感のない一体感(ワンネス)の世界なので「無条件の愛」しか存在しませんが、それしかない世界は何もない「無」と同じようなもの。愛を概念的には分かっても、実感が難しい世界なので、分離感のあるこの世にやってきて「無条件の愛」という喜びを実感、味わいに来ているのかも知れませんね^^。

      ひでさんに素晴らしい変化があって幸いです。お役に立てて良かったです!

      PS:セルフハグは素敵なアイデアですね。私もやってみようと思います^^。

  2. モコム より:

    ヤギヒロキ様

    おしみなくいきついた答えを公開してくだ
    さりありがとうございます。
    深い優しさをうけとらせていただいたように
    感じて、どうしても感謝を伝えたいと思いま
    した。
    説明のわかりやすさに、答えにいきつかれる
    までの苦闘を勝手に想像してしまいました。
    こうやって伝えてくださって、大変学びに
    なっています。
    私はヤギ様のおかげもあって、最近どんどん
    自信がついてきました。
    ありがとうございます。

    これからも楽しみにさせていただきます。
    いつもいつもありがとうございます。

    • ヤギ より:

      モコムさん、コメントありがとうございます。

      喜んでいただたようで良かったです^^。

      今回の記事に「私が一番大切にしている本質的な考え方」を書いたつもりです。なので、この記事をベースに別の記事やその他の書籍をインプットされると、ノウハウの理解を深める助けになると考えています^^。

      自信がどんどんついてきたのは素晴らしいですね!お役に立てたようで幸いです!

      • モコム より:

        ヤギヒロキ様

        返信ありがとうございます。
        私は主観と客観というのがなんなのかよくわからなかったのですが、
        ヤギ様のブログをよませていただいて、主観が自我で客観が意識
        なのかなと思いました。
        自分を冷静に見ている自分がいつもいて、なのに自分の気持ちに
        振り回される自分もいて、自分がよくわからなくなっていたのですが、意識こそ主体だと思えば色々な感情をもつ自分も楽しめそうです。
        臨場感満点でニヒルになんかなる余地ないです。
        世界を楽しく捉える考え方の基礎を教えていただいて、本当にありがとうございました。

        これからも更新楽しみにさせていただきます。

  3. 菜々子 より:

    ヤギさん、こんにちは。

    いい記事をありがとうございます。

    第3者的に自分を見ている意識が本当の自分、、という事ですね(^^)

    ヤギさんのブログを読んで実践するようになってから、ちょっとネガティブな気持ちになっている自分に客観的に気付ける時、いかにその気持ちが過去の経験による思い込みとそれに似たシュチュエーションが折り重なって沸いてくる思考なんだなぁ、と、過去の自己否定経験満載な自分に笑ってしまいます。

    あーまたこの思考やってるし、みたいな(^^;

    でも圧倒的に過去の自己否定の臨場感を味わう時間は回数減りました!!

    全ては愛から発信されてる、と腑に落としてから、過去のトラウマも愛に書き換えてしまいました、、というか、自分が見ようとしていなかっただけで、実は愛されていました!(^^)

    先日は、ものすごーい意地悪な雰囲気のただならぬ威圧感のある方と仕事をし、気持ちを見事に持っていかれました。

    ほとんど会話もしてないのに、ちょっとしたグサグサとくる出来事があり、その居心地の悪さにすっかりその方の催眠術にかかりました。

    あの人の催眠術にかかったな、と気付いたあと、ヤギさんのブログで教えていただいた、ピョンピョンジャンプして、一歩横へ移動、というのをやったら、一気に気持ちがスッキリしました。\(^o^)/

    わたしはあの人とは違う世界が好き、わたしはあの人と違う世界を生きている、と思えました。

    これからも毎日実践していきます(^^)

    また新記事楽しみにしています。

    • ヤギ より:

      奈々子さん、コメントありがおとございます^^。

      潜在意識が「愛」ということが腑に落ちると、観念、マインドブロック、トラウマすらも「愛」だったことに気づくため、全てを受容することができます。その結果、一切気にならなくなっていく。これこそが、究極の心理メソッドだと私は考えています(笑)

      ただ、奈々子さんのように「潜在意識=愛」という確信がつかめない人も多いのも事実です。正直、奈々子さんは自分の心と向き合う才能があるのでしょうね。また、ちゃんと実践されるところも素晴らしいですね^^。

      当サイトが奈々子さんのお役に立てたことを嬉しく思います^^。

  4. セロ より:

    ヤギさん、こんばんは。いつも驚きと満足感を覚えながら拝見しています。特に“あなたが神で、あなたがすべてを創造している”の言葉には衝撃を受けました。自分の生活を楽しくさせる要素がこのブログには詰まっています。ありがとうございます。ところで一件質問ですが、文中に“意識は今世のデータを持ったまま次の肉体へ貼りつく”とありますが、私たちは前世の記憶がありません。なぜなのでしょうか?
    ご教示いただくとありがたいです。

    • ヤギ より:

      セロさん、コメントありがとうございます^^。

      自分が全てを創造しているという事実を確信したとき、人生は自分次第で好きにデザインできるという「依存から自立のマインド」に切り替わります。その瞬間、人生は希望と安堵感に満たされます^^。

      なお、死後に自分の意識が次の肉体に貼りつく話ですが、これはあくまで「仮説」なので、信じるか信じないかは各自の自由というのが前提です^^。

      で、それを前提にお話すると、前世の記憶が明確にあると、例えば80歳で亡くなれば80年分の経験値を持った状態で、赤ちゃんを始めることになります。これでは、人生に何の新鮮味もなく、人生の喜びを十分に味わうことができません(汗)

      そこで、前世の記憶を丸ごと残すのではなく「前世の意識データ」という抽象的な形式を取り、いわゆる「思考(観念)の癖」だけを残し、加えて「思考(観念)と波長がマッチした環境」を引き寄せ、ゼロから人生を始めるのだと思います。

      ※ただし、障害や難病を持った肉体で生まれてくる人々もいるため、上記だけでは説明できない複雑な何かがあるとは思います。

      思考(観念)の癖は、各自の「人生における課題」のようなもので、それを今世で手放すか、それともまだ大切に持ち続けるかは、その人に委ねられるのでしょう。

      なので、何度も同じような人生を繰り返す人もいれば、人生をより良いものに改めようとする人もいる。もちろん、どちらが良いか悪いかはありません。人生とは「神の遊戯」なのでどっちでも良い。自由にやればOKって感じに私は捉えています^^。

      ぶっちゃけ、たとえ人類が思考(観念)を改めず、争いによって地球を滅亡せたところで、宇宙の創造主(私たちの総体)は痛くも痒くもありません。なぜなら、万物を自由に創ることができるのですから、地球の1個や2個が破壊されたところで、屁とも思わないはずだからです(笑)

      これは、あくまで私の解釈です。ただ「私たちの意識が世界を創造している」とするなら、恐れが一切ない、夢や希望のある世界を創造した方が良いに決まっています。そういう意味で、私はこのような解釈を信じて人生を過ごしています^^。

      以上、セロさんの参考になりましたら幸いです。

  5. ひで より:

    ヤギ様 
    未来に臨場感を持つことが大切だとわかり実践しているつもりですが 難しいものがあります。そこで未来を近未来(例えば今日だけとか目先のこと)に設定しハードルを下げてたりしています。
    感謝についてもしかり。当たり前のことに喜びを感じてたり 感謝の言葉を言ったりしています。
    ワクワクする機会は少ないのですが 自己嫌悪になる機会が激減し 自分を愛おしいと思うようになりました。
    もし未来の臨場感にこだわるなら 未来のアルバムみたいなのが創れればいいなと思いつきましたが それは有効なことなのでしょうか?
    実現すれば過去になるし 意味があるのかな?とも思います。
    いずれにせよ肯定的な未来に 先に感謝すべきですよね?

    • ヤギ より:

      ひでさん、コメントありがとうございます。

      自己嫌悪の機会が激減すると、自己肯定のエネルギーが順調に貯まりやすくなるので、願望が実現しやすくなりますね^^。

      未来のアルバムは素晴らしいアイデアだと思います。私自身も似たようなものを考えています(笑)

      ただし、おっしゃるとおり「臨場感の高さ」がカギを握ります。例えば、別記事で取り上げた「ビジョンボード」でも、当人が強烈な臨場感を持てるなら最強のツールになります。ちまたのノウハウはあくまで「きっかけ」にすぎず「本人の意識」が臨場感を持てるものを見つけることです^^。

      ちなみに、過去よりも未来に臨場感を高めることができる環境を現在開発中です。残念ながら体系的にお伝えする必要があるため「有料の環境」になると思いますが、本気で望ましい未来を描き、それを現実化したい方にはぜひ参加してほしい企画を計画しています。

      ひでさんがおっしゃるように「臨場感が命」ですので、ひでさんが一番しっくり来るノウハウやメソッドを探し、実践されると良いかと思います。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  6. 千家 裕子 より:

    はじめまして!
    偶然、ユーチューブでヤギコーチの動画を見てからファンになりました。
    こちらのブログも読ませていただいているところです。
    自己肯定感を高めるのかポイントだと分かったので、未来の自分をこうありたいと自分を設定してイメージやヒーリングをしているのですが
    時と場所と時間を変えてどうしても同じような嫌な人や出来事を繰り返していることがあるんです。
    これは、どうしてだと思われますか?
    またどうすればそこから脱却できるのかを知りたくって、、、。

    ヤギさん、良きアドバイスをお願い致します。

    • ヤギ より:

      千家さん、はじめまして^^。

      おそらく原因は「執着」だと思います。「今の現状が嫌!だから変わりたい!」というのは、ごくごく自然で当たり前の感情なのですが、これが強すぎるということは「嫌なことに意識が集中している」ということであり、意識のエネルギーが嫌なことにフォーカスをしている状態です。

      結果、嫌な人や出来事がクッキリ見える、つまり出会いやすくなるということです(脳にある「RAS」の仕組みですね)

      ただ、ここから分かることは「千家さんの意識」が「現実創造」をしているという真実です。これは「絶対的な安心感」になるはず。なぜなら、全ては自分で創造できるのだという「神の自分」に目覚めることにつながるからです^^。

      執着してしまうのは仕方ありません。でも、嫌な人や出来事に出会っても「あ、私の思い通りになってるわ♪すごい私♪」と肯定してください。ここで自己否定すると「執着」はますます強まり、嫌な人や出来事が頻繁に現れる世界を創造してしまいます(汗)

      今回の話は、人間が神に帰るという「悟り」に近い内容なので、本来ならもっと詳細に説明する必要がありますが、少しでも気づきになりましたら幸いです^^。

  7. SENGE より:

    ヤギさん、お返事いただけてとても嬉しいです。
    繰り返す状況を変えたいがために、嫌な人やその出来事に強く執着して、それがフォーカスの癖となってしまい、逆の臨場感を高めて思わぬ現実化してしまっていたのですね。
    回避するには、悪いことに執着せずに自分が願う状況を明確にイメージし続けていけば徐々に脱却できるということなのでしょうか。

    ヤギさんがフォーカスの癖についてお話しされて思い当たることが色々とあり、自分がいつも嫌なことを考えて不安に思うことにフォーカスしてのが原因なのだなぁと気づきをいただきました、どうもありがとうございます。

    昨日、ある資格取得の勉強会に出たときに、調和のとれた人間関係、講師の説明がスムーズに理解できて順調に作品作りが進むと設定して臨んでみたのですが、また過去のトラウマが思い出されるような状況になってしまい、恐れや不安が出てきてしまったのですが、またこういう状況になってしまったときにでも、周りの人がどう思うかを気にせず、経験というデータがまた1つ増えたと思って気にせずまた前進していけばこういったトラウマも徐々になくなっていくのでしょうか?

    • ヤギ より:

      SENGEさん、こんにちは^^。

      まず「トラウマ」は抑圧すべきものではなく、SENGEさんを懸命に守ってくれている「愛」だと認識してください。この詳細については以下の記事をご覧ください。

      本当の自分を知る瞑想のやり方とは?

      これを別の言い方で表現すると、SENGEさんが潜在意識に対して「もう守らなくても大丈夫だよ」と確信して心の底から伝えるまで、トラウマは消えることはありません。

      で、SENGEさんの「確信力」が「私は○○できないととんでもない目に遭う < 私は○○できなくても傷つかないし大丈夫」と上回ったとき、トラウマやメンタルブロックは一瞬で消えてなくなります^^。

      しかし、どちらにせよ、SENGEさんの意識が創造しているということをお気づき頂けるでしょうか?これは自分に全ての決定権があり、自分の力で全てを変えることができるという「絶対的な安心感」であり「絶対的な自立」につながります^^。

      だから、どっちでも「自分の思い通りになっている!自分ってすごい!」って自分の意識の力を褒めてください。逆に、トラウマが出たときに、私はやっぱりダメだと自己否定するほど「私は○○できないととんでもない目に遭う」という確信力が高まるため、その世界を見続けることになります。

      実はね、トラウマもメンタルブロックも全ては「自己催眠」です。その詳細については以下の記事をお読みください。

      人生や生きるのに疲れた時に読んでほしい記事

      以上、少しでもお役に立ちましたら幸いです^^。

      • SENGE より:

        ヤギさん、こんばんは!
        早々にお返事ありがとうございます。
        ヤギさんのお返事の内容を読ませていただいていると、ずっと苦しんで悩んできたこともようやく解決できるのだという安心感と希望を持つことができました。
        ヤギさん、わかりやすくご親切に教えていただいて感謝です。
        繰り返し読んでしっかり頭に入れたいと思います。
        また良い変化があれば報告させていただきたいと思います。

        • ヤギ より:

          SENGEさん、こんにちは。

          お役に立てて良かったです!ご報告を楽しみにお待ちしていますね^^。

  8. zuzu より:

    ヤギさん、はじめまして。

    「恋愛は錯覚?すべて勘違い」
    両想いという設定で彼を見ていたので、自分に都合よく解釈して【好き】を続行。
    片想いと知り、彼のことを何もわかっていなかった…自分の中で作り上げたイメージに恋をしていた。姿形は同じだけど、私が好きだった人はもういない。同時に、彼を好きだった自分もいなくなった…喪失感でいっぱいでした。

    これから私はどうしたら、愛し愛される関係になれる?
    こんな経験をしなければ気づかないなんて…何がしたくて生まれてきたんだろう?

    そんなこんなで、ヤギさんのブログにたどり着きました。
    記事に夢中でスマホの電池がなくなり、なかなか読破できません(笑)
    有り難いことを伝授してくださり、意識がガラッと変わりました。感謝します。
    あれもこれもバーチャルリアリティかと思うと、そんなに体験したかったのね~すごいわ~

    今、私が受け取っているものは未来の私からのプレゼント。
    応えることは貢献なんですね。
    ならば、この体験も「いいデータ!ナイス!」と蓄積し、「私ってラッキー!もっといい女になれる」と自信をつける過程で必要だったのだと思い込みます(笑)

    更新、楽しみにしております。悩んでる友人にもシェアしますね(*^^)

    • ヤギ より:

      ZUZUさん、はじめまして^^。

      ZUZUさんの恋愛体験を拝見して「やっぱり、その人の意識が全てを創造しているなぁ~」と再確認させていただきました。

      いくら素敵な男性が目の前にいても、意識が上がってなければピンとこない。逆に、イマイチな男性でも意識が上がってしまうと良いように創作してしまう。突き詰めると全ては意識が創造したバーチャルリアリティってことですね^^。

      ここがストンと腑に落ちれば、出来事に対して一喜一憂しなくなり、心が安定して楽になります。ZUZUさんはその感覚をすでに掴まれているので安心ですね!

      当サイトがお役に立てて幸いです^^。

      • zuzu より:

        ヤギさん、こんにちは。
        お返事ありがとうございます。
        うれしいです!

        まさにバーチャルリアリティ、主演・脚本・監督=自分でしたね。
        彼は芸能人じゃないし、知り合いだから可能性あると思ってたけど…私が好きだったのは脳内イメージの彼なので、付き合えるわけないですよね(笑)
        今度は生身の人間とコミュニケーションしたいです。

        彼の人格や意志、ありのままを尊重することができたら、もっと早くあきらめてたのかもしれません。
        彼自身を好きだったわけじゃないから、欠乏感を埋める相手として求めてたから、失礼なことをしてしまったなぁと罪悪感があります。

        外側に求めるのはもうやめて、誰よりもいついかなる時も私を愛してる自分の内側にありがとうって気持ちです(*^^*)

  9. shin より:

    お久しぶりです。

    実は10年前、酒を飲みながらあることで号泣した時、この境地に行き着きました。

    「もしかしたら、世界は心象風景じゃないか」って。

    当時、まだその気付きについて、あまりに衝撃的すぎて、自信を持つことができませんでしたが、今にして思えば、ここに繋がる為の経験んだったのでしょう。

    最近思うんです。シンクロニシティを信じるってことは、つまりは神って存在を無条件に信じるってことなんじゃないかって・・・。

    • ヤギヒロキ より:

      shinさん、コメントありがとうございます。

      「シンクロを信じることは神の存在を無条件に信じること」

      深いですね。私もそうだと思います^^。

      自分自身が神(神の一部)であることを知り、神性な力を持っていることを知り、それを確信して受け入れたとき、シンクロは多発すると考えています。これが「引き寄せの法則の真理」にもつながると、私は捉えています。

      素敵な体験をシェアしていただき、ありがとうございました^^。

  10. 中今 より:

    ヤギコーチ様、
    初めまして!中今と申します。宜しくお願い致します。
    この記事がアップされた直後からご縁を頂いております。
    この記事に激しく同意、とても共感、共振しました。
    (ちなみに、イケメン引き寄せコーチを引き寄せようとしたら、次の日に引き寄せ(=創造)たので早っと驚きました。その上、面白いし~笑)
    動画も楽しく、お友達も面白かったです。
    都留晃一さんのメッセージ集(新人類の覚醒進化プログラム)もわかりやすかったですよ。
    よかったら、お暇なときにでも検索して覗いてみてください~^^

    ヤギ様も益々のご発展、ご多幸を想像・創造し、応援しております。

    セミナーとかコーチングとかあったらまた紹介してください、

    • ヤギヒロキ より:

      中今さん、コメントありがとうございます。

      共感いただき、ありがとうございます。都留晃一さんは私も好きですよ^^。

      今後ともよろしくお願い致します。

  11. からのんに より:

    本文、映像などありがとうございます。
    非常に辛いことがあり、ヤギコーチの言っている事と同じ事で自身の心に傷をつけないようにを回避をしていました。量子力学のことについて興味があり導かれるようにこのサイト(動画)にたどり着き、確信をいたしました。心のもやもやしていることが、晴れたように心が静まり、落ち着いた人生が送れる予感がしています。本当にありがとうございます。

    • ヤギヒロキ より:

      からのんにさん、コメントありがとうございます。

      心のモヤモヤがすっきりされたようで良かったです^^。

      からのんにさんのお役に立てて幸いです!

  12. 中今 より:

    追記
    御礼を忘れておりました。どの記事も大変わかりやすく、とても参考になり人生の大きな転換点となりました。

    お蔭様で、今ここ、この瞬間、瞬間、完全に満ち足りて、ニュートラルで穏やかな状態をキープできるようになってきました。心より感謝申し上げます。

    またヤギさんのお人柄の素晴らしさにも感謝しております。
    これからもよろしくお願い致します。

    • ヤギヒロキ より:

      中今さん、コメントありがとうございます。

      中今さんの人生の転換点に、当サイトをお役立ていただき光栄です^^。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!

  13. 真実 より:

    ヤギさん。
    初めまして。

    こんなに貴重な情報を
    無料で公開して下さることに
    感謝申し上げます♬

    『意識』って素敵ですね
    文字も響きも…大好きです。

    1つ。どうしても腑に落とし込みたい事が
    あります。
    日常生活で起きて欲しくない場面が
    繰り返し展開されてしまいます。
    このパターンはもう繰り返すのはゴメンだ!
    と毎回思うのに、またやって来ます。

    意識の変換で現実も望むように
    創造出来るなら
    なぜ不快な事象が繰り返し
    起きてしまうのでしょうか。
    自分では圧倒的に望んでない事ですが
    ぜひ潜在的には、それも
    願い通りなのでしょうか。
    まさか〜そんなこと〜

    もう繰り返したくないです。
    ぜひ、そのシステムを教えてください。

    • ヤギヒロキ より:

      真実さん、はじめまして^^。

      潜在意識には「否定形」が通用しないという話を、お聞きになったことはないでしょうか?

      真実さんは「○○したくない!」と強く意識されている状態です。潜在意識は否定形が通用しないので「○○したくない!」と強く思うほど、潜在意識は「○○がある」という世界を創造し、強化します。

      これが、嫌だと思えば思うほど現実化し、繰り返されるシステムです(汗)

      そのための対策については、以下の記事が詳しいですよ。

      道端ジェシカの引き寄せノートやビジョンボードに効果ない理由

      以上、真実さんの参考になりましたら幸いです^^。

  14. JohnSmith より:

    こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
    お話されている内容はとても素晴らしいと思うのですが、少し腑に落ちない点を質問してもよろしいでしょうか。
    現在の脳科学では人間には自由意志はないという考えが主流と聞いたことがあります。もしそれが正しいとするなら、意識は傍観者であり、自身の行動をコントロールする権限を持っておらず、自分でインプットすべき情報を取捨選択も選択できないことになります。つまり、管理人様の仰る自我の書き換えをする権限を持たないことになります。結果、自分の運命を変えることができるのは環境に恵まれた運のいい人だけになります。
    きつい言い方になって申し訳ありませんが、人間に自由意志がない可能性が十分にあることは管理人様もご存知なはずなのに、全く触れられていないのは少し誤魔化しがあると感じました。

    • ヤギヒロキ より:

      JohnSmithさん、はじめまして。

      では、次回の記事で「脳の自由意志の有無」をテーマに取り上げますね。

      お楽しみに^^。

      • JohnSmith より:

        おおっ!お返事ありがとうございます。しかもテーマに取り上げてもらえるとは嬉しいです。次回を楽しみに待っています。
        なんか私のコメントが少し攻撃的ですね、お気を悪くなさらないでくださいね。youtubeの動画も楽しく拝見させていただいてます。このサイトで主張されている内容とほぼ同じみたいですね。”知人の三宅さん(笑)”は知り合いのお坊さんだろうなあと勝手に想像しています。

  15. まさやん より:

    ありがとうございました❗

  16. しとりん☆ より:

    やぎさま
    本日初めてこちらの記事に辿り着きました。
    (今日は熱が出たので会社を休み、1歳の娘には保育園に行ってもらい久々にゆっくりしています。ネットサーフィンしていて見つけました)
    全記事読みたいなと思いました。
    ありがとうございます。

    ところでこういったことを勉強会やらセミナーやらで教えてくれる機会はないでしょうか?ぜひ参加したいです。

    • ヤギヒロキ より:

      しとりん☆さん、コメントありがとうございます^^。

      当ブログの記事がお役に立てて幸いです!

      現在、セミナーや勉強会を開催する予定はありませんが、もっと本格的に学びたい人のための「オンライン学習の環境」を用意することを計画中です。

      ご興味があればどうぞ^^。

  17. ふくまめ より:

    はじめまして。自信や自己肯定感が低く、グーグルで「自己肯定感」と検索してこのページにたどり着きました。

    本当に最初は、「復縁」で検索しましたが笑

    自己肯定感の上げ方、というとまたポジティブ言葉を使いましょう、とかそういう感じかと思って読んでいったら、全く違う内容で心に響いたので前のめりであっという間に読んでしまいました。

    自分が今見てる「映像」は今まで生きてきた「記憶」と「五感の刺激」によって成り立ち、本当の自分である「意識」はそれを見ている状態、という説明が大変わかりやすくイメージしやすかったです。
    あぁ、だから自分は今までそうして怯えて生きてきたんだな、と腑に落ちることができました。まさに「因縁」ですね。

    いつもいつも誰かの顔色を伺って怯えて生きてきて、人の言うことが正解で自分の思う事、言う事は間違いだと思ってました。
    思えば、結果を馬鹿にされてきたような気がします。
    自分が頑張った事、努力した事はなんとなく「ふーん」とか「それで?」とか言われてチャレンジ精神はまったくなく、人から言われて動くことしかできなくなっていました。
    結果優先の自己否定ベースの生き方でした、、、

    これからは努力優先の自己肯定ベースで生きられるように、3ステップの
    1.内部表現のイメージ
    2.俯瞰して物事をあるがまま見る
    3.「データ収集している」という自覚を持つ
    ことを意識していきます。

    物事をあるがまま見て、受け入れる…ステップ2の俯瞰する力、というところはまだ感覚が掴めませんが少しずつ意識していきます。
    3のところでは、「自分」という映画監督にしか撮れない映像を撮っている、というイメージをしていきます。それならこんな映画もあっていいよね、と思えるような気がします。

    この記事を読んだだけで、だいぶ心が楽になりました。本当にありがとうございます。他の記事も読ませていただき、またコメントさせていただきます。
    ありがとうございます。

    • ヤギヒロキ より:

      ふくまめさん、はじめまして。

      記事をご自身の行動に落とし込まれていて素晴らしいですね。私も嬉しいです^^。

      また、良い報告を聞けることを楽しみにしています!

      この記事が、ふくまめさんの人生創造のお役に少しでもなったら幸いです^^。

  18. ななみ より:

    ヤギさん
    はじめまして。ななみといいます。
    このサイトに出会えて良かったと心から思い、コメントさせて頂きます。
    私も引き寄せの本など読みまくっていましたが、頭ではなんとなく理解できても、ピンとこないものがあったり、サイトを見ていても
    すぐに高額セミナー案内への誘導だったり・・・
    商売だからいいんです。でもね、なんとなく胡散臭くて。
    言ってることは皆同じなんですけどね。
    ヤギさんのサイトには愛があるなとすぐ感じました。
    とても分かりやすくて、凄い!!なるほど!!と声をあげながら
    読んでいます。一言お礼がいいたくてコメントしました。
    ありがとうございます。これからも有意義な記事楽しみにしています。

    • ヤギヒロキ より:

      ななみさん、はじめまして^^。

      当サイトがお役に立てたようで嬉しいです。

      引き寄せの法則をテーマにしたメディアからビジネスの誘導があることについては「良いこと」として捉えるか、または「フラット」に捉えることをおすすめします^^。

      おそらく、ななみさんは「お金を請求すること=私利私欲を満たすため」という観念で捉えていらっしゃいませんか?

      もちろん、私利私欲のためにビジネスをやっている人もいます(汗)ただ、ビジネスによって得たお金を「投資」して、さらに良いサービス(ノウハウなど)を提供するという考えでビジネスをされている方も沢山いらっしゃいます^^。

      私たちが日常に享受している物やサービスは「投資」によって、消費者をより豊かにするための改良を続けています。なので、何でも無料で提供することが、必ずしも良いことではないことをご理解いただければと思います^^。

      このようなことを言うのは、ななみさんに「お金のブロック」ができちゃうからですね(汗)ななみさんご自身が、お金を受け取ることに罪悪感を持ちやすくなり、豊かさを手にすることができなくなるリスクがあるからです。

      「お金を取る=うさん臭い」という観念を手放すことは、ななみさんのもとにお金を引き寄せる一つの方法だと思い、お伝えさせていただきました。

      押し付けがましい内容でしたら申し訳ありません(汗)

      ななみさんのお役に少しでも立ちましたら幸いです^^。

  19. なな より:

    はじめまして。いつも素晴らしい記事をありがとうございます
    私も、実践する場が欲しいので、「オンライン学習の環境」を心待ちにしてます。
    よろしくお願いします!

    • ヤギヒロキ より:

      ななさん、はじめまして。

      オンライン学習の環境、楽しみにしていてくださいね!

      8月に予定しています。環境が整い次第、こちらのブログでご紹介しますね^^。

  20. ちゃん より:

    ヤギさん いつも動画とブログ教科書のように拝見しております・・・
    私は体験型のセミナー&瞑想インストラクターとして独立をしたばかりです。ヤギさんのおっしゃっている「神意識」とは、瞑想でいうところの「純粋意識」との概念と同じかな、と解釈しています。瞑想をやっていると過去の記憶の変更や俯瞰ができるようになってきます。今では過去の嫌な記憶などはほとんど記憶喪失並みになく、嫌な人の存在も忘れてしまいました〜笑 どうしてだろう・・・と不思議に思っていたところ、ヤギさんの解説で色々納得いきました。私としては「ヤギさんで理論を理解」し、「瞑想でその理論を体得」し、そしてそれを日常に生かしている感じです。ヤギさんの理論は抽象的なのにわかりやすいです。これからも面白くためになる情報を公開してください。楽しみにしております! 

    • ヤギヒロキ より:

      ちゃんさん、コメントありがとうございます。

      ちゃんさんがおっしゃる「純粋意識」が、私が定義する「神」であり「本来の自分」なのだと思います^^。

      瞑想をしていくと、肉体側の私(自我)とは「過去記憶と五感情報の化学反応」にすぎず、それを「意識」がメタの位置から見ているという感覚をつかみます。

      脳科学が解明した、人間の認知の仕組みである「内部表現のメカニズム」を見ると、これが間違いのない事実だったことが分かります^^。

      本当の自分とは「純粋意識」であり、肉体側が死んだら、純粋意識は今世で見てきた体験情報を「量子情報(データ)」にして、宇宙(高次元)に持って帰るというのが「量子脳理論」です^^。

      この理論については、科学的にも仮説段階ですが、私は「ほぼ間違いないのでは?」と思っています(笑)

      以上、ちゃんさんの参考に少しでもなりましたら幸いです。今後ともよろしくお願いします^^。

      • ちゃん より:

        ヤギさん、お返事ありがとうございます。まさに瞑想体験で、どうしてだろう?と思った時にヤギさんのブログでその答えが見つかる。。。そのことからして、引き寄せちゃってます。。ちょうど東洋思想の老子の「道・タオ」についても学んでいて「魂は天からの借りもの、借りたものは最後は天に返すものだ」とありました。量子脳理論といい、真実なのだと思います。大変参考になりました。ありがとうございます!

  21. べるりよん より:

    はじめまして、2日前に初めてにお目にかかり、夢中で読ませていただいております。
    私は、幼少のころから時々体験する不思議な感覚があり、年を重ねるにつれあまり出なくなったのですが、つい先日久しぶりに長めの体験をいたしました。
    それは、歩いているときや、座っているときなど日常の行動をしているときに、ふっとリアルな感覚がなくなり、「自分が誰で、ここはどういったシチュエーションなのか突然分からなくなり見えている物に対して何も感じなくなる自分」と「ちゃんとわかっていてその分からない自分をあれ?あれ?と感じているいつもの自分」が二人いる状態になってしまうのです。景色は見えるし、普通に歩けているし、傍目には特に変わった様子はないにもかかわらず。しばらくするとまたふっと現実に戻るのですが。二人の割合はその時々で変わります。この感覚に対して嫌な気持ちはありません。
    今まで、それを「意識をなくす現象」だと思ってきましたが、内部表現の図を拝見し、もしかしたらそれは「意識だけになる現象」なのでは?と思った次第です。

    • ヤギヒロキ より:

      べるりよんさん、はじめまして^^。

      べるりよんさんほど鮮明に「意識だけの現象」になるのは、多くの人には難しいです。

      ただ、自分以外のものに意識を極限まで集中させている時、自我というものは消え「自分とは肉体側ではなく意識の方が主だった」という感覚をつかむことは、誰でも可能です^^。

      肉体側の自我は「過去記憶と五感の化学反応」にすぎず、それをフラットに見ている「意識」が本当の自分。死後は、意識が量子情報になって宇宙(高次元)に帰っていく。

      仮説ですが、これが私の見解です^^。

      べるりよんさんの体験談は、さらに私の説の確信が深まります。貴重なご報告ありがとうございました^^。

  22. cherry より:

    ヤギさん、はじめまして!
    7年近く引き寄せ、スピリチュアル、自己啓発の本を片っ端から読み実践しておりましたが、状況は悪くなるばかり。
    もう全てに絶望し、もうこの世から消えるつもりでいたところ、たまたまこちらを見つけました。
    どうせまた同じような内容・・・とサラッと読んでみたところ、私の求めていた内容の記事が次から次へと。
    食い入るように読ませて頂きました。本当に人生を終わらせるところでした。ヤギさんになんとお礼を言ったらよいか。
    ただただ、感謝の言葉しかありません。本当に本当にありがとうございました!!涙が止まりません。本当に感謝です!!

    • ヤギヒロキ より:

      cherryさん、はじめまして^^。

      コメントありがとうございます。

      当ブログが、cherryさんの人生のお役に立てたことを、心から喜んでいます^^。

      本当に良かったです。

  23. コロコロ より:

    ヤギさん
    こんにちは。
    いつも愛情あふれた記事をありがとうございます。
    読者を想っての文章が、温かく感じるのが、この伝わってくるものの理由が少し分かりました。
    ヤギさんが行き着いた答えにあったんですね。
    最終的には「世界平和の実現」。
    "世界から争いをなくす「答え」"
    の文字にゾワゾワっとしました。
    ヤギさんに実際お会いした事はありませんが、地球人ぽくなくて、宇宙人ぽいのでしょうね…(^-^)
    …宇宙人も会った事ありませんが!

    そういう意識の土台を心に据えて、人生を創造していきたい、と思います。
    とは思うのですが、、
    実際、過去の私は感情を感じないように(傷つかないように)時間をこなしているだけのような生き方をしてきたので、ヤギさんの仰る『嬉しい・楽しい・誇らしい』等の情動にピンときません。
    なので「強烈な臨場感」を持つことが弱い(できない、と表現したくない)と感じています。(涙)
    とにかく、できる事から始めようと、
    自己否定感を減らす事や感謝ノートをつけたりなど、、あと、なるべくブログを読んだりヤギコーチの動画を見たりして情報で洗脳したりしています。

    人生とは何か
    私は何故生まれてきて
    何故生かされているのか
    ずっと知りたいと思っていました。
    ヤギさんのブログで、ようやく、その答えにたどり着くスタートラインに立った気がしています。
    本当にありがとうございます。
    これからも楽しみに読ませて頂きます。
    ありがとうございました。

    • ヤギヒロキ より:

      コロコロさん、いつもコメントありがとうございます^^。

      コロコロさんと私の感覚と似ているからこそ、そのように感じてくださったのだと思います。私は宇宙人でもなく、普通の人間、単なる凡人です(笑)

      感情を蓋して生活を営んでいる人は本当に多いです。これは両親や世間などから、心を傷つけられることが多い「現代の歪み」なのかも知れませんね。。

      当ブログでも何度か登場している「ビパッサナー瞑想」は、自分の心のゆらきを、認識するためのトレーニングとして絶好です。日常生活で歩きながらでできますから最高です^^。

      この瞑想法で、ご自身の内からわいては消えていく「思考、感情、感覚」を、逃さず察知することを習慣にされてみてください。

      自分の心が内観できれば、そこから初めて「どうしたい?」という、変容のフェーズに入りやすくなります。また、過去に体験された「臨場感」も思い出されるかも知れませんよ^^。

      以上、コロコロさんの参考に少しでもなりましたら幸いです。

      • コロコロ より:

        ヤギさん
        こんばんは。
        お忙しい中、お返事をありがとうございます。
        なんとなく気分が落ち気味だったので、本当に嬉しいです。
        ビパッサナー瞑想法、やってみます!
        アドバイスをありがとうございます。

        わたくし事ですか、今日『ギフト』という映画を観てきました。
        難病を患いながら、自分らしい人生を苦しみながら創り、生きる姿に感動するとともに、自分のふがいなさ、というか本当の意味で生(活)きていないもどかしさで、なんとなく心が重くなっていました。
        (自分と人を比べる事は意味のない事とは分かっているのですか…)
        とにかく、ヤギさんから学んでいる事をコツコツやって、自己肯定感を高めてエネルギーを増やしていこう、と思います。
        ありがとうございました❗

  24. ゆめ子 より:

    不安解消の記事も読み、背筋を伸ばしながら自己肯定も読ませて頂きました。
    自己肯定を色々、検索してますがヤギさんの考え方ははじめてです。
    ワタシは強迫症を患ってますが治したいと思ってます。自己肯定感をえられたら強迫からも遠ざけると思ったからです。
    ワタシは、どうしてだか。イジメや性犯罪や戦争で弱者に対して酷いことが出来る人間がいる!ということが不思議でいます。
    そんな世の中が悲しいです。
    ヤギさんの読んで、過激な映画・ドラマ・暗いニュースが世の中に飛び交っていてワタシの頭の中で恐怖になっているのかな・・と思いました。
    最近では道ですれ違う人が敵に思うこともあります。疲れるしそんな自分が嫌です・・。
    バーチャル世界と書いてあったのはコレと同じですか?
    (映画を視覚でとらえたことや、文章を読んで恐怖を想像したこと=他人は敵で気をつけなきゃ!)

    自己肯定を持てれば恐怖にフォーカスせず、他人にもフォーカスしないから楽に生活ができますかね?

    • ヤギヒロキ より:

      ゆめ子さん、コメントありがとうございます。

      ゆめ子さんのお気持ち、とても良く分かります^^。

      私自身も、人間の「嫌な部分」に敏感なタイプで、知らずのうちに他人を裁き、人が恐くなった経験があります。

      人を裁けば裁くほど、人間嫌いになり、他人を避けるようになってしまうので、日常生活がとても辛い状態になってしまいます。

      ちなみに、なぜ、酷い行為をする人が存在するのか?その原因は、彼らの「過去記憶」にあります。

      この記事にも書いていますが、人間は「過去記憶」が「五感刺激」によって反応し「独自の映像」を創造し、現実世界に投影しています。これを「内部表現」と説明していますよね^^。

      つまり、酷い行為をするのは「過去記憶」によるもので、ある意味、とても苦しく辛い過去を体験している人が多いのです。

      一般的に言う「人間の酷い行為」とは「欠乏感」から来ており、欠乏感とは「今の自分では足りない&ダメ」という「自己肯定感の低さ」から来ています。

      つまり、自己肯定感の低さがきっかけに、他人を傷つける酷い行為につながります。

      ちなみに、人の自己肯定感を下げる原因は何かというと、親や世間によるものがほとんどです。つまり、酷い行為をする人々を生み出すのは「全体の責任」だということですね。

      ここに、人類が気づいて、他人を尊重し大切にし、みんなが高い自己肯定感で生きることができれば、酷い行為をする人々は自然といなくなります^^。

      なので、ゆめ子さんは他人を裁くことを極力やめて、今は、ご自身の自己肯定感を高めることだけに意識をフォーカスしてください。

      ゆめ子さんの自己肯定感が上がれば、ゆめ子さんは近しい人に今以上に優しくなれ、近しい人の自己肯定感を上げる助けができます。

      その連鎖が続けば、みんなの自己肯定感が上がり、勝手に世界は平和になっていきます^^。

      以上、少しでも参考になりましたら幸いです。

  25. りこ より:

    今日また自己肯定感を下げてしまい、
    出来事や人に洗脳され
    自分を責め周りにも八つ当たりで醜い私でした。
    寝れず、この記事見てみなさんのコメントと、
    ヤギさんの返信と
    いい大人が泣いてしまいました。
    悲しいからではなく、
    まるで慈母のよう。暖かい。そう感じたからです。
    昔友達がキリスト教に入信していて私にも勧めてきました。
    神の話になって、私は自分自身の中に神がいて
    神がいると信じることは自分自身を信じること、
    神=自分自身じゃないのかな?だから私は入信しないと
    子供だったのにすっと出てきて、
    言った事を思い出したからでもあります。
    俯瞰して見るのは、慈母のようですね。
    書籍か電子書籍などなってくれたらなあって思います。
    ありがとうございました。

    • ヤギヒロキ より:

      りこさん、コメントありがとうございます。

      嬉しいお言葉をいただき、ありがとうございます^^。

      でも、それは皆さんや私のコメントがどうというよりも、りこさんの心(意識)が、そのように感じさせたのだと思います。実際、当ブログを読んでも、りこさんとは真逆の解釈をして「批判」などをしてくる人たちもいらっしゃいますので^^、、

      つまり、りこさんの「心の反映」だと思います。

      もしかすると、りこさんの心が求めているというか、りこさんの心にとって居心地の良いエネルギーというか、世界に近いのかも知れませんね^^。

      りこさんは、ご自身の状態を客観的に見て、認知されているので、原因をつかみ、癒し、手放すという流れにスムーズに乗れる方だと思います。

      嬉しいコメントありがとうございました!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています