こんにちは、ヤギです。

 

 

世間では「引き寄せの法則は嘘」という声も多く
引き寄せの法則の肯定派と否定派がいます。

 

 

ちなみに、

 

私は『引き寄せの法則は本当』だと考えていて
根拠をもって説明もできます^^。

 

ただ「引き寄せの法則」という言葉が誤解を生み
効果を実感できない人を増やしたとも考えます。

 

 

そこで、引き寄せの法則の本当のやり方を、
『脳科学』の視点から暴露していきます。

 

 

これを知れば・・・

 

引き寄せの法則を実践して効果がなかった人も、
「本当にあったんだ!」と確信できます。

 

また、引き寄せの法則の効果を体験した人も、
まぐれではない「本物の方法」が分かります。

引き寄せの法則は嘘じゃない!メカニズムを脳科学で説明しよう

 

引き寄せの法則を脳科学で解説

 

「引き寄せの法則が嘘くさい」と言われるのは

 

『引き寄せ』

 

このネーミングに原因があると考えています。

 

 

ちなみに、私は引き寄せの法則を『臨場感の法則』と呼びます。

 

 

臨場感とは「実際にその場にいるような感じ」という意味で、
『リアリティの法則』と呼んでも良いですね。

 

 

脳科学では昔から言われていることですが、

 

脳にとって「現実 or 非現実」はどーでも良く、
臨場感の強さで「リアル」と判断するだけです。

 

 

一応、脳は以下のように区分はしてますよ。

■ 私たちが普段生活をしている「物理空間(現実)」
■ 脳内イメージ、映像、音、文字などの「情報空間(非現実)」

でも、脳にとればそんなのどっちでも良くて、
臨場感の高い方を「現実」として選ぶだけです。

 

 

例えば「ホラー映画」を見てドキドキしたり、
手が汗まみれになるのはどうしてでしょう?

 

 

映画ってスクリーンに映った「光の集まり」にすぎません。

私たちは「映画=非現実」って分かってるのに
どうしても体が反応してしまう。

 

 

これは、脳が『臨場感=現実』という物差しだけで働き、
それに合わせて、心と体の状態を決めている決定的な証拠です。

 

 

脳が現実だと思ったことに「心と体の状態」が最適化され、
あなたの命を守り、安全に生きられるように調節されます。

 

 

この働きを・・・

 

『ホメオスタシス(恒常性)』

 

と言い、間脳にある「視床下部」が司っています。

 

 

例えば、

 

あなたが暑いと思うと汗をだして体温を下げて、
寒いと思えば毛穴を閉じて体温を保つのも
ホメオスタシスの働きです。

 

 

また、ホメオスタシスは、肉体だけでなく「心」にも働きます。

 

例えば、人前で話すことに慣れていない人が
スピーチに恐怖するのもホメオスタシスの働きです。

 

 

そして、脳はこの「ホメオスタシス」を基準に、
あなたにとっての「快適な領域」決定します。

 

これを・・

 

『コンフォートゾーン』

 

と言います。

 

 

人間にとって一番の優先事項は
引き寄せではなく『死なないこと』です^^、、

 

 

ホメオスタシスとコンフォートゾーンは、
あなたの命を危険から守るための機能なんです。

 

だから、脳はホメオスタシスとコンフォートゾーンを最優先し、
そのために重要な情報ばかりを集めます。

 

 

これを・・・

 

『RAS(網様体賦活系)』

 

と言います。

 

 

ところがです。

 

RASは、重要だと思う情報以外は見ないため、
たとえ目の前にあっても「ないこと」にしちゃいます(汗)

 

 

これが、

 

『スコトーマ(心理的盲点)』

 

です。

 

 

長くなったので、まとめると・・・

Point
・脳が「現実」だと判断する基準は「臨場感」だけ。
・脳が選んだ現実に合わせて「心と体の状態」が最適化される。(ホメオスタシスとコンフォートゾーン)
・脳は、ホメオスタシスとコンフォートゾーンを死守するために「必要な情報」しか見なくなる。(RASとスコトーマ)

ここから、引き寄せの法則の『本当に効果的なやり方』が見えてきます^^。

引き寄せの法則の効果を体験する「たった1つの方法」はこれだ!

引き寄せの法則が本当に叶う方法

 

今までお話した「脳の習性」を知ってしまうと
引き寄せの法則の効果的な方法が見えてきます。

 

 

あなたの夢を現実に引き寄せる方法とは・・・

 

 

『現状の臨場感<夢が叶った未来の臨場感』

 

 

こうなるように『脳を騙す』ことです。

 

 

ほとんどの人が、引き寄せの法則を体験できないのは、
未来の臨場感が、現状の臨場感に負けちゃうからです。

 

いくら、豪邸や高級車の写真を眺めようが、
私は大金持ちだとアファメーションしようが、
現状の臨場感が勝ってしまうと効果はないです。

 

 

私が、引き寄せの法則を『臨場感の法則』と呼ぶのは、
これが理由なんですね^^。

 

 

『でも、現状のリアリティに勝てるわけないよ』

 

 

そこで次回は、

 

願望が叶った「未来の臨場感」をグーンと上げて
現状の臨場感に影響されない『脳の騙し方』を公開します。

 

 

楽しみにしていてくださいね^^。

 

 

コメント一覧
  1. 齋藤 より:

    こんばんは
    私も引き寄せの法則を知ってから大なり小なり引き寄せて来ました。
    引き寄せの法則は、ある!と自信を持って言えますし、振り替えるとやはり実現したことは臨場感を伴っていたと思います。
    そこで質問です。
    自分の身の回りだけでなく、ニュースで流れるような世の中の出来事も実現した臨場感が伴えば実現すると思いますか?
    例えば、選挙で支持した候補者が当選するとか、スポーツで応援したチームが勝つとか。
    ヤギ様の見解を教えてくださいませm(_ _)m

    • ヤギ より:

      齋藤さん、コメントありがとうございます。

      自分の意識が相手に伝わる「波動の法則」のように、相手に影響を与えることはあり得ると思います。

      ちなみに、これを科学的に実験した人が、プリンストン大学のロジャーネルソン教授です。彼は「人々の集合意識」が、地球に起こる出来事と関係性があるかを調査して「わずかな力だが影響を及ぼし合っている」と結論付けています。

      以上から「あるけど、その力は限定的である」と、私は考えています。

      それよりも「自己催眠」の方が強力だと思いますよ。例えば「ドッキリ番組」が分かりやすいですが、周囲が演じて相手を騙せば、相手はその世界を「真実」だと思い込みますよね。そして、その真実に従った、自分のセルフイメージ、思考、感情、行動になっていきます。

      つまり、周囲が「催眠術師」になり、相手をその気にさせて「自己催眠」に入れさせることが、最もパワフルな方法だと、私は考えています。

      参考になりましたら幸いです^^。

  2. shin より:

    はじめまして。shinといいます。
    最近、自分に必要な情報がバンバン入ってくるようになり、ちょうどその時にこのサイトに出逢いました。
    毎日、現状を変えたくて必死に読んでます。
    「過去は幻想」「時間は未来から流れる」
    長年、ずっと心のどこかで悔いてたことが全て吹っ切れました。
    本当にありがとうございます。

    • ヤギ より:

      shinさん、はじめまして^^。

      過去は幻想であり、過去とはご自身が自らで行った「意味づけ」による創作物です。つまり「全て勘違い」です。全てが勘違いなら「望ましい未来」を好きに描き、そこだけに意識をフォーカスして生きた方が楽しいですよね^^。

      shinさんの参考に少しでもなりましたら幸いです。

  3. リン より:

    初めまして。大変楽しく拝見させていただいていますありがとうございます。
    たくさんの書籍やブログを読んできたつもりですが、ヤギさんのお話でようやく私の頭の中で一貫性のある宝の地図のようものに出来上がった感じがしています^ ^
    私は望みよりなぜか必ず陥ってしまう状態がどうしても私のコンフォートゾーンに設定されているのだなと痛感しました。恐るべし脳科学‼︎
    それで質問なんですが、ヤギさんは「妄想」をどう捉えていらっしゃいますか?
    私は妄想をしてしまう時、臨場感は感じていると思います。また、特定の状況や人を望むのではなくその時感じる嬉しさや穏やかな幸福感などの感情を受け取る事にしているつもりです。ですが妄想は引き寄せないと聞いていました。そして私にはまさにその通りです^ ^
    ヤギさんの中で臨場感やアファメーション、妄想はどう定義されていますか?
    よろしければお聞かせ下さい。

    • ヤギ より:

      リンさん、はじめまして。

      当ブログがお役に立って幸いです^^。

      おっしゃるとおり、アファメーションでも妄想でも、どちらでも「臨場感」を伴わせることは可能だと思います。ただ、一番の相違点は「現実化させるために行動したい」という「want to」の有無ではないでしょうか?

      妄想の場合は、その場でボーっと思いふけるだけで、行動しようという動機がないと思います。逆に、アファーメーションの場合は「現実化したい!」という行動の動機が前提にあります。この違いだと思います。

      引き寄せの法則を勘違いしている人の中には、待っているだけで願望が引き寄せられるといった誤解をされている人がいますが、やはり行動しないとダメです。それこそ「妄想」になりますので(汗)

      この世は「時間と距離」という物理的な制約がある世界です。意識するだけで現実を変えられるのは、距離も時間も存在しない「死後の世界(量子の世界)」です。それは臨死体験者の証言からも垣間見えますね^^。

      ちなみに「want to」で生きることの重要性については、以下の記事が詳しいです♪

      http://ikiruimi.jp/life/negativemind-kaizen/

      以上、リンさんの参考になりましたら幸いです^^。

  4. 匿名 より:

    ホラー映画を見て脳が恐怖を感じて手に汗をかくことと
    豪邸や高級車や金が転がりこんでくることは全然違うものだと思うのですが…。
    脳と手は神経で繋がってるけど
    脳と金・車・家は物理的身体的に何も繋がってないですよね。
    実際ホラー映画を見たって手に汗はかいても
    ホラー映画の登場人物と同じように幽霊やオバケを引き寄せて
    怖い体験を実際にさせられるわけでもないですし。
    結局臨場感を持ってイメージしても車に乗ったような気分になって手に汗をかいたりするだけなのでは?

    • ヤギヒロキ より:

      匿名さん

      例えば、ホラー映画を見た後にお風呂に入るのが恐くなるというケースがあると思います。この臨場感が強い人ほど「自己催眠」によって心霊現象を自作することは良くあることです。

      これが「臨場感=その人にとっての現実」である根拠の一つになります。

      ただ、おっしゃるとおり、臨場感とは「現実世界においてリアリティを上げるための手段」にすぎず「行動」が伴わなければ現実は変わりません。

      いくら高級車を乗っている臨場感を高めても、高級車を手にするための「行動」がなければ、引き寄せることはありません。

      ただ、臨場感が高まれば高まるほど「現状と理想のギャップに違和感を持ち、行動したくてたまらなくなる心理状態」になります。

      臨場感を上げるスキルとは、その状態を作るための手段に過ぎません。

      以上、参考になりましたら幸いです^^。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています