こんにちは、ヤギです。

 

夢を自動操縦で叶える方法

 

を発見しました(笑)

 

 

実は、60年代あたりから、
脳神経学者が唱えている説があります。

 

 

それは・・・

 

脳のメカニズムを調べてみたら
私たち人間には「自由意志」がなく、
意志の前に「脳」が行動を先に決めていた(汗)

 

っていう、驚くべき説です。

 

 

実はです。

 

今から明かす「夢を自動操縦で叶える方法」は、
そんな「人間に自由意志はない」という説を
逆利用したテクニックです^^。

 

 

この方法を知らないで生きると・・・

 

脳神経学者たちが言っているように
自由意志がほぼない人生で終わります(涙)

 

 

なので、自分の意思で未来を創造したい人は、
今回の記事は必ず読んでくださいね^^。

人間に自由意志はない!運命は決まっていると言う人の根拠とは?

 

人間に自由意志がないという説は、
生理学者ベンジャミン・リベットの実験が有名です。

 

 

どんな実験かというと、

 

被験者に「好きな時に手首を動かして」と伝え、
手首を動かした瞬間の「脳の状態」を調べるというもの。

 

 

で、調査した結果・・・

 

「手首を動かせ!」と意識する0.5秒前に、
すでに脳が手首を動かす準備をしていた(汗)

 

 

フローチャートにすればこうです。

①脳が「手首を動かす準備」を完了
②意志が「手首を動かせ!」と命令したと錯覚
③手首が動くので、より自分の意志で決めたと錯覚する

実験の結果、自分の意志で決定したのではなく、
過去の体験をもとに作られた「脳の配線」
行動を決めていたことが判明したんです。

 

 

ちなみに「脳の配線」とは脳科学的に言うと
「ブリーフシステム」のことです。

 

 

ブリーフシステムとは・・・

 

「強い常道(感情の動き)」が伴った
「過去の体験」から作った「思い込み」です。

 

 

例えば、幼少のころ、

ゴキブリで恐怖した体験をした人が、
大人になってもゴキブリを恐れるとかがそう。

 

 

「私はゴキブリにあうと、えらい目にあうー!」

 

そう信じた結果、ゴキブリから身を守るため、
脳に配線を作り、瞬時に回避するワケですね。

 

 

つまり、ブリーフシステムとは
あなたを守るための「愛」とも言えます^^。

 

 

でもね、ブリーフシステムが働きすぎると・・・

 

「愛」という光の側面よりも
「支配」という闇の側面が目立っちゃう。

 

 

特にね、

 

平和な現代人は、命の危険がない物事に対しても
ブリーフシステムを適用しすぎちゃって
身動きが取れなくなってます(汗)

 

 

で、勘の良い人は気づいたと思うけど、
ブリーフシステムって「過去の延長」なんです。

 

だって、強烈な常道が伴った
過去の体験で作られた反応だからですね。

 

 

ということはですよ・・・

 

人間に「自由意志」がなくて
過去に行動を支配されているのなら、
未来も「過去」と同じままの確率が濃厚。

 

 

これが、人が変われない真相だったんです(涙)

人間に自由意志はある!運命は変えられることが判明した?!

 

ヤギさん・・・

 

未来が過去の延長にすぎないなら
人生を変える自己啓発とかウソじゃん!

 

 

いいえ、そう決めつけるのは早いです(笑)

 

 

実はです。

 

人間には「自由意志」があった。

 

しかし「未発達」ということが
近年の実験で判明したんですよ^^。

 

 

フローチャートで言うと・・・

 

①脳が「手首を動かす準備」を完了
②意志が「手首を動かせ!」と命令したと錯覚
③意志が「ダメ!手首を動かすな!」と拒否できる
④手首を動かさないことが、自由意志によって確定する

 

脳がブリーフシステムを基準にして
行動を準備するのは変わらないけどね、
それを察知して拒否できることが判明した。

 

 

ただし、拒否できるリミットは
0.2秒~1秒だけです(汗)

 


つまり、タイムリミットを超えると

過去の延長上の行動(思考)に引きずらちゃう。

 

 

これはね・・・

 

普段からボーっと「無意識」に生きてる人ほど
自分の性格や現実を変えられないっていう
ヒジョ~に「厳しい事実」と言えます。

 

 

脳神経学者の「リューダー・デーケ教授」は、
数々のメディアや講演でこう語っています。

人間は本来、自由意志を持った存在だが、その意志は完全には発展していない。自由意志を成長させるために努力を繰り返し、正しく訓練していけば、自由意志は次第に完全なものとなっていく。逆に、自由意志を悪用すれば、その自由意志はその力を失い、最後には人間は無意識の世界の虜となる。

デーケ教授の発言を簡単に言うと・・・

 

「無意識の反応」を察知する習慣をつければ、
「自由意志の力」はどんどん発達するので、
「未来は自由に創造可能」ってこと^^。

 

 

では、自由意志の力を発達させるには
具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

 

実は、誰でも簡単にできちゃう方法があります。

自由意志を発達させる!運命を変える超簡単な方法とは?

 

自由意志の力とは・・・

 

過去体験で作った「ブリーフシステム」をもとに
脳が行動(思考)を準備した”その瞬間”を
逃さず察知する能力のことです。

 

 

実は、察知する能力を高める方法は、
過去記事でお話したことがあります。

 

 

「ビパッサナー瞑想」です。

 

 

お釈迦さまが悟りを開けたのは、
この瞑想のおかげとも言われるほど。

 

 

ビパッサナー瞑想の原理は簡単で、

 

普段なら無意識にスルーしている
体感覚、思考、感情を意識するだけです^^。

 

 

これを習慣にすることで、
ブリーフシステムの発動に気づく力がつきます。

 

 

例えばです。

 

 

ブリーフシステムの発動によって怒りがわき、
相手を殴りたくなったとします(汗)

 

でも「怒りの感情がわいた!」と察知できれば
相手を殴るという行動を避けることができます。

 

 

「察知=行動の拒否権」だから。

 

 

結果、察知の力があったおかげで、
この人は警察のお世話になることなく
平穏に事をすませることができました^^。

 

 

これが「自由意志が発達した人」です。

 

で、ビパッサナー瞑想で好きに鍛えられます。

 

 

ビパッサナー瞑想は、歩いているときや
用事をしているときなど「ながら」でできます。

 

なので、思考や感情に振り回されやすい人ほど
日常生活に取り入れてください。

 

 

「殴った世界」「殴らなかった世界」

 

パラレルワールドを自由に選択できる力、
そう言っても過言じゃないほど人生が変わる。

 

 

ビパッサナー瞑想の具体的な方法は、
以下の記事をチェックしてみてくださいね。

 

詳細記事:本当の自分を知る瞑想のやり方

脳のメカニズムを逆利用して勝手に夢を叶える方法

 

お待たせしました(笑)

 

今から「脳の準備」を逆利用することで
夢や願望を自動操縦で叶える方法を明かします。

 

 

それは「ゴール設定」です。

 

 

な~んだと思われたかもですが・・・

 

夢や願望と真逆の人生を自動で歩んじゃう人は
脳内が「望ましくないゴール設定」だからです。

 

 

だから、脳内のゴール設定を変えることは
自動で「望ましい方向」に行くには必須です。

 

 

ちなみに、夢や願望と真逆に向かわせるのは
過去に作った「ブリーフシステムが犯人」でしたよね?

 

でも、ブリーフシステムは「頑固な癖」だから
簡単に消し去ることはできません。

 

 

そのため、2ステップを踏む必要があります。

Point
・STEP1
ビパッサナー瞑想で鍛えた「察知」で、 自分のブリーフシステムに気づき拒否する。

 

・STEP2
拒否によって失敗行動が止まるので、 設定したゴールに向かう行動に切り替える。

このステップを常に頭に入れて繰り返せば
設定したゴール側の重要度が高まっていきます。

 

 

なぜなら・・・

 

毎回、ゴールに向かって軌道修正する行為って、
ゴール側の方が重要だっていう「意志表明」を
繰り返してるのと同じことだからです^^。

 

 

「でも、ゴール設定ってどうやるの?」

 

今からゴールを設定するための
3ステップを公開していきましょう。

人生が変わる!誰も教えなかった「本当のゴール設定」の3ステップ

ステップ1:あなたの「ブリーフシステム」を把握する

 

あなたが過去に作ったブリーフシステムを
簡単にあぶりだす「1つの質問」があります。

 

 

それは・・・

 

「○○したいけど、○○できない」

 

この○○に入るのは何ですか?
自問自答してください。

 

 

例えば・・・

 

ゴキブリを恐れない自分になりたいけど、
ゴキブリを恐れない自分になれない。

 

って感じですね^^。

 

 

したいのにできないっていう「葛藤」って、
恐怖や不安の「強い情動」が伴った
過去体験から作られています。

 

 

前述したように・・・

 

恐怖や不安って「身の危険」なので、
あなたの命を守るために「脳に配線」を作り
無意識でも自動で回避できる「愛」なんです。

 

でも、愛が強すぎると「支配の側面」が目立つ。

 

 

だから、上記の質問によって
不要なブリーフシステムをあぶりだし、
あなたの願望実現に邪魔なものを把握します。

 

これが最初の第一歩です^^。

 

ステップ2:ブリーフシステムの逆の結果をゴールに設定する

 

ブリーフシステムの反対とは・・・

 

「ゴキブリに恐れない自分」
ゴールに設定するってことですよね^^。

 

 

「それができないから困ってるんだよ!」

 

 

いえいえ、大丈夫^^。

 

 

ゴールの「抽象度」を上げる。

 

そうすることで「ゴキブリは恐くない」という
新しい脳の配線(認知)が作られます。

 

 

ゴキブリをゴキブリと認知しているうちは
ブリーフシステムの支配から抜け出すのは困難。

 

なので、ゴキブリの抽象度を上げます^^。

生き物 (抽象度大)
昆虫(抽象度中)
ゴキブリ(抽象度低)

ゴキブリを「ゴキブリ」と認知せずに
「生き物」と認知できたらどうでしょうか?

 

かわいい犬や猫も「生き物」ですよね?

 

つまり、ゴキブリも犬や猫と同じものになり、
認知の幅が広がっちゃうんです。

 

 

すると・・・

 

あれ?同じ生き物である
犬や猫だったら恐くないのに、
ゴキブリだけ恐がるのっておかしくない?

 

だって、同じ生き物だもの(笑)

 

 

このように、新しい認知ができることで、
新たな脳の配線が生まれ楽になってきます^^。

 

 

さらにです。

 

例えば、ゴキブリが恐い真の理由が
「驚かされること」だったとしたら・・・

・背後からの「ワッ!」
・ジェットコースター
・びっくり箱
・クラッカー

抽象度を上げれば上記のものと同じです(笑)

 

もし、上記が恐くないなら、
ゴキブリも平気じゃんかっていう
新たな認知が脳に作られていきます^^。

 

 

この認知を持ってゴキブリに出会ったら・・・

 

「恐い」のブリーフシステムを察知で止めた後、
抽象度を上げてゴキブリを見ることができます。

 

すると、以前より恐くない自分に気づきます♪

 

 

物事を、抽象度を上げて見られる人ほど、
恐怖に囚われずコントロールが可能になる。

 

これは、近年の「認知科学」で明らかになった
ブリーフシステムの解除方法です^^。

 

ステップ3:ゴールを達成している自分を高い臨場感でイメージする

 

「ゴキブリの恐怖を克服する」といった
スケールの小さなゴール設定はダメです(笑)

 

「今の自分ではムリだわ!」って思うほどの
スケールのでかいゴールを設定してください。

 

 

例えば、武道館1万人の前で
恐怖せず堂々とプレゼンする自分がいて、
終わると1万人の聴衆が拍手喝采をしている。

 

このようなビッグなものが理想です^^。

 

 

あなたが「できたら最高だろなー!」と
ワクワクする大きなゴールを設定してください。

 

 

ちなみに「現状の自分じゃムリ!」と思う
大きなゴールを設定する理由はね・・・

 

 

脳のRASを拡張するためです。

 

 

RASとは「重要と思っている情報以外」は
視野に入れなくして、遮断するシステムのこと。

 

つまり、現状の自分を超えたゴール設定で、
RASによる情報制限(情報統制)を
外しちゃうワケです(笑)

 

 

すると面白いことに・・・

 

あなたはゴールを達成するために
必要な情報が目に入るようになります。

 

今までないと思っていたことが、あったことに気づく(笑)

 

 

そうなれば、脳内がゴール達成のための
情報データベースに書き換わっていきます^^。

 

 

・ゴールを達成したい「強い情動がある」ほど
・ゴール達成のための「情報が脳に増える」ほど

 

あなたの脳は自動操縦で
あなたをゴールに導いてくれるようになります。

 

 

そうなった頃には、ゴキブリが恐いとかの
ちっぽけことはどーでも良くなってます(笑)

 

 

前述したフローチャートで言うと・・・

Point
①脳が「ゴールに進む準備」を完了
②意志が「ゴールに進む」と命令したと錯覚
③意志が「そのままでOK」と拒否せず受け入れる
④ゴールに進むことが、自由意志によって確定される

という感じになっていくワケです^^。

 

 

でも、ヤギさん・・・

 

デカすぎる目標はリアリティがないから
それを現実化できる気になれないんじゃ?

 

 

いえいえ、実はね・・・

 

人間は「物理空間」も「情報空間」も関係なく
臨場感が高い方を「リアル(現実)」とします。

 

 

で、人間がリアルを感じる方程式があります。

 

それが「I×V=R」です。

I:イメージ(心の中で描いた像)
V:ビビッド(鮮やかさ)
R:リアル(現実)

恐い夢を見たら、夢だと分かった後でも
恐怖を引きずりますよね?

 

これは「I×V」が強烈で「R」を感じてるため。

 

 

つまり「夢を見ている状態」
できるだけ近づければ良いってことです^^。

 

 

具体的な方法はこうなります。

 

①できるだけ「鮮明なイメージ」をする。
②ドキドキ感などの「情動」を使う。
変性意識(トランス)に入る。

Point
①できるだけ「鮮明なイメージ」
映画監督のように脚本を作って細部までこだわってイメージをする。

 

②ドキドキ感などの「情動」を使う
過去に体験した「嬉しい、楽しい、気持ち良い、誇らしい」といった体感覚(ドキドキ、胸が込みあがる、高揚感、鳥肌、頭がフワ~ッとなる等)を思い出してイメージに貼り付ける。

 

 

③変性意識(トランス)に入る
入浴中やマッサージ中、寝落ちする瞬間などの「現実と非現実の狭間」にいる状態に入ること。そうすることで顕在意識を弱め「否定」を止める。入浴中や寝る前などが入りやすい。

これを何度も繰り返し実践することで・・・

 

RASが「ゴールを達成した未来側」に変わり、
脳の情報データベースもそれにマッチしていきます。

 

 

こうなればこっちのもん(笑)

あとは勝手に、脳がゴールを達成すべく、
あなたの行動(思考)を決め誘導してくれます。

 

 

これが「人の自由意志は未発達という事実」を
逆手に取って自動で夢を叶える技術です^^。

人生を変えるコーチングスキル以上に価値のあるものはない

人生を変えるコーチングスキル

 

自由意志は「0.2~1秒の間」だけで、
これを逃すと過去に支配された人生が続く。

 

残念ながら、これは真実です。

 

 

つまり、この真実を知らずに人生を送れば、
人間は「ほぼ操り人形」で終わります(涙)

 

 

そう考えたらね・・・

 

脳や心のメカニズムを学ぶコーチングって、

この世で「最も価値が高いもの」なんです^^。

 

 

高級な車、洋服、バッグ、アクセサリー・・・

 

このようなものにお金を使って
自己重要感を高めるのも良いですよ。

 

でも「操り人形のまま」では
ホンモノの肯定感は一生得られません。

 

 

人生の主導権を取り戻すこと、
人生の創造主として生きることこそ、
自分をホントの意味で好きになる答えである。

 

 

そんな、かけがえのない価値を
皆さんにお伝えできるのは最高の幸せです。

とてもやりがいを感じる、今日この頃です^^。

コメント一覧
  1. モコム より:

    ヤギヒロキ様
    今回も素晴らしい内容を読ませていただき
    ありがとうございました。
    質問があります。
    般若心経に
    「掲諦 掲諦 波羅掲諦 波羅僧掲諦」
    という文言があります。
    苫米地英人さんがこれを
    「ありたくない とありたい とあるからこそあるのだ」
    と訳されているのですが、これはデーケ教授が説かれる
    「自由意志」と同じと考えてもいいと考えられますか。
    お経に自由意志へのヒントがとかれていたと考えると
    すごく面白いと思うので、ヤギ様の考えをお教えいただ
    けると幸いです。
    いつもいつも素晴らしい記事をありがとうございます。
    これからもますますのサイトの発展を楽しみさせて
    いただきます。

    • ヤギヒロキ より:

      モコムさん、コメントありがとうございます^^。

      苫米地博士がそのようにおっしゃっている事実は知りませんが・・・

      「ありたくない とありたい とあるからこそあるのだ」

      意識が「ある」または「ない」と思うと「ある」が確定すると、私は解釈します^^。

      「ある」と思えば「ある」し「ない」と思うのも「ある」から思うので「全てはある(有)」と。これは、逆説的に言えば、全てあるということは「何もない(空)」とも解釈できます。

      つまり、私たちの「意識」こそが「全てを創造するエネルギー」ということ。だからこそ「意識のコントロール」ができれば、思い通りの現実世界を創造できるってことですね^^。

      意識をコントロールするためには「脳と意識の関係性&メカニズム」を知っておく必要がある。そのように考えて、今回のテーマで記事を書きました(笑)

      少しでも参考になりましたら幸いです!

      • モコム より:

        ヤギヒロキ様

        素早く、そして丁寧なご返信、誠にありがとうございます。
        先の「羯諦・・・」の翻訳文言ですが、「超訳般若心経」苫米地英人著の中に、
        「ありたくないとありたいからこそあるのだ」と平明に訳されていました。不正確で申し訳ありませんでした。
        私の書いた内容から、実相は空であり、意識がどう思うかで相対世界が出現するという解釈をお教えくださり、本当にありがとうございます。
        私はヤギ様が今回の記事で紹介してくださった、デーケ教授が唱えるブリーフシステムを拒否できることが自由意志であるという学説と直接結びつけて、「(それまでと同じで)ありたくない」という意識こそが宇宙を生み出したのではないかと思ったのでした。
        ヤギ様のおっしゃられる通り、空の説明でもありながら、どう世界を意識すると生きやすいのかまでいってくれているのではと思ったのです。
        ヤギ様が教えてくださった、自由意志についてのデーケ教授の学説が、私にとってとてつもなくありがたい知恵だったので、私の解釈と結びつけた時にヤギ様がどう思われるのか知りたかったのでした。
        親切に真摯にお答えくださり、大変ありがとうございました。
        ヤギ様の記事はどれも私の人生を変えていってくれています。
        かけがえのない価値をいただき、感謝いたします。
        ありがとうございます!

  2. 匿名 より:

    脳を生命の本体だと考える現在の脳科学その他は根本的に間違ってるのですよ。
    発生学的に見ても、脳の無い原始生物なんて幾らでも居る訳で、脳が本体な訳ないのです。

    人体と言うのは、皮膚と腸で出来た筒状の物体で、
    皮膚は自分の内外へ「情報」を変換するインターフェイス。
    腸は同様に「物質」を変換するインターフェイス。

    即ち生命と言うのは情報に反応して物質を流動させる「装置」に過ぎません。
    やがて皮膚は、電磁波や空気振動などの一部の周波数に特化した専門受容器官に細分化し、
    情報が複雑化した為、それらを一時的にストックして判断する器官として、神経を脳へと発達させた「二次的な器官」に過ぎません。
    当然、自由意志などありません。
    ただの「反応」です。

    そのモニタリング活動が「自我」として錯覚し、或いは教育情報によって、「私とは」「あなたとは」そして「性格」やら「好み」やら、頓珍漢な洗脳に侵された結果現状に至っている訳ですが、
    そんなものはハナからありません。

    苫米地理論は勿論、その他の脳科学が現在路頭に迷っている事も始め、
    或いは医学や法、社会通念が「脳」を「私の在処」と勘違いしている限り、どこまでも間違ったまま、どこにも行き着きません。

    脳は単なる情報処理器官で貴方はそこに居ません。
    そして貴方なんてものはありません。

    • ヤギヒロキ より:

      匿名さん、コメントありがとうございます^^。

      将来、匿名さんのおっしゃることが真実だったと確定する日が来るかも知れませんね。ただ、現時点では、匿名さんの説は「仮説」に留まるかと思います。もちろん、私の説も「仮説」と捉えてくださって結構です^^。

      ただ、同じ仮説であるなら、私は「自由意識がある」という立場で人生を楽しみます。なぜなら、自由意志がないと信じ生きることは「人生における責任の放棄」につながる危険性を感じるためです。

      実際、人間に自由意志はないという情報を与えられた人は、モラルに反する行動をする傾向にあったことが実験で判明しています。「私には自由意志がないから犯罪も私の責任ではない」という理屈に至り、エゴを重視し、他人に協力することをやめる傾向にあるそうです。

      もし、同じ人間が「自由意志はないと信じた人生」と「自由意志はあると信じた人生」のパラレルワールドに生きたとき、きっと「異なる人生」を送ることになると思います。そうであれば、私なら「後者」を選び生きます^^。

      実際、私はコーチングによって自分の性格や世界を変えてきた確信があります。匿名さんからすれば「それも錯覚」とおっしゃるかも知れません^^。

      しかし、それでも私は「人間の意識が万物を創造している。意識の力で、自分の性格も現実も変えることができる」と思って生きたいと思います。

      まあ、どちらで生きても自由ですよね。おっしゃるように「全てが幻想」なら尚更です(笑)

      おもしろい視点をいただき、ありがとうございました^^。

  3. ハジメ より:

    前回の投稿から少し時間が空いていたので「どうしたのかな?仕事忙しいのかな?もしかして入院?」などと心配してしまいました。よかったです。このホームページに 来ている時だけは何かから解放されているような気がします。もう少しで心の扉の鍵が合いそうな気がします。「死にたい」で検索してたどり着いてずいぶん楽になりました。質問ではないのですが感謝の気持ちを書いてみました。

    • ヤギヒロキ より:

      ハジメさん、コメントありがとうございます。

      ご心配していただき、ありがとうございます。普通に元気にしております^^。

      当ブログが、ハジメさんの心の助けになって幸いです。また、感謝を表明いただきありがとうございます。それによって、私もハジメさんからエネルギーをいただきました。こちらこそ感謝します^^。

      今後ともよろしくお願いします!

  4. ぐでたまこ より:

    更新を心待ちにしていました!
    きょうは、1ヶ月ぶりの休みで……やることが溜まっているのにダラダラ……そんな自分にイライラ……みたいになりながら、記事を読みました。
    武道館の例が出てきましたが、ちょうど昨日、武道館でライヴを観てきたところで、シンクロと同時に、とても愉快な感覚で符に落ちました!
    最近、進めていたのに急にヤル気が半減したことがありましたので、ビッグな想像で突き進もうと改めました。
    途中で諦めると脳にそういう回路ができてしまうと聞いたことがあり、とりあえずなんでもヤりきるようにはしているのですが、元来、怠け者でルーズなので、常に、夏休みの宿題を最後の日に終わらせようとするような感じです。
    あと、想像した時などにそれにまつわる情報が入ってきやすくなるのは、単に脳がそれを見つけるということでしょうか?
    最近では、会いたい人のことを考えたら、続け様に、テレビや看板などでそのひとの名前や私がつけたアダ名(こっそりつけた)を見たり聞いたりしました。会いたい人の名前を、ただ見聞きするだけでは余り意味を感じませんでしたが、目標とする仕事などに置き換えた場合は、有益な情報が入ってきやすいということだと解釈しました。合っていますでしょうか?

    また、動画とブログたのしみにしています!ありがとうございました!

    • ヤギヒロキ より:

      ぐでたまごさん、コメントありがとうございまうs^^。

      想像したことに関する情報が入ってくるのは、意識が想像したものが「重要度」としてRASが働くからだと思います。あとは、ふと想像したものが潜在意識にある「思い」のため、潜在意識のさらに深層にある「集合無意識」に働きかけ、関連の人や物事とつながることもあり得ます。

      いわゆる「シンクロニシティ」と言われるものです^^。

      以上から、潜在意識レベルで「本当の夢や願望」を定着させることで、RASやシンクロによって、夢実現の助けになる人や物事とつながりやすくなるワケです。

      以上、参考になりましたら幸いです^^。

  5. kaori より:

    久しぶりにヤギさんの記事が読めて嬉しいです!
    最近は、自分の未来を書き換えていこうと前向きに考えているとことごとく悪いことが起きてへこんでいたのですが、今回の記事はとても参考になりそうです。
    諦めずに実践し続けてみます、いつも勉強になる有益な記事を本当にありがとうございます。暑くなってきますのでご自愛くださいね。

    • ヤギヒロキ より:

      kaoriさん、コメントありがとうございます^^。

      望む未来を書き換えようとしたら、悪い出来事がことごとく起こるという状態なのですね(汗)

      潜在意識が「望む未来へ移動しても良いのか?」と問いかけているのかも知れませんね。望む世界へ移動する「過渡期」と前向きに捉え、乗り越えていただると幸いです^^。

      お気遣いいただき、ありがとうございます!

  6. ナナ より:

    ヤギさん、お久しぶりです。以前、夫の不倫時に波動の共鳴でアドバイスを頂いたナナです。その節は私の心を救って頂き本当に感謝しています。
    私自身、内観する事に喜びを感じるようになり、なんと、夫も私の元へ戻ってきました。むしろ、以前より深い愛での結びつきを生まれて初めて感じています。とっても幸せです。そして、この幸福感は夫が戻ったからではなく、自分を愛するようになったことで得たものです。
    そのように自分が変わった事で夫が戻ると言う現実を引き寄せたのだと思います。
    今回の記事も含め、今はヤギさんの仰る事がスーッと心に入るようになりました。
    私は車の運転が怖くてペーパードライバーの後、免許更新せず失効したのですが、現在、生活する上で必須なので、是非、ゴキブリの例を参考にさせて頂きたいと思います。おかしなもので、車の運転は恐怖であると同時に「カッコイイ車を運転したい」という思いが昔からあるんです。運転出来るレベルのみならず、ドライブを楽しんでいる自分に設定をして、また良い御報告が出来たらと存じます。
    ヤギさん、いつもありがとうございます。

    • ヤギヒロキ より:

      ナナさん、コメントありがとうございます^^。

      それは良かったですね!素晴らしいです!

      おっしゃるとおり、自分を愛して肯定したからこそ、それを投影した現実に整ったのでしょうね^^。

      ぜひ、カッコ良い車を運転してくださいね。またご報告楽しみにしています!

  7. misa より:

    はじめまして。とても素晴らしい記事を読ませていただき、ありがとうございます。最近、自身で広めていきたい事があるけれど、どうしても自分から人と関わりメール等でやり取りする事が怖い自分に気がつきました。人間関係が怖いのではなく、忙しくなって普段の生活に追われて子育てなどにイライラしてしまうかも…という先入観です。以前、様々な方と関わり、メールの返信などに1日の時間をかなり使った事があるからです…が、これがまさに「ブリーフシステムなのかな?」と。設定を変えていけば、この怖さもなくなるのかな?と感じました。なかなか難しくってワクワクが足りていない気もします。勉強になる記事ばかりで有難いです!また読ませていただきます(^ ^)

    • ヤギヒロキ より:

      misaさん、はじめまして!

      misaさんの葛藤は「情報発信したいけど、情報発信できない」というものだとお見受けしました。そして、その葛藤を作ったのは「自由を確保するため」という目的だとお見受けします^^。

      つまり、情報発信が嫌なのではなく、自由を奪われることが嫌なので「自由を奪われない情報発信」ができれば、そのブリーフシステムはなくなると思います。

      抽象度を上げて考えていただくと、情報発信がメール返信などどいった「時間のかかるものだけではないこと」が見えてくるかと思います^^。

      自由を確保しつつ、ご自身の使命に沿った情報発信をする工夫をされてはいかがでしょう?

      例えば、このブログの記事ですが、記事を書いているときは自由は拘束されます。しかし、書いてしまえば「資産」となります。なぜなら、私が寝ている間も、多くの人に自動で情報発信をしてくれるからですね(笑)

      このようにブリーフの変更&書き換えができれば、情報発信の抵抗がなくなっていくと思います。

      以上、参考になりましたら幸いです!

      • misa より:

        ヤギさん、ご返信ありがとうございます!いただいたメッセージにハッとしました。「自由を奪われるのが嫌」はまさにズバリです。本当、情報発信やメールのやり取りが嫌なのでは無く、自由がなくなる事が怖かった>__<

      • misa より:

        ヤギさん、こんばんは!
        先ほど返信したのですが、なぜか途中までしか入力されていませんでした…すみませんでした。

        ヤギさんのメッセージでずっと抱えていたモヤモヤが晴れ、「自分は自由でいたかったんだ」と腑に落ちました。本当にありがとうございました!

        情報発信の抽象度の上げ方がどうしても具体的にわからず…「時間のかからない情報発信」も、どんなものなのか思いつきません>__<

        • ヤギヒロキ より:

          misaさん、コメントありがとうございます^^。

          まずは「自由を謳歌しながら情報発信している未来の自分」を、鮮明なイメージと情動を使ってリアルに想像することを習慣にしてください。

          そのための方法が何か分からないのは、misaさんの「現状の脳内データベース」では見当がつかないだけです。なので、脳内に「新しい情報」を増やしていけば、自由を謳歌しながら情報発信するための方法が見えてくるようになります^^。

          そのためには、自由を楽しみながら情報発信をしている自分をリアリティを持ってイメージすることが第一歩です。そうすることで「RASの拡張」が起こります。(これは記事に書いていますね^^)

          RASが拡張すると、今まで盲点で見えていなかった「自由を謳歌しながら情報発信をするために必要な情報」が目に入りやすくなります。つまり、misaさんの脳内データベースが順調に増えていきます。

          今、思いつかないのは「単なるデータ不足」だと捉えてください。で、不足しているなら補充すれば良いだけ。そんな軽い気持ちで取り組んで頂ければと思います。

          以上、少しでも参考になりましたら幸いです!

          • misa より:

            ありがとうございます!
            とてもわかりやすく、自分の今の状態を理解する事ができました。
            「自由を謳歌しながら情報発信をする自分」は想像した事がありませんでした。でも、考えただけでワクワクした気持ちがわいてきました(^ ^)早速イメージしながらデータを集めていきたいと思います!ずっと悩んでいた気持ちが腑に落ちて、とてもホッとした気分です。これからもブログを楽しみに読ませていただきます(^ ^)答えをいただきありがとうございました☆

  8. JohnSmith より:

    私の自由意志云々の質問にお答えしていただきありがとうございます。拒否可能時間のことは知ってはいたのですが、、、他の方のコメントへの返信にあくまでも仮説と仰られているので素直にありがたくそのまま参考にさせて頂きます。美女とキャッキャウフフするイメージでもしましょうかねえ。でも、あまり具体的ではない方が良いとのことなのでモザイクをかけておきます。
    今回の記事とは関係ありませんが、やっぱり幸せになれる人は決まっていると思います。というよりも「どうにもならない人」はいると思います。例えば、女子中高生が妊娠してばれたくないからトイレで出産してそのまま殺すなんて事件がたまにありますよね。検索すればいくつか出てくると思いますけど、この殺された人はどうすれば(絶対的であれ、相対的であれ)幸せの追求を出来たと思いますか?これを特殊例として切り捨てるならそれは人を選ぶ強者の理論です。そもそも生まれてすぐ殺されるなんて特別でもなんでもなくて世界中で昔から普通に繰り返されてきた事です。日本でも間引きしてましてよね。人間のよくある死にパターンの一つと言ってもいいでしょう。この文字通りの「名もなき人物」は一体何ができたのでしょうか?もし私が彼らの立場だったら彼らと同じ様にただ殺されるだけでしょう。

    • ヤギヒロキ より:

      JohnSmithさん、コメントありがとうございます。

      難しい質問ですね。。

      まず、なぜ、女子高生は妊娠によって子供を殺める行動に至ったのでしょう?それは、女子高生の親や世間が、その女子高生を「恐れや不安」で縛っていたことが根本的な原因だと私は思います。

      もしも、その女子高生を許し、支える親や社会であったなら・・・この子はそんな発想に至ることはなかったと思います。

      現状の地球は「善悪の二元論」の世界です。

      人を善悪や優劣で比較し、そこから外れることに恐れや不安を抱かせる価値観が支配しています。ちなみにこの価値観は、私たちの「集合意識」が生み出していると私は考えています。つまり、これは、私たち一人一人の責任だと考えています。

      もちろん、この世は分離感のある世界(私とあなたは違う)のため、二元論が存在することは仕方ないことです。ただ、二元論でお互いを縛り過ぎていることが、そのような事件を生み出した真の原因だと、私は考えます。

      私は「この世は不平等だからどうしようもない」で終わらせたくなくて、みんなそれぞれ物理的制限(年齢、健康状態、家庭環境など)はあるけど、いかに自己を肯定し、意識を正しく使い、それぞれが「最良の幸福」を創造できるか?

      そこにフォーカスを続けたいと思っていますし、そのお手伝いが出来ればと思い情報を発信しています。

      みんなが今よりも、自己を無条件に肯定できたとき、この世の集合意識も変容し、過剰な二元論で人を裁く「恐れや不安の世界」から卒業できる。そう信じます。

      そうなった時、このような事件はなくなり(減少し)、強い物理的制限を受けている人々(赤ちゃん)も安心して生きられ、自分の意思で人生をデザインすることができたかと思います。

      私たち一人一人の「意識のあり方」を変えることが、世の中の価値観を変容させ、全ての人々が幸せに生きれる世界創造につながると考えています。

      以上、回答になっていないかも知れませんが、少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  9. sai kano より:

    ヤギ様初めまして、コメント失礼致します。
    今まで心理や精神世界、引き寄せや宇宙の真理だったり…というところに興味を持ち様々な本を読んだり他者のブログを見たり…としてきましたが、ヤギ様のブログを発見して拝見した所、脳科学とも照らし合わせているため単なるフワ〜っとしたスピリチュアルな話だけで終わらせるのではなく分かりやすく解説して下さっているので、今まで自分の中で腹に落ちていなかったものがヤギ様のブログで発見出来たと思い感激致しました!何度も読み返して実践していきたいなと思っております。

    動画投稿も拝聴しましたが、特に初めの頃に作られたものは面白い内容も織りまぜられており、とても楽しく拝見することが出来ました(笑)
    今後もブログ・動画共に更新を心待ちしております。

    • ヤギヒロキ より:

      sai kanoさん、はじめまして^^。

      私の記事や動画をご覧いただきありがとうございます。また、お役に立てたようで嬉しいです。

      自己啓発やスピリチュアルは「確信」が伴わないと実践せず、結局のところ役に立たないという事態に至りがちです(汗)なので、根拠を大切にお伝えすることで、みなさんの「確信」を立ち上げることを大切にしています。

      私からの情報が、kanoさんの腑に落ちるきっかけになれて幸いです^^。

      • sai kano より:

        ヤギ様
        ご丁寧に返信下さいまして嬉しいです、ありがとうございます!
        どうしても感動を憶えた気持ちをお伝えしたくてコメントさせていただきました^^
        この世界を突き詰めると様々なことがありますね。私はまずヴィパッサナー瞑想から自分の感覚を取り戻していくように意識していっております。
        またヤギ様とお話できる機会がありましたら幸いです。

  10. S_I より:

    学生時代に量子化学を専攻していたものです。
    当時から薄々感じていましたが,量子情報と意識の仕組みがどうも似ている,人間の意識だけ特別なルールで動いている訳はない。→ただ,意識は自分自身のため自分自身では見ることができず,例えば鏡のない世界では自分の顔は認識することができない未知の情報だが,鏡という光の反射装置で自分の顔は見えるようになる。→ならば意識も鏡のような認識装置を発明すれば簡単に見えるようになるのではないか,などなど。

    今は職業も企業の研究職なので仕事中も仕事をしているフリをしながらいろいろ「意識の理論」を構築したりしていますが,ヤギさんの考え方は非常に参考になります。

    今回の例えにあるゴキブリの話も,私の考えでは
    1:手首を動かせ!と命令(情報)が発生した後,具体的な信号に変換される前に
    2:一旦どこかでON/OFFスイッチを通る仕組みになっており,
    3:Yesであれば動かす情報が作成され神経を伝達して行き,Noであれば動かす情報が作成されない。
    →そしてそのON/OFFスイッチの切り替えは量子情報で行われており,意識がどちらにすべきかを「観察」することでどちらかが選ばれている。
    つまり、もともとONとOFFは重ねあわせの状態で、意識がどちらかを選択的に決める,これは老婆と若い女性の絵の話と同じです。
    また,量子論的には,老婆に見えるか若い女性に見えるかは半々の確率になる訳ではないので,人によってどちらかに重みが傾いてる。

    この考えで行くと,常に意識でOFFを認識し続けておけば,手首のスイッチが量子状態に戻れないため,手首は自由にコントロールできるということになります。

    昔から,この量子状態,シュレディンガーの猫でいえば半死半生の状態,観察していない状態の老婆か若い女性の絵は「だるまさんが転んだ」に例えられるのですが,鬼(意識=あなた)が捕虜達(スイッチ=未来)を見続けていれば,捕虜は全く動けず,逆に鬼が全く捕虜の観察を行わなければ,捕虜は勝手気ままに自由に動き回る(意識=あなたのコントロールが及ばなくなる)と当てはめられます。

    こういう意味で,瞑想は捕虜(スイッチ)をすべて認識していく点検作業のことで,瞑想によりどこにどのスイッチがあり,普段はどういう状態で,どういう判断をしやすいのかをあらかじめ把握しておけば,いざ手首を動かせ!という情報が発生したとき,意識が素早くスイッチの場所に意識を集中させ,好ましい方にON/OFFの重みを傾けることができ,「わかっちゃいるけどやめられない」の状態に陥らずに自分の好ましい未来(=スイッチ)に自分をコントロール出来るようになるんじゃないかな,
    と考えています。

    はじめて文章にしたため非常につたないですが,ヤギさんはどう思われるでしょうか?

    • ヤギヒロキ より:

      S_Iさん、はじめまして!

      量子化学を専攻されていた方の解釈が聞けるのは嬉しいです。

      S_Iさんがおっしゃる、自分の意識を反射する鏡のような認識装置の一つとして「他人の存在」が、そうかも知れませんね^^。

      事実、意識のあり方で、同じ人物に対する印象も千差万別です。私は嫌いなタイプなのに、あの人は好きなタイプだと言うケースなどがそうです(笑)

      意識が、ONかOFFかを観察しているという解釈は、認知科学が言う「内部表現」からも説明できるかと思います。

      以下の記事にある「内部表現のイメージ図」をご覧ください^^。

      http://ikiruimi.jp/hikiyose/zikokouteikan-up/

      内部表現を絵で表わすと、五感刺激と過去記憶による化学反応(命令)を「意識が客観的に見ている」という構図になるようです(笑)

      次に、S_Iさんがおっしゃる「重ね合わせの比重は人によってどちらかに傾いている」という見解は私も同じで、意識がどちらを見るか固定することで、そちら側に物質化(現実化)させることが、コントローできると考えます。

      そのため、意識をコントロールしていない、いわゆる「無意識の状態」で生きると、今回の記事のように「過去記憶の操り人形」として、自由意志がほとんどないまま人生を終えるリスクがあり得ます(汗)

      なので、S_Iさんがおっしゃるように「ビパッサーナー瞑想」は、意識がスイッチを瞬時に察知して、望ましい方向へコントロールするための訓練になると思います。

      加えて、スイッチそのものを望ましいものに作り変えて、無意識でも自動で「望ましい未来」に向かうためにするのが「V×I=R」による「ゴール設定」だと考えます。

      夢に向かうスイッチの選択スキル(瞑想)×夢に向かうスイッチの作成スキル(ゴール設定)=夢が叶った世界を実現(物質化)するスキル

      これが、量子力学的にも、脳化学的にも、どちらのアプローチからでも説明可能な「成功法則」だと解釈します。

      S_Iさんの分かりやすい説明、たいへん参考になりました!また、気がついたことがあったら教えてください^^。

  11. なな より:

    ヤギさん、はじめまして(^^)
    引き寄せが何年か前から好きでのめり込んで何十冊も読んで、その場では納得しますが全然自分には落とし込めずにまたか。。となっていました。blogすべて目を通させていただきました。過去→現在→未来で考える。。目から鱗でした。。何回も読んで瞑想も落とし込みたいです。
    今モヤモヤしていることがありご意見いただけたら幸いです。結婚して子供もいるんですが、主人が転勤になり先に県外に行って私も自分の仕事の引き継ぎを終えたら子供と一緒に主人の元に向かいます。転勤などないと思っていたのでこちらでマンションも買ってしまって売りに出す予定です。新天地で楽しみな気持ちも少しはありますが色々不安に思うことが多く気づくとモヤモヤボーッとしてしまっています。。パキッと切り替えて楽しめる方法などってあるんでしょうか。。?

    • ヤギヒロキ より:

      ななさん、はじめまして^^。

      通常、新天地が不安なのは当然のことです。なぜなら、ななさんの脳内データに「新天地における情報」が少ないからです。新天地は、ななさんのコンフォートゾーン(快適地帯)の外にある未知世界のため、本能的に「身の危険」を感じているワケですね。

      不安やモヤモヤを完全消去するには「未来→現在→過去の時間の流れ」を腑に落として、ななさんの中で「絶対の確信」に変えることです^^。

      記事にも書きましたが「望ましい未来」を先に設定することで、新天地に行ったときに、望ましい未来を実現するために必要な情報と出会いやすくなります。つまり、新天地が理想世界になりやすくなるワケですね。

      これが脳にある「RAS」という機能です(RASが分からない場合はもう一度記事をご覧ください^^)

      以上、ななさんの気持ちが少しでも楽になったら幸いです!

      • なな より:

        お返事じわーっとかみしめています。ありがとうございます!腹におとしこんでみます!またおじゃまします(^^)

  12. ベリ より:

    ヤギ様
    はじめまして。

    動画や文章を拝見させて頂きました。
    色々なことを御存知で、それを体系化して説明されているのには驚きました。

    さて「人間には自由意思がない・・・」についてですが
    「刺激と反応の間には、いくばくかの間(すきま)がある。 
     この間で自分の反応を選んでいる」

    だから、この隙間を利用して反応を選べばよいと理解して
    過去、実践しましたが、なかなか難しいです。

    この「いくばくか」の間が1秒以下では難しいはずですね
    どうしても、元に戻ってしまう。

    だから、今は紹介されている瞑想を実施して「いくばくか」のスキマ
    を捕まえる力を付けているところです。

    私は、この反応を選ぶとういう行為を行うと、無理やり感情を抑え込むように
    なってしまい、苦しくなることもありました。
    「感情は認める(感じる)ことによって、役目を果たして消えてゆく」もの
    なので、反応を変える = 感情を認めない とならないことも大切かと思います。
    自分の感情(プラスもマイナス)を認めないと、役目(自分を守る)が終わらずいつまでも
    残ってしまうし、大切な自己肯定感も下がります。

    補足して、以下の言葉の私なりの意味を書いておきます。
    認めるとは・・・「ある」ものを「ある」と理解(いい、悪いを判断せずに)すること
    自己肯定感・・・「どんな時も、自分に満足すること。」
            「どんな時も、私は、○○(自分の名前)に生まれて良かったと言えること」

    • ヤギヒロキ より:

      ベリさん、コメントありがとうございます。

      ベリさんがおっしゃるように、反応を瞬時に察知する方法として瞑想(ビパッサナー瞑想)が有効なのは記事でも書いたとおりです^^。

      ちなみに、感情自体は抑圧する必要はなく「ただ味わうだけ」です。感情を味わうと苦しいのではなく「思考」を働かせるから苦しいのです。なので、感情オンリーを味わい受容すれば、自己否定することもなく平安に全てが収まっていきます。

      感情オンリーを味わうというのは、お腹のギューとした感じや顔の緊張など、感情が伴ったときの「体感覚だけ」に意識を集中することです。このときに「むかつく!」などの思考を働かせるから苦しいワケです。感情オンリーなら味わっていても苦しくなく、時間が経つにつれて自然消滅していきます^^。

      次に、人間は五感刺激(物理空間または情報空間の五感刺激)から「過去の記憶」をものさしに反応します。つまり「過去記憶」という脳内データベースに「望ましい情報」をインプットし五感と結びつけることで、脳が準備する自動反応を望ましいものにできます。

      「反応を瞬時に察知して感情だけを味わう&脳内データベースを望ましい情報で更新し満たす」

      この2つを行うことで自由意志で未来を切り開くことが可能になります。以上、少しでも参考になりましたら幸いです^^。

  13. ソフィア より:

    ヤギ様
     初めまして。ソフィアと申します。非常に分かりやすい記事に「私がこれまで疑問に感じていたことはこれだ!」と霧が晴れていくようです。

    私は小さい頃から喘息があり、何事も無意識にセーブした人生を送って来ました。
    それに加えて「親の期待に応えないといけない」と思い込んでいた節があり、「何でもいいから適当に名の知れた大学に行って適当に就職して結婚でもすればいいんでしょ。それで親は満足するんでしょ」と変に冷めた子供でした。

    そのまま大人になり、適当に就職をし、本当に好きでもない人と結婚をし、子供を作り、子供もまた病気がちで楽しかった仕事を辞めました。その後、嫌々子育てをしていたからか、喘息の他にも難病と言われる病気を発病しました。2年位子供が学校に行っている間は寝たきりのような生活をし、「日本で一番」と言われる名医に診て頂いて、手術をしても一向に良くなりませんでした。
    そして去年、夫に好きな人が出来て離婚をしました。子供を引き取り実家へ戻らせてもらいましたが、まだ持病の関係もあり就職は出来ていません。自立も出来ていないくせに、子育てや家事が嫌で仕方がありません。実家での新しい生活にストレスも感じています。ただ、実家へ戻ってから持病も大分良くなり、一日起き上がって出かけたり、家事全般を請け負うことが出来るようになりました。

    そんな自分を何とかしたくて、必死に引き寄せやアファメーションやスピリチュアルの本を読み漁りました。
    ヤギ様が仰るように「自分が絶対無理!と思うようなゴールをポジティブに描いていけば大丈夫!ネガティブになるとその通りになるよ」とだけ書いてある本が多数で、「何故そうなのか?」の部分が抜けているのですよね。だから「ただのオカルト?そんなことだったら、この世の中に貧困も差別も戦争もないでしょ」と思うことばかりでした。
     そして私自身、母に「この先、自分が『これだ!』と思うことをしなさい。協力するから」と言われてもしたいことが分からないのです。ゴールすら決められない。以前は色々としたいことなどもあったのですが、10年の結婚生活の中で子供の病気に振り回される毎日やどんどん悪くなる自分の体調や金銭的なことなどで「考えないようにしよう」と自分の感情を抑圧していたことに気づきました。

    ヤギ様のサイトに辿り着けたことに感謝しています。ほんの数時間前に初めて拝見したばかりですので、まだ全記事は読めておりませんが、夢中になって拝読しています。非常に分かりやすい記事と説明に感嘆しております。
    やっと人生のスタート地点に立てたと思っています。ありがとうございます。これからも楽しみにしております。

    まずはお礼を申し上げたくてコメントさせて頂きました。興奮していることもあり、乱文ですがどうぞご容赦下さいませ。

    • ヤギヒロキ より:

      ソフィアさん、はじめまして。

      記事がソフィアさんのお役に立ったようで良かったです。

      とても多くの体験をされましたね。本当にお疲れ様でした^^。

      感情は抑圧しても心の中には保存され残っています。なので、ご自身のペースで少しずつ出し、見つめ、受け入れることで、自分の感情を察する力を戻していきましょう^^。

      すると、ソフィアさんが本当にやりたかったこと、本当に大切にしたいことに気づくチャンスがどんどん増えていきます。

      これからの人生、思いっきり楽しんでくださいね^^。

      • ソフィア より:

        ヤギ様
        ご返信ありがとうございました。あれから全記事を拝読致しました。
        素粒子の話など知らないことばかりで、もっと早くに認知科学等を知っていればなと思っています^^;

        でもここでヤギ様のブログを拝見出来たこと、「私は本当にラッキーだ!」と思いました^^

        これから明るい未来を「本当の私」とし、新しい人生を歩んでいきます。

        これからもブログを楽しみにしております。

  14. なな より:

    素晴らしい記事をありがとうございます
    ユーチューブの動画の新規更新も楽しみです

  15. reee より:

    ヤギ様
    はじめまして!
    まだ、数ページしか読ませていただいてませんが、あまりにも感動してしまい、思わずコメントさせていただきました。

    というのも、今まで現実の厳しさから、感情を感じることもできなくなり、死にたいと思うことまでありました。
    自分自身変わりたいと思って、自己啓発本・スピリチュアル本・占い・セミナーまで。ですが、ヤギ様のプロフィールと同様に多額のお金をはたいてもまったく変われず(笑)
    引き寄せの法則のセミナーと受講して、少しずつ将来の夢も描けてきたのですが、あと一歩というところで引き戻されてしまうということを繰り返していました。

    夢は私のように苦しんでる人を助けるお手伝いをしたいと思って、セラピストになることなのですが、自分でうまくいかなかったスピリチュアル方面のセラピストでは説得力もなく、脳科学だけでは足りず、量子力学で納得してきたけど勉強不足でピンとこなくて・・・。
    元々、医療関係の仕事をしてきたので、スピリチュアル、精神世界、ハイヤーセルフに天使、なんて言っても一部の人にしか受け入れてもらえないことも理解していました。

    行き詰っていたところに、ヤギ様のブログに巡り会えました。
    なんて検索ワードを入れたのかも覚えていません(笑)
    でも、私の中にあったバラバラだったパズルをつないでくださったのを感じ、読みながら鳥肌がたってしまうほど感激しました。

    ヤギ様、不躾な質問で申し訳ございません。
    セミナーなどは開催されていないのでしょうか?
    あればぜひ学ばせていただきたいなと思いました。

    それから、セラピストとしてこれから一歩を踏み出すのですが、私が学んできたことにヤギ様のお教えくださることも参考にさせていただいてもよろしいでしょうか?
    そういうのって著作権など難しいこともあるのかな・・・って、すみません。まだまだ勉強不足なもので直接ご本人にお聞きしてみました。

    • ヤギヒロキ より:

      reeeさん、はじめまして。

      記事がお役に立てたようで本当に良かったです^^。

      今まで色々な体験をされたのですね。だからこそ熱心に学ばれてきたのだと思います。もちろん、今まで学ばれてきたことは決して無駄にならないと思います。

      パズルがつながったということは「本質」を掴まれたということですので、その本質をベースに、今までの学びを肉付けされると良いと思います^^。

      著作権についてですが・・・

      記事にある文章をそのまま使われる場合は、私の記事を紹介したいただき「引用」という形で表記して頂ければ大丈夫です^^。

      当ブログで得た情報を参考に、自分の解釈や言葉で伝えることについてはまったく問題ありません。どんどん発信して多くの方々を救ってくださいね^^。

      なお、セミナーについては現在行っていませんが、8月~9月にオンラインで学べる環境を整える予定です。参考まで。

      嬉しいご報告ありがとうございました!

  16. りんご より:

    はじめまして。
    りんごと言います。

    私も自己啓発歴10年以上で幸せな毎日を過ごしています。
    が、経済面は困窮しております。
    まだまだ引き寄せ素人です^_^。

    ですがここ最近ヴィパッサナー瞑想を知り、何故か基本中の基本の引き寄せの法則を読む機会に恵まれました。
    引き寄せの法則は基本中の基本だということもあってかなり気持ちがお金持ちのそれに近づいてきています。

    今やっているのはヴィパッサナーを少し、引き寄せの法則を読み、アファメーションをしています。
    でも一番効果があったのはあえて口座残高を見ないという荒療治ですね。
    見る=心配しているという気がしてあえて見ていません。

    だって、私は月収300万な人間だから心配する必要なんてないです。
    通帳のゼロを増やして潜在意識に埋め込むメソッドもあるようですが、一番府に落ちています。

    これらを実践し実現化するのを楽しみに日々を過ごしています。
    おかげ様でこちらのブログも知ることができブリーフシステムや量子力学のことも勉強できました。

    あとは、エネルギーが物質化してお金持ちになるのを待つばかりです^_^

    お金カモン!!
    実現化カモン!!
    です。

    これから楽しみながらブログを読ませて頂くとともに成果報告もさせて頂きますね。

    これからもよろしくお願いします^_^

    • ヤギヒロキ より:

      りんごさん、コメントありがとうございます。

      前向きで積極的で本当に素晴らしいですね!

      今後ともよろしくお願いします^^。

  17. reee より:

    ヤギ様
    こんにちは!

    お忙しいところ、ご返信ありがとうございます!
    記事をそのままご紹介させていただく場合と、自分の解釈や言葉で伝える場合と、ご説明ありがとうございました。
    後者のほうが多いと思いますが、前者のときには、必ず『引用』とさせていただいてヤギ様の記事をご紹介させていただきますね♪

    オンライン講座!!
    素敵ですね!なんてナイスなタイミング♪
    ぜひぜひ、オンライン講座開講してください。
    その際にはお世話になると思いますので、リーズナブルに(笑)おねがいいたします(な~んて冗談を言ってみました。笑)
    楽しみにお待ちしております♪

  18. たまねぎ より:

    うーむ、読んでると過去が一つの線じゃなく断絶したものの繋ぎ合わせの様に読めちゃうなぁ…。
    自分の人格って自分が作るものじゃあないでしょう?産まれて目にする景色や聞こえてくる音、匂いや触るものは自分以外の何かや誰かが既に用意しているもののはずです。人が判断を下すには判断材料が必要。というより自分が持っている判断材料以外から判断を導くことはできません。見た景色、聞いた音、嗅いだ匂い、触れた感触、舐めた味、それらが知識と経験となって自分を動かしています。人の人生は死ぬまで続く数式、化学的かつ物理的な連鎖反応と言ってもいいでしょう。人が死なない限りそれは途切れることはありません。その瞬間、その場所で「手首を動かさない」という決定は過去の経験や知識がその判断を下させて、「手首を動かす」という決定も過去の知識や経験がその決定をさせています。
    「閃き」というのも閃く為の材料が無ければそもそも閃けません。さらに突き詰めますが、この世は因果です。結果わ原因が無ければ誕生しません。過程をすっ飛ばして答えは出ないのです。答えには問題が無ければ「答え」とはならないのです。
    人間は何をどうしようとも自分が知っている事しか知りません。自分が知っている事以上の事は出来ないのです。自分は自分の延長線上にしか存在しないのです。
    量子力学や脳科学だけでなく生物学や歴史学、地球科学、数学、化学、哲学など様々な分野からアプローチしてみてください。
    私の意見はジンテーゼに至る為の一つのアンチテーゼとして捉えて頂ければ幸いです。

    • ヤギヒロキ より:

      たまねぎさん、コメントありがとうございます。

      また、ご指摘ありがとございます。

      今後の参考にさせていただきますね^^。

  19. ぷりしら より:

    ヤギさん

    はじめてコメントいたします。
    私が探していた内容がここにあり感動しています。

    私は小学生の時と高校生の時に3回ほど
    臨場感(リアリティー)あるイメージをして現実を変えたことがあります。

    まず最初は小学生4年生のある土曜日の午後でした。
    午前中で授業が終わり、家に着いたらものすごい腹痛に襲われました。
    油汗をかき、それまでに経験したことのない痛みと痛みの場所から
    母に言うと盲腸みたいだから、病院へ行きましょうと言われました。
    自営業の家庭でしたので、母は仕事を終わらせるのを待てと言うので
    自分の部屋でのたうち回りながら、手術するのだろうとその怖さに震えていました。
    私は今すぐこの痛みを恐怖から逃れたい思いで、いつもの土曜の午後のこの時間に
    楽しく遊んでいる姿を思い出してその臨場感に浸ることで現実逃避をしていました。
    あまりの痛さに気を失ったようで、どのくらいの時間がたったかはわかりませんが、
    気が付くと痛みが全く消えていました。
    それ以降、今現在まであの痛みを経験しておりません。

    次は、この半年後のことです。
    耳の中に傷ができて、そこからばい菌が入ったのか耳の穴がふさがるほど腫れたことがあります。
    朝学校へ行く前のことで、母に伝えると学校から帰ってきたら耳鼻科に行きましょうと言われ、
    たぶん切開するでしょうねと言われ、また切るいう言葉に恐怖でいっぱいになり、
    学校へ行っても授業どころではなく、どうすれば耳の腫れが取れるかばかり考えて
    盲腸の時のことを思い出し、耳が腫れていないイメージをしていました。
    家に着いた頃には、すっかり腫れがとれていてまるで何もなかったように元通りでした。

    3つ目は高校生の時、夏休みに好きな男のコに偶然ばったり出会う妄想(笑)をしていました。
    これもそのとおりの出会い方をしました。

    いずれも臨場感があるものでした。
    なので、こちらのブログを読んでとても納得いたしました。

    今は50近くになりますが、この臨場感を使って変えたい現実があります。
    昔は若かったから、思い込みも激しかったのですが、今も変わらず思い込みをもっていれば変わるでしょうか?

    • ヤギヒロキ より:

      ぷりしらさん、はじめまして。

      盲腸や耳については、イメージングによって「意識の力」を立ち上げ、自然治癒を高めた可能性はありますね^^。

      癌患者の方が、自分の体内に入って、癌細胞を戦闘機で攻撃して消すイメージをすることで、本当に癌細胞が減ったというケースがあります。

      それと同じような感じにお見受けしました。

      ただし、夢や願望を現実化するためには、基本的には「物理的な行動」が必須です。

      臨場感の高いイメージができれば「夢を現実化するための行動がしたくてたまらない」または「当たり前のように行動してしまう」ため、夢や願望が実現するというからくりです。

      なので、決して「臨場感の高いイメージ」をするだけでは現実が変わることはありません。行動は基本的に必須です。

      もちろん、その臨場感が持てるからこそ「行動」が自動的に伴うため、気がつけば夢が叶っていたというのはありますが^^、、

      以上、ぷりしらさんの参考に少しでもなれば幸いです^^。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています